【無印良品】水彩用小物&文房具購入品紹介|水彩パレットやパンケースなど1,950円分買ってきた

くうこ
こんにちは、くうこです

先日無印良品に行って、文房具や水彩用の雑貨類を合計1,950円分購入してきました♪

主に透明水彩絵具に使えそうな小物系をメインに購入してきたので紹介していきます\(^o^)/

スポンサーリンク


無印良品水彩用小物&文房具購入品紹介


無印良品の雑貨はどれもシンプルなので、アイデア次第で本来の用途とは別の用途にも使えたりしますよね

今回私が購入した商品も画材とは無縁の雑貨たちがメインです。

全部で7種類、合計8点購入してきました。

何の目的でどうやって使用するのか簡単にご紹介します。

白磁トレー(小)

こちらの陶器のお皿は磁器洗面用品シリーズの白磁トレー・小です。

本来は石鹸を置いたり、歯ブラシたてを置いたりするトレーですが、私は水彩パレットとして購入しました

最近頻繁にクサカベ透明水彩絵の具のパステルカラーを使うようになったので、それ専用のパレットが欲しくて購入しました。

100均で平らなお皿を探してもこれって言うデザインのものがなくて…。

そんな時に無印良品で偶然見つけたのがこの白磁トレー!

平らで四角く、また陶器なので絵の具の色も沈着しにくくてまさに私が求めていたパレットそのものでした。

価格は450円。

去年買った瀬戸理化の梅皿が560円ほどだったので、梅皿を買うよりかは100円ほどお買い得でした^^

平らな陶器のトレーがなかったら画材屋さんで梅皿を購入する予定だったので、無印良品で本当に偶然出会えてよかった!

ちなみに陶器なのでずっしり重いです。

実際に使ってみて、後日使用感を改めてレビューします。

商品詳細

白磁小物トレー

こちらも洗面所で使う用のトレーです。

さっきのトレーの横にありました。

あと、同じシリーズで大きいトレー(税込み650円)もありました。

で、この丸型のトレーも水彩パレットとして使う予定です。

くうこ
絵皿的な使い方をしようかなって思ってます

大量に色が必要な時に便利だなって思ったのと、茶色いパステルカラーを作る時に使おうかなって。

さっきのトレーの上にのせて使うのも良さげ♪

こちらは税込250円です。

瀬戸理化の絵皿が大体150円前後なので普通に画材屋さんで絵皿を買った方がお得ではありますが、最終的に無印良品が好きだからと言う理由で購入しました。

ムジラーじゃないけど、お金に余裕があるならムジラーになりたい(^ω^)

でもここ数年前から無印良品も低価格な商品が増えてきて嬉しい!

商品詳細

落ちワタ混ふきん12枚組

こちらはキッチン用のふきんです。

12枚も入ってお値段499円って安くないですか!?

12枚もあるのでケチケチしないで様々な用途にたくさん使えます!

1、水彩用の雑巾

私いつも水彩用のふきんは100均で売っている雑巾だったんです。

雑巾も良いけど使っていてちょっとテンションが上がらない。

私は水彩で絵を描く時、使っている画材や道具も含めてその時間を楽しんでいます。

ただ絵を描くだけなら雑巾なんて着古したTシャツで十分なんだけど、少しでも趣味の時間をより楽しめるように好きなものに囲まれて絵を描きたい。

くうこ
私にとって水彩の時間はリラックスタイムでもあります

癒しの空間を作って心とカラダを休ませる時間でもあるので、雑巾からオシャレなふきんに切り替えたことでより水彩の時間が楽しくなりそう♪

視覚的な癒しも大切。

2、割れ物を保護

さっきの陶器を包んで保管するのも良いですよね。

こうして包んでおくことで傷が付きにくくホコリも被りにくくなるし便利。

3、商品撮影のクロス用

画材や雑貨など写真撮影する時用のクロスとしても使う予定。

実は元々は写真撮影用のクロスを無印良品のキッチンコーナーで探していて偶然見つけました。

今回は本当に偶然出会った商品が良すぎるものばかりで嬉しい。

12枚もあるので普通にキッチン用のクロスとしても使いたいと思います。

チープ感は否めませんが、意外と丈夫でしっかりとした布なのでおすすめです!
商品詳細

ポリプロピレンペンケース(横型)小

こちらはハーフパン用のケースとして購入しました。

クサカベ透明水彩絵具のハーフパンが愛用の缶ケースに全色入りきらなくてどうしようかな…て時にこちらを発見。

実は前々からこのペンケースがハーフパン用にいいのでは?と思っていたので試しに購入してみました。

実際に入れてみるとこんな感じ!

ちょっと隙間はあくけどかなりいい感じ!

と言うか、入りきらなかったハーフパンがちょうど全部ピッタリ入ってくれたのが嬉しい!!

縦2個×横10個の合計20個収納できました。

買って良かった。

新しく缶ケースを入手するまではこのペンケースに入れて使おうと思います。
商品詳細

ポリプロピレンファイルボックス用・ペンポケット

こちらは水彩筆専用のペンポケットとして購入しました。

今までは色鉛筆やハサミなどの文房具と同じペンポケットに入れてましたが、最近ペンも筆も多くなってきて窮屈に感じてたので水彩筆専用のペンポケットを増設してみました。

デスク下の収納だったので、ポケットが出っ張った分、足に当たるかな?と不安でしたが大丈夫でした♪

実は筆をあと2本ぐらい購入する予定なので、収納スペースが増えて嬉しいです。

商品詳細

リフィルノート本体・クラフト表紙 A5

こちらA5サイズのバインダーノートです。

以前文房具ブログで紹介したこちらの【Campus スマートリング】がとっても気に入ったので、それと似た商品が無印良品にあったので買ってみました。

商品詳細

リフィルも2種類買いました

『ドット方眼 A5』と『無地 A5』の2種類買いました。

ドット方眼はバレットジャーナル兼万年筆試筆用に。

無地はアイデアノート兼らくがき帳用に購入しました。

今まで手帳もアイデアノートも別々のノートを使用してましたが、『あれ?この前のメモどこに書いたっけ?』て色々なノートをペラペラめくって探したりする事が結構あるので、それを防ぐ為にひとまとめにしてみました。

あとバレットジャーナルをセットアップするときも失敗した時に気軽に新しい紙に書き直せるようになったのが嬉しい!

試しに6枚ほどリフィルを入れてみましたが、この薄さが本当に良い!

無印良品にも【画用紙リフィル】があったのでいつか買ってみたいです。

5枚で150円と意外と高くて今回は買えませんでした(^^;)(;^^)

お金に余裕がある時に買って、マルマンの画用紙リフィルと比較してみたいです。

デメリットも発見

こちらのバインダーを実際に少し使ってみましたが、ちょっと気になる点がチラホラありました。

250円と安いから仕方ないかなぁ…て感じです。

デメリットをいま全部書こうとすると、すごく膨大な文章と複数の写真が必要になって大変なので、いつか文房具ブログの方で詳しくレビューしたいです。

まとめ

今回は1,950円でかなり満足のいく買い物になりました!

一番嬉しかったのが陶器のトレーですかね。

布巾もよかった♪

『こんな商品がほしいんだけどなあ~』て、ずっと頭に思い浮かべていた物とようやく出会えて本当に嬉しかったです。

秋ごろまでに改めて陶器のトレーの使い心地をレビューしたいです。

無印良品のアクリルケースにコピックを収納してみたこちらの記事もおすすめです。

【コピック収納】無印良品のアクリルケースで見せるオシャレな収納法

2018年9月5日

それではまた次回\(^o^)/

スポンサーリンク