透明水彩メイキング|クリスマスな女の子のイラスト描いてみた

今回は透明水彩絵具でクリスマスをモチーフとした女の子のイラストを描いてみました。

アナログイラストだからこそできる、金色の絵具でキラキラとイラストを華やかに彩ってみました。

まだまだ水彩初心者なのですが、少しでも参考になれば幸いです。

クリスマスをテーマにしたイラスト

女の子がクリスマスツリーを飾り付けしている様子を描いてみました。

腕がうまく描けなくて、線画だけで3週間ほどかかりました。

何度も何度も描いたり消したりをくり返していたら、あっという間に時間は過ぎて行き、こんなシンプルなイラストなのに線画だけで3週間…。

過去に線画だけで1ヶ月かかったイラストもあるのでまあそれと比べたら成長したのかもしれません。

ちなみに、今回の萌えポイントはおへそチラ見せです。

YouTubeに透明水彩メイキング動画をアップ


YouTubeに透明水彩での彩色過程を動画で上げています。

動画の方がわかりやすいと思うので、参考にしてみてください。

ブログでは動画でお伝えしきれなかった所を補足しながら解説していきます。

ラフを公開

こちらは【マルマンのクロッキー帳SM】に描いたラフになります。

線画の完成までに3週間もかかりましたが、ラフはたったの15分で完成しました。

ラフの段階でこの絵は絶対に透明水彩で描くと心に決めていました。

その理由は背景とクリスマスツリーです。

特にクリスマスツリーは下地を滲ませてから本塗りでしっかり形を捉える、透明水彩特有の塗り方にチャレンジしようと思い、わくわくしながらラフを描いていました。

スポンサーリンク


イラストメイキングスタート

ラフをPCに読み込み、【CLIP STUDIO PAINT PRO 】で線画を完成させました。

それをコピー機で印刷し、ホワイトワトソン水彩紙にトレスしていきます。

使用したトレース台は、以前Amazonでセール期間中に1700円で購入した【Etpark トレース台 LED A4サイズ 3段階調光】と言うトレース台です。

このトレース台安いのに機能性も良いのでおすすめです。

LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた】と言う記事でこのトレース台について詳しくレビューしています。気になる方は是非チェックしてみてください。

透明水彩で背景から着彩

白く残したいところに青色のマスキング液でマスクしてあります。今回はオーナメントと窓枠をマスクしました。

最初は人物から塗りたくなりますが、そこはぐっとこらえて先に背景から塗っていきます

窓の外の風景は夜の街を想定して、ホルベインのラベンダーとシュミンケのコバルトターコイズを混色した色を塗りました。

グラデーションぽくなるように、下の方にはシュミンケのブリリアントブルーバイオレットをにじませてあります。

下塗りした背景を乾かしている間に、クリスマスツリーを塗ります。

ツリーは線画を無視して緑色をにじませます。

この辺は動画を見ていただいた方がわかりやすいと思います。

まず透明な水でツリーの部分を湿らせて、その後にクサカベのサップグリーンで明るい黄緑色をにじませました。所々濃い緑色もにじませて下地をつくりました。

下地が乾いたらツリーを本塗りしていきます。

シュミンケのパーマネントグリーンオリーブでツリーぽいシルエットになるように塗っていきます。

最初に塗った背景の下地が乾いたら、今度は建物を描いていきます。

一番遠くの建物は薄い青色でシルエットのみを描き、一番近い建物は紫色の絵具を濃く溶いて描きました。

遠くのものは薄く、近くのものは濃く描くことで遠近感を出すことができます

ホルベイン透明水彩18色セットの色見本/12色セットとどちらがおすすめ?

2018年9月1日

人物の肌を塗る

肌はW&Nのウィンザーレモンとクサカベのオーロラピンクを混色して塗っています。

頬に色を置いたら、水筆で顔全体へと広げます。

顔周りの髪の毛にも色を置いています。

頬の赤味はベースの色と同じですが、少しオーロラピンクを濃い目に溶いた色をのせてます。

これでいったん乾かした後、首などに影を入れていきます。

カーテンの下塗りと本塗り

カーテンもツリーと同じで最初に明るめの色をにじませて下地を塗ったあと、本塗りでシルエットを濃く描いていきます。

下地はクサカベのオーロラピンクとシュミンケのスカーレットレッドを混色したものを使用しました。

下地がしっかりと乾いたら、シュミンケのスカーレットレッドでカーテンの調子をつけていきます。

塗り方は濃く溶いた色を置いてから、水筆で伸ばす感じです。

わたしの場合、基本的に濃い色を紙に載せる、それを綺麗な水筆でのばす、のくり返しになります

衣服を塗る

衣服はカーテンと並行して彩色しました。

カーテンの下地を乾かしている間に、洋服の下地をクサカベのオーロラピンクとシュミンケのインディアンレッドを混色した色で塗りました。

下地が乾いたら、先ほどと同じ色を濃く溶いてパーカーの陰影を描いていきます。

キャミソールの陰影はターナーのマヤブルーを使用。

ターナー専門家用透明水彩絵具18色セットの魅力と色見本の紹介

2018年11月2日

クサカベ透明水彩絵の具12色セットの色見本&ホルベインと比較

2018年9月21日

髪の毛の塗り方

髪の毛には予めカーテンの色、肌の色などで下地を塗ってあります。

クサカベのバーントシェンナで髪を本塗りしていきます。

まず濃く溶いたバーントシェンナを紙に置いて、それを綺麗な水筆で伸ばすのくり返しになります。

カーテンと同じ塗り方ですね。

こちらも動画を見ていただいた方がわかりやすいと思います。

わたしは綺麗にムラなく塗ると言うよりかは、わざと汚くムラが出るように塗る方が好きです。それが良い味に変わってくれている気がします。

髪を塗りつつ、バンダナや目など細部もどんどん塗っていきます。

マスキングをはがしてオーナメントも塗りました。

今回はオーナメントをキラキラさせたくて、【呉竹 顔彩 スターリーカラーズ 6色セット】を使用しました。

しっかりと濃く色がのり、キラキラと金色に輝いてとってもキレイです。

しかも6色も入ってお値段約1296円とお買い得。おすすめです。

目にホワイトでハイライトを入れて完成です!

Christmas透明水彩画の完成

こちらはカメラで撮影した完成作品です。

スキャンして取り込んだイラストは冒頭で紹介しています。

今回のイラストで1番お気に入りポイントは、クリスマスツリーのてっぺん付近のにじみです。背景に溶け込む感じににじみができて嬉しいです。

あと意外とカーテンが雰囲気出ていて気に入りました。

反省点はいっぱいあって、度胸が足りず色をもっとふんだんに使えなかった所が心残りです。

もっとカーテンの赤い色を人物にも垂らしても良かったかな~とか、紫色をカーテンの方へ進出させても良かったな…など、あまり大胆な塗りができませんでした。

それは明らかに経験不足からくるものなので、たくさん練習してもっと大胆にもっと自由に描けるように頑張りたいです。

ほかにもコピックなどでメイキングしているので、ぜひYouTubeで【チャンネル登録】などもしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク