【Ohuhu】水彩毛筆ペンの使い方|水彩画やイラストにおすすめ

Ohuhu
くうこ
こんにちは、くうこです。

なんと!ついに私も水彩毛筆デビューしました!

水彩毛筆を実際に使ってみた感想や塗り方などをご紹介します。

水彩毛筆とは水彩風のイラストが描ける筆ペンタイプのカラーペンです

今回サウザンドショアス様から【Ohuhu水彩毛筆48色セット】をご提供頂けたので、いったいどんな画材なのか、どうやって使うのかなど詳しくご紹介します。

また1本約54円と大変コスパがいい商品なので、発色の良さ、描き心地の良し悪しなど徹底レビューします。




Ohuhu水彩毛筆ペンとは

Ohuhu水彩毛筆は海外メーカーさんの画材なのですが、発色が大変すばらしく、本格的な水彩画が描けることで人気のカラーペンです。

筆タイプのカラーペンと言えば国内メーカーの【あかしや 水彩毛筆 彩】が有名ですが、海外では今回紹介するOhuhuも結構人気があります。

1番のメリットはやっぱり人気の水彩毛筆を1本約54円と言う安さで試せるところです

国内メーカーの水彩毛筆はだいたい1本約100円以上するので、Ohuhuは本当にコスパが素晴らしいです。

『そんなに安いと発色が悪いんじゃないの?』
『描き心地があまり良くないのでは?』

と疑ってしまいたくもなりますが、実際に使ってみた所、大変発色が良くすごく描き心地もなめらかで良かったです!

また水筆が2本ついてくるので、商品が届いてすぐに絵が描けます

この水筆も可もなく不可もなく、普通に使いやすかったです。

では実際に色見本をご紹介します!

Ohuhu水彩毛筆48色セットの色見本

見てくださいこの鮮やかさ!発色のよさ!

まず水彩毛筆で直接紙に描いてから、右側を水筆でぼかしました。

水筆を使って描いたところをぼかすと、まるで水彩絵具で塗ったかのような優しい色合いになります。

個人的には蛍光色もあって面白かったです。

48色もあるので描けない絵はなさそうですね。混色すれば自分好みの色を作れます。

では実際に使い方をご紹介します。

水彩毛筆の使い方

Ohuhu水彩毛筆は水性染料インクです。

コピックなどのアルコールマーカーと違って紙の裏抜け、裏移りなど気にせずに着彩できます。

また水でぼかしたり、にじませたり、水彩絵具の様に混色してオリジナルカラーを生み出すこともできます。

水彩毛筆の使用例

  1. 水彩画
  2. 大人の塗り絵
  3. スケッチ
  4. 書道
  5. イラスト
  6. 絵はがき
  7. ハンドレタリング
本格的な水彩画やイラストはもちろん、ハンドレタリングでメッセージカードなども作れたりと様々な表現が可能です。

Twitterにレビュー動画を上げました


使用感や使い方、色見本を動画でお届け。

発色の良さ、水筆でぼかした時のインクの伸び具合など参考になれば幸いです。

水彩毛筆の基本的な使い方5選

水彩毛筆の基本的な使い方を5つご紹介します。

水彩毛筆初心者の私にも簡単にできたので是非試してみてください。

1、直接紙に塗る

まずは基本中の基本ですが、直接紙に塗る方法です。

小さなお子さまはこの方法だけでも十分楽しく塗ることができます。

まるでマーカーペンで塗ったかのような鮮やかなイラストになります。

2、直接塗った後に水筆でぼかす

直接紙に塗った後、水筆でなでると簡単に色が溶け出し、まるで水彩絵具のような雰囲気になります。

実際に使ってみたところ、色を塗ってすぐに水筆でぼかすと、よりムラなくキレイにグラデーションさせることができました。

3、筆先に水をふくませて塗る

まず陶器のうつわに水を用意します。

筆先をそのまま水につけると、水が筆に吸い込まれます。

ある程度水を含ませたら、そのまま紙に描いていくととても美しいグラデーションができます

先ほど紹介した紙に塗った後に水筆でぼかすやり方だとムラができますが、こちらの方法だとムラなくキレイにグラデ塗りができます。

この方法は先ほど紹介したTwitterの動画にて実際にやっているので、チェックしてみてください。

4、紙に水を塗った後、水彩毛筆で塗る

まず水を紙に塗ります。

そのあと濡れている所を水彩毛筆で直接塗ると、まるで透明水彩絵具で塗ったかのようなにじみを効かせた表現ができます。

5、パレットで混色する

まずパレット(今回は陶器のうつわ)を用意します。

パレットに直接2色のインクを出し、混色すると新しい色を作れます。

自分好みの色を作れるので楽しいです。

重ね塗りでも色が変わる

インクが乾いた後に違う色を重ねて塗ると、この様に色が変わります。

これを重色といいます。

透明水彩ではよく知られている技ですが、水彩毛筆ペンでも同じように重色が楽しめます。

塗り方は自由!

今回は水彩毛筆の使い方を5つ紹介しましたが、これ以外の塗り方もたくさんあります。

作家さんによって塗り方は様々です。

そして絶対にこう塗らなくちゃいけないなんてことはありません。

塗り方、使い方は人それぞれであり、自分が塗りたいように楽しく塗るのが1番です。自由に感性の赴くままに水彩毛筆を楽しんでください。

スポンサーリンク


Ohuhu水彩毛筆を実際に使ってみた感想

気に入ったポイント

  • 筆が適度にコシがありとっても塗りやすかった
  • 筆先がめっちゃ細いので細部まで綺麗に塗れた
  • 発色が良く、とっても鮮やか
  • ぼかしやにじみをキレイに作れる
  • 本格的な水彩画からイラストまで自由に描ける
  • 48色と色が大変豊富で、殆ど混色しなくても塗れる
  • 水筆が2本ついてくるので商品が届いてすぐに絵が描ける
  • 1本約54円は本当に安い!
こんなに発色がいい水彩毛筆が1本たったの54円ってすごくないですか!?

100円均一にもこんな安くて品質の良いペン中々売ってません。

Ohuhu水彩毛筆48色セット】は48色+水筆2本付きで約2600円と大変コスパがいいので、絵を描くのが大好きな方へのプレセントに大変喜ばれます。

ちょっと気になったところ

個人的にちょっと気になったところ

  • 蛍光色が水筆でぼかしにくい
  • カラー名や番号が書いてない
個人的にはこの2点が気になりました。

蛍光色は後から水筆でぼかしにくいので、グラデーションさせたい時は筆先を水につけてグラデ塗りする方法がおすすめです。

問題なのはペンに一切カラー名や番号が書いてないので管理が大変なところです

自分で番号を振った

実際に紙に塗るまで本当の色味がわからないので、色見本の制作は必須です。

しかし、せっかく色見本を作ってもカラー名も番号もないのでどの色がどのペンなのかわからなくなってしまいます。

また元の位置に戻そうとしても机の上にごちゃごちゃになってしまったらもう元の位置に戻すのは至難の技です。

なので私はこんな感じで色見本とペンの両方に番号を振って管理することにしました。

これならごちゃごちゃになってもどの色がどのペンなのか一目でわかります。

パッケージの細長いプラスチックケースが意外と幅を取るので、ペンをポーチの中にごちゃ混ぜにして保管しても番号を振ってあるのでほしい色をすぐにさっと取り出せます。

48本全部に手作業で番号を振るのが大変でしたが、そのあと楽に何も気にせずお絵かきができるのでやってよかったです。

この価格でこの品質はやっぱりスゴイ!

ペンに手作業で番号を付けるのがちょっと手間ではありましたが、

それでも【Ohuhu水彩毛筆48色セット】は大変発色が美しくこの品質で48色セット(水筆2本付き)2600円はとてもお買い得感があります。

特に水彩毛筆をはじめたいと思っている初心者さんにおすすめです

手軽に水彩風の絵が描けるところが気に入りました!

Ohuhuのアルコールマーカーも人気!

今回はOhuhuの水彩毛筆をレビューしましたが、実は【Ohuhuアルコールマーカー】もすごく人気があります。

Amazonレビューの高評価の数がそれを物語っています。

私も実際に使用してみてすごくキレイに塗れたのでめっちゃおすすめです。

気になる方は以下の関連記事もチェックしてみてください。

Ohuhuイラストマーカーが人気!コピックや100均と比較!

2019年9月7日
まとめ
  • 適度にコシがあって塗りやすい!
  • 鮮やかに発色し、水筆でぼかしやにじみが簡単につくれる
  • 1本約54円とコスパが良すぎる!
と、めっちゃ安いのに本格的な水彩画やイラストが描けるのは本当にすごいです。

カラー名や番号が書かれていないなど、ちょっと不便なところもありますが、この品質でこの価格なら全然ありです。

水筆も2本付属しているので、商品が届いたその日にすぐ絵が描けます。

全然チープ感もなくオシャレなデザインなので、お子さまからご年配の方へのプレゼントにもおすすめです。

スポンサーリンク