ダイソーの水彩用パレットがすごく使えるので詳しく紹介します!

ダイソーの水彩用パレットがすごく使いやすくて便利なんです!

サイズも小さすぎず、大きすぎず、ちょうどいいサイズなので幅を取りません。しかもお値段たったの100円(税抜き)とお買い得すぎます!

機能的であり値段も安いので水彩初心者さんにおすすめです。

スポンサーリンク


DAISO100円水彩パレットのおすすめポイント

実際に使ってみて良かった、私のお気に入りポイントを5つ紹介します。

POINT 1

仕切りが20個もある

このパレットが優れているポイントは絵の具を出しておく仕切りが20個あるところです。

20個って意外と多い方なんです。

私が知っている限り、プラスチック製で安いパレットはいつも15色~18色しか入らないものばかりなのですが、ダイソーのパレットは仕切りが20個もあって本当に機能的です。

ただ、そうは言うものの、下段左側の仕切りは深さがそんなに無いので多く絵の具を出しておくことはできません。

あまり使わない色は下段に、よく使う色は上段に配置すると良いと思います。

POINT 2

仕切りが深い

先ほども言いましたが、上段にある15個の仕切りが深く幅も広いので絵の具をたくさん出しておけて便利です。

10号以上の太い筆でもなんの問題もなく絵の具を溶かすことができます。

仕切りの幅が狭かったり浅かったりすると、色が隣に移ってしまうことがありますが、こちらのダイソーのパレットに関してはそんな心配はいりません。

ただ、下段の仕切りは深さがないのであまり絵具は出さない方がいいです。

POINT 3

混色させる場所が広い

混色させる場所が広くて大変重宝します。

上段は混色をさせる場所も深い設計になっているので、大量に水を使う時や、大量に色を作る時に便利です

下段は幅が広く、仕切りで筆についた余分な水を落とすこともできます。

POINT 4

丁度いいサイズ感

本体のサイズが開いた時、縦約22㎝、横約25センチと丁度いいサイズです。

大きすぎて幅を取ったりしませんし、小さすぎて絵の具を混色させにくいなんてこともなく、本当に使いやすいサイズ感なのが気に入っています。

POINT 5

軽くて持ち運びに便利

プラスチック製の強みと言えばやはり軽さです。

とっても軽いので持ち運びも便利ですし、収納する時にも便利。

ホルベイン透明水彩18色セットの色見本/12色セットとどちらがおすすめ?

2018年9月1日

透明水彩ターレンスのアルミパレットの良い点・悪い点

2018年7月6日
デメリットポイント

プラスチック製のパレット全般に言えることですが、とにかく水を弾きます。

水を弾いてしまうので少し混色させにくい印象ですが、それでも100円でここまで仕切りが豊富でサイズも丁度いいものは中々ないと思うのでおすすめです。

初心者の頃はDAISOのパレットで十分だと思います。

慣れてきたらちょっと高価ですが、水を弾きにくい鉄製の物へと替えればいいと思います。

しかしこのクオリティ―で100円(税抜き)は本当にすごいと思います。100円ですが決してチープではなく、乱暴に扱わなければ結構長く使えそうです。

私はメーカーごとに使い分けている

私は基本、お気に入りの絵具はこちらの【サクラクレパスのパレット】と【ターレンス アルミパレット 39色 S 487335】に入れて使っています。

しかし、画材集めが大好きすぎて様々なメーカーの絵具が増えすぎてしまいました。

お気に入り以外にも、たまには違うメーカーの絵具を使いたい時もあります。

という事で、私はメーカーごとにパレットを作りました。

ホルベイン透明水彩18色セットの色見本/12色セットとどちらがおすすめ?

2018年9月1日
100円のパレットだからこそできる贅沢だと思います。

W&Nだけのパレット、ホルベインだけのパレット、クサカベだけのパレットと、ダイソーだけでも3つのパレットがあります。

メインで使っているパレットと合わせると合計で5つあります。

ダイソーのパレットに出会わなければメーカーごとにパレットを作るなんて贅沢なことしなかったと思います。

ダイソーの水彩用パレット、本当に使いやすくて便利なのでおすすめです。

スポンサーリンク