透明水彩パレットの作り方|絵具の配置方法や色見本の大切さ

こんにちは、くうこです。

今回は透明水彩初心者さん向けに、パレットの作り方の基本を紹介します。

独学で透明水彩を0からはじめた方にも分かりやすいように丁寧に解説していきます

パレットを基本にそって作るとこんな利点があります。

パレットを基本にそって作るメリット

  • 透明感のある絵が描けるようになる
  • 3色以上混ぜても濁りにくくなる
  • 補色や反対色について理解が深まる
つまり、

混色が上達し透明感のある絵が描けるようになる!

という事です。

ここで紹介するのは基本であり、絶対ではありません。

水彩に慣れてきたらご自身が使いやすいようにどんどんカスタマイズしていくと楽しいですよ。

世界に1つだけのオリジナルパレットを作るとすごく愛着が湧き、創作活動もより楽しく快適になります。

それではまず、基本的なパレットの作成方法を紹介します。



透明水彩パレットの作り方

パレットの作り方にもしっかりと基本があります

初心者さんはまず基本にそってパレットをつくり、慣れてきたら自分流にアレンジしていきましょう。

私は透明水彩作家(画家)の【永山裕子】先生に憧れているので、今回は永山裕子先生の著書やDVDなどに基づいてパレットの作り方を紹介します

永山裕子先生は初心者さん向けの技法書なども複数出版されており、基本をしっかり教えつつ、ご自身の技法を惜しみなくすべて教えてくださる所がすごく好きです。

あくまでも基本とされるパレットの作り方プラス、初心者さんにおすすめの絵の具の並べ方を紹介します。
主にこれらのことについて詳しく解説していきます。

これが私の自作パレット

まず最初にわたしのパレットを簡単に紹介します。

上段は黄色からはじまり、橙色⇒赤色⇒紫色と色相環の順番を意識して配置しています。

下段にも色相を意識して緑と青をならべ、そして茶色やグレーなどは右にひとまとめに配置してあります。

一応このパレットはこれから紹介する基本にそって作ってあります

透明水彩絵具用パレットについて

透明水彩のパレットには様々な種類がありますが、今回は基本を紹介するので1番スタンダードな折りたたみ式のパレットを使用します。

パレットは100円均一に売られているプラスチック製のもので十分です

私も一番最初はダイソーの水彩パレットを使用していました。

現在は高級感もあり、耐久性にも優れたオシャレでカッコいい≪アルミパレット≫を愛用しています。

ハーフパンを使用している方も、配置の基本は同じなので参考にしてみてください。

created by Rinker
クリエイト(Crea Art)
¥2,652 (2019/05/19 21:31:18時点 Amazon調べ-詳細)

パレット作りの基本を5つ紹介

透明水彩パレットの基本的な作り方

  1. 絵の具は固めて使う
  2. 水彩パレットは洗わなくていい
  3. 色相環を意識して並べる
  4. 初心者の内は白と黒をパレットに出さない
  5. 絵の具はパレットにたっぷりと出して固めておく
それではさっそく1つずつ解説していきます。

透明水彩絵の具は固めて使う

透明水彩絵具はチューブからパレットに出し、一旦乾かしてから使います。

そして固まった絵の具をその都度水で溶かしながら彩色します。

ここがアクリル絵具や油絵具と違うところですよね。

透明水彩は固まっても何度でも水で溶かせるんです!

大変コスパが良く経済的にも嬉しい画材。

パレットは洗う必要なし

透明水彩絵具はいったん固めて、水で溶かしながら使用するものなのでパレットを洗ったりしません

もし混色するスペースがなくなってきたり汚れが気になってきた場合は、水で汚れを浮かし、ティッシュなどで拭きとってキレイにします。

永山裕子先生のパレットはカオス


永山裕子先生のパレットを見てみるとすごいです。

多分ですが1度も洗い流したことがないと思われます。

にも関わらずこれほどまでに透明感のある美しい絵をかけるのはもちろん先生の才能や努力の賜物でもありますが、しっかりと基本にそってパレットを作っているからなんです。

色相を意識して配置すると便利

次に色の配置、並べ方について紹介します。

絵の具は仕切りに1色ずつ出して固めておきます。ただ色を適当に並べてはいけません。

色相環を意識して配置することがとっても大切です!

色相環とは
色相環とは色相(黄・赤・青・緑など)を環状にしたもの。
色相環についてもっと詳しく知りたい方はこちらの【W&N三原色で色相環作ってみた(透明水彩)】と言う記事も合わせてご確認ください。
上記画像は私が手づくりした色相環です。

頂点に黄色があり、時計回りに黄色⇒みどり⇒青⇒赤⇒橙⇒黄色となっています。

パレットの仕切りには、この色相環を意識して順番通りに絵の具を配置していきます。

この色相環の順番どおりにパレットに並べるのが水彩の基本となります。

ここは必ず基本にそって並べていきましょう。

なぜ色相環の順に並べるのか

なぜそんなことをしなければいけないのかと言うと、絵の具を混色させるとき濁らせない為です。

色相環で隣り合う色同士は混色しても濁りません

混色しても鮮やかに発色します。

一方、色相環の正反対に位置する色は混ぜると必ず濁ります

なぜなら補色同士だからです。

補色関係のある色を混ぜると彩度を失い濁ってしまうんです。

プロの方はどの色を混ぜると美しく発色するのか、もしくは濁るのかをしっかりと理解していますが、初心者さんは覚えるのが大変ですよね。

パレットを色相環に沿って作ることで初心者さんでもひと目でどの色が補色なのか判断できるようになります。

つまり美しく発色する混色と、濁ってしまう混色が誰でもわかるようになるんです。

どの色を混ぜても濁ってしまうと言う方も、パレットを色相順にならべることで改善できます

因みに私はどちらかと言うとグレーを作るのが苦手だったのですが、色相を意識してパレットを作ってからは自分好みのグレーを作れるようになり、陰影の表現が上達しました

濁らせたくないときは近い色同士を混ぜ、影など暗い色を作りたい時はわざと離れた色を混色すると覚えておくと便利です。

色相環の順に並べておくと、補色や反対色の理解が深まるのでおすすめです。

W&N三原色で色相環作ってみた(透明水彩)

2018年5月21日
初心者さんは絵具セットの順番どおりに並べてもOK

色相順に並べる以外にも、おすすめの並べ方があります。

それは12色セットや18色セットなど、セット売りされている絵具は箱の並び順にパレットに配置しても大丈夫です。

その並びはメーカーが推奨している使いやすい順番となっています

ほとんどが色相環に沿って箱に並べられているので、よくわからない方や初心者さんは箱に並んでいる順番どおりにパレットに入れておけば大丈夫です。

わたしは初心者だった頃、色相環とか全然わからなかったので、箱の中の順番通りにパレットに出して彩色していました。

ホルベイン透明水彩18色セットの色見本/12色セットとどちらがおすすめ?

2018年9月1日
【まとめ】色の並べ方の基本

  1. 色相環の順に並べる
  2. セットに入っている順番通りに並べる

初心者のうちは白と黒をパレットに出さない

透明水彩は基本『白は使いわない』です。

白は紙の白を利用して表現します。

絵の具に不透明の白を混ぜてしまうと濁ってしまい、せっかくの透明水彩の良さが消えてしまいます。

初心者さんはピンクや水色を作ろうとして白を混ぜてしまう方もいるので、最初の内はあえて白をパレットに出さないようにしておきましょう。

ピンクや水色の作り方

例えば、初心者さんはピンク色を作ろうとして赤に白を混ぜてしまう方もいます。水色を作ろうと青に白を混ぜてしまったり。

もちろんそれもありですが、それを安易にやりすぎてしまうと透明感のない絵になってしまいます。それなら初めから不透明水彩で描いた方がいいです。

透明水彩の魅力はやはり鮮やかな透明感です。

ピンクで彩色したい場合は、赤系の色を水で薄く溶くとピンクになりますし、水色は青系の色を水で薄く溶くと透明感のある水色になります

白は必要ないんです!

安易に白を使わない為にも、ある程度透明水彩に慣れるまでは白色はパレットに出さない方がいいでしょう。

初心者の内は黒色をパレット出さない方がいい理由とは

そして黒。

この色も初心者さんが安易に使ってしまうと透明感のない絵になってしまいます。

黒は補色を混ぜれば誰でも簡単に作れるので、混色の知識や経験をしっかりと積んでから黒はパレットに出した方がいいです。

何故かと言うと、初心者さんは影は暗く見えるからと言う理由で黒い絵の具を混ぜて使おうとしてしまい、透明感のない濁った影になってしまうからです。

影は一見黒く見えますが、しかし影にも様々なグレーがあります。

影は黒い絵の具を使うのではなく、補色を混ぜてグレーを表現すると透明感のある自然な影を演出できます

わたしも最初の頃は黒い絵の具を使わず補色を混ぜてグレーを作る特訓をしていましたが、これが結構楽しかったです。

補色を混ぜてつくることにより、黒でも青みのある黒だったり、赤味のある黒だったり、緑をおびた黒だったりと様々です。

初心者のうちは自分で黒やグレーを作るように意識すると、混色の知識が自然と身につき、彩色がより楽しくなります

と言うか、かなり水彩の表現が上達します!

白と黒をパレットに出さない教えは永山流
永山裕子先生は初心者の内はパレットに白と黒を出さないことを推奨しています。理由は上記で述べた通りです。
ただ、絵の具の黒をすごく効果的に上手く使う方もいるので絶対にダメというわけではなく、初心者さんが安易に使わないために混色をある程度理解してから使用しましょうとのこと。

絵具はたっぷりだそう

絵の具はパレットにたっぷり出しましょう。

少しずつ出して使う方もいると思いますが、いざ絵を描こうとしたとき絵の具が足りなくて、のびのびとした大胆な絵を描けなくなってしまいます。

描いている途中で絵具が足りなくなり慌ててチューブから出しても、続きを描こうとした時にはもうすでに絵が乾いてしまっていて折角の絵がだい無しに…なんてこともあります。

