W&N三原色で色相環作ってみた(透明水彩)

こんにちは、くうこです。

今回は透明水彩絵具の三原色で12色相環づくりにチャレンジしてみました

イエロー、マゼンダ、シアンのたった3色で色を無限に作り出せるなんて驚きですよね!

まずは初心者さんでも作りやすい12色の色相環の制作過程、色見本、完成品を紹介します。

また茶色や黒色の作り方も紹介します。

スポンサーリンク


三原色で12色相環の作り方

今回わたしが使用した絵の具は、英国王室御用達の最高級透明水彩絵具【Winsor&Newton】の『プロフェッショナルウォーターカラー』です。
使用する色

  1. 【イエロー】…ウィンザーレモン
  2. 【マゼンダ】…パーマネントローズ
  3. 【シアン】…ウィンザーブルー(レッドシェード)
上記3色はわたしが勝手に選んだのではなく、W&Nのメーカーさんが公式サイトにて公表している『メーカー推奨の三原色』です

ホルベインとターナーもメーカー推奨三原色が公表されているので紹介します。

メーカー推奨の三原色

W&Nの三原色

  • ウィンザーレモン
  • パーマネントローズ
  • ウィンザーブルー(レッドシェード)
ホルベインの三原色

  • イミダゾロンイエロー
  • キナクリドンマゼンタ
  • フタロブルーレッドシェード
ターナー専門家用透明水彩絵具の三原色

  • パーマネントイエロー
  • キナクリドンマゼンタ
  • フタロ ブルー(グリーンシェード)
三原色とは
色を表現するための基本色。
黄(イエロー)、赤紫(マゼンタ)、青緑(シアン)は「色の三原色」と呼ばれ、この3つの色から無限に色を生み出せます。

W&Nの三原色で色相環にチャレンジ

今回、色相環の制作過程の様子をYouTubeの動画でも上げています。

どの様な順番で色を混ぜているのか、色の配分量なども参考になると思います。

W&N三原色で12色の色相環にチャレンジ

パレットに三原色であるウィンザーレモン、パーマネントローズ、ウィンザーブルー(レッドシェード)を出して、12色の色相環をつくっていきます。

それぞれ色水をつくり、水彩紙に載せていきます。

私は自分が分かりやすいように、先に三原色を指定の場所に置いてから作成することにしました。

こうしておくと混色の時、それが目安となり失敗しにくくなります。

では早速、イエローとパーマネントローズを足してオレンジを作っていきます。

余談ですが、撮影しながらだったので、終始緊張しながら混色してました。

イエローに少しずつパーマネントローズを足して、オレンジから赤色になるように混色していきます。

続いて、パーマネントローズにブルーを足して紫色を作っていきます。

赤紫⇒紫⇒青紫となるように混色していきます。

紫系の色が上手にできた気がします!

次はイエローに青を足して緑色を混色していきます。

これで12色相環のできあがりです!

ですが、せっかくなので茶色やグレー系も混色してみました。

グレーと茶色の作り方

グレーや茶色の作り方は、まず原色の2色を混ぜ、そこに補色を混色すると色が濁りグレーや茶色を作ることができます

例えば、今回は赤と青を混ぜ紫を作った後、紫の補色である黄色を混ぜてグレーを作りました。

また、赤と黄色を混色させてオレンジを作り、その補色である青を混ぜて茶色を作りました。

配合量を変えると更に様々なグレーや茶色が作れます。

補色同士を混ぜると濁る、という事を覚えておくと便利です。

補色とは
補色とは色相環で正反対に位置する色のことです。
例えば赤の補色は緑になります。青の補色はオレンジ色になります。
三原色全部を混ぜると黒になる

最後に黒色の作り方を紹介します。

三原色をすべて混色していくと……。

黒色になりました!

混色って本当に不思議で楽しいですよね!

スポンサーリンク


12色相環の完成です!

たった3つの色でこんなにもたくさんの色を作り出せるなんて本当に驚きですよね。

三原色さえあれば、どんな色でも生み出せます。

画材は高いですから、もし低資金で水彩をはじめたいのなら三原色は抑えておきたいところ。

個人的にはイエローと青があれば緑色が簡単に作れるので、緑はいらないかなぁとも思っています。

ただ、三原色だけだとどうしても不便に感じることもあるので、初心者さんは透明水彩絵具の12色セットや18色セットを購入しておくと便利ですよ。

私の場合、茶色を作るのが苦手なので茶系の絵の具は5種類ほどパレットに出してあります。

またラベンダー色や透明感のあるトルコブルーなどは自分で作るのが大変難しいので、メーカーが作ってくれている絵の具をありがたく使っています。

created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥2,830 (2019/08/18 07:49:21時点 Amazon調べ-詳細)
色相環を作ったら混色が上達した

今回三原色で色相環作りにチャレンジしましたが、そのことで混色の理解が深まり水彩が一気に上達しました。

『どの色をどれだけ混ぜればこの色になる』と言う事が自然にわかるようになったんです。

当たり前のことなんですが、これがすごく大切で自分にとって大変勉強になりました。

色相環をつくる前は、何色を混ぜてもなぜか濁ってしまうという症状に悩んでいました

2色しか混ぜてないのに何で濁っちゃうんだろう…と途方に暮れる日々。

しかし、三原色で色相環を作ったら、なぜかどの色を混ぜても濁らなくなったんです

もしかしたら感覚的に混色の仕組みが理解できたのかもしれません。

私と同じように、「どの色を混ぜても直ぐに色が濁ってしまってうまく塗れない」と悩んでいる方は、ぜひ色相環作りにチャレンジしてみてください!

1回ではなく、2回、3回と何度も繰り返し作ってみるとより混色が上達します。

永山裕子水彩画法の本で私はここまで上達した

2018年5月28日

初心者でも透明水彩でりんごをそれっぽく描くコツ

2018年5月24日
まとめ
  • 色の三原色はイエロー、マゼンダ、シアンである
  • 三原色で色を無限に生み出せる
  • 茶色やグレーは原色を2つまぜ、その補色を更に混ぜるとできる
  • 黒は三原色を混ぜるとできる
  • 三原色で色相環を作ると混色の理解がより深まる
スポンサーリンク