のびのびと描くためにも絵の具はもったいぶらず、仕切りにたっぷりと出しておきましょう

永山裕子先生はチューブを丸ごと1本絞り出している

これは水彩作家・永山裕子先生著書の本に書いてあったのですが、絵の具はチューブまるごと1本をパレットに全部絞り出してしまった方が良いとのこと。

チューブに入ったまま絵の具が固まってしまい、使えなくなる恐れがあるので、あらかじめすべてパレットに出して乾燥させて使うのが良いらしい。

たしかに、その方が絵の具を無駄にするリスクは減りますよね。

永山裕子先生に限らず多くの水彩作家さんはパレットに絵の具をたくさん出して使っており、また推奨しています。

永山裕子水彩画法の本で私はここまで上達した

2018年5月28日

スポンサーリンク


実際にパレットを作ってみた

上記で紹介した基礎に沿って実際にパレットを作ってみました。

まず色の配置ですが、上段が黄色⇒赤⇒紫と色相環の順番に並んでおり、下段の先頭は緑⇒青と並び、環を意識して配置しています。

私は一番左端に黄色を置いていますが、作家さんによって一番端が赤だったり緑だったりと様々です。

私の場合、絶対一番左端に黄色がないと使いにくいのでそうしています。

そして下段の右端には茶系やグレーを配置。

良く見ると一番端にはアイボリーブラックをセットしています。

混色の理解が深まってから黒をパレットに入れよう

わたしは【アイボリーブラック】や【ペインズグレイ】が大好きなので黒系の色もパレットに出してあります。

むやみに黒を使わないと肝に銘じている他、だいぶ混色に慣れてきたのでそうしています。

絶対に黒を使ってはいけないと言うわけではないので、ご自身の作風に合わせて既存の黒を効果的に使っていくのは大いにありです。

水彩パレットの作り方は絶対にこうしなければいけないなんて事はないので、そこは臨機応変に自分のスタイルに合わせ使いやすいように変更していきましょう

ただやはり、先生方が言うように少し水彩に慣れるまでは黒色をパレットに出さない方がいいと思います。

絵の具の量は適量に

プロの方々はみな絵の具をたっぷりとパレットに出すことを推奨していますが、わたしはハーフパンよりちょっと少ないくらいの量が自分にとってちょうどいい量です。

ただ、1番使う大好きな色【W&Nレモンイエロー】はたっぷりと仕切りいっぱいに入れています。

定位置が決まっていてよく使う色はたっぷりと、お試しで少し使ってみたい色は適量程度に留めて様子をみて、気に入ったらたっぷりと絵の具を出す感じにしています。

チューブの中で絵具が固まってしまうリスクはありますが、いまは色んなメーカーの色を試している最中なので適量程度に留めています。

色見本の作り方とメリット

パレット作りが終わったら、今度は色見本を作成しましょう。

水彩絵具はパレットに出した色と、実際に紙に塗った時の色とだいぶ印象が違います

パレットにある青色は黒くくすんでいますが、実際に水に溶いて紙に塗ってみると大変鮮やかに発色します。

紙に塗るまで本当の色がわからないので、あらかじめ色見本を作っておくと便利です。

この色見本で実際の色を確認しながら絵を描いていきます。

どの色かすぐにわかるように、パレットの並び順に色見本を作り、色名もしっかり書いておきます

最初は何十色もの色名を覚えるのが大変かと思いますが、色見本を見ながら絵を描いているといつのまにか自然に色名をすべて覚えてしまいます。

色見本の制作は勉強にもなるのでおすすめです。

クサカベ透明水彩絵の具12色セットの色見本&ホルベインと比較

2018年9月21日

シュミンケホラダム永山裕子特選12色セット購入&色見本

2018年7月3日
色見本はグラデーションを意識して作る

透明水彩は水の量によって色も変化します。

そこで、濃い色から薄い色になるようにグラデーションさせて色見本を作っておくと便利です。

筆の水を調節しながらグラデーションさせていきます。

コツとしては、ティッシュで絵具を落としたり、水を軽く含ませて伸ばしたりします。

何度か練習すればすぐに慣れてくると思います。

この色見本を作ることも水彩の練習になります

この絵の具は伸びがよくてグラデーションさせやすいなとか、この色は粒子が荒くて沈みやすい色だなとか、すごく勉強になる作業です。

私は色見本を作るのが大好きで、何度も作り直しています。

その度に新たな発見があります。

色見本一つとっても本当に透明水彩は奥が深くて全然飽きる気配がありません。

パレットの作り方まとめ
透明水彩パレットの基本的な作り方

  1. 絵の具は固めて使う
  2. 水彩パレットは洗わなくていい
  3. 色相環を意識して並べる
  4. 初心者の内は白と黒をパレットに出さない
  5. 絵の具はパレットにたっぷりと出して固めておく
パレットを基本にそって作るメリット

  • 透明感のある絵が描けるようになる
  • 3色以上混ぜても濁りにくくなる
  • 補色や反対色について理解が深まる
パレットを基本通りに作れば混色の理解も深まり、より水彩が上達します。

もっともっと透明水彩が好きな人が増えたら嬉しいなと思います。

スポンサーリンク