手の描き方|デッサン・練習におすすめの1冊を紹介

イラストを描くうえで必然的に画力が問われるのが手の表現です。

顔は上手く描けるのに手が下手すぎて残念……なんてことはありませんか?

手は感情表現の一つになりますし、手が上手にかけることでキャラクターをより一層生き生きと魅力的に見せることができます。

しかし、手は複雑な形をしているので描くのが苦手と敬遠してしまう方も多いと思います。

かく言う私もその一人。

ただ、この『手足の描き方 マスターガイド』という本のおかげで、だいぶ手が上手に描けるようになってきました。

練習をくり返すことで、必ず絵は上達するので、複雑な手のデッサンもしっかりと行いましょう。

手のデッサン、練習にどの本を買えばいいかわからない方へ

私は手が上手に描けるようになりたくて、ネットで手の描き方やポーズ集などを色々と検索してみたところ、思いのほかたくさん種類があり、どれを買えばいいのか迷ってしまいました。

手のポーズ集が欲しい。できれば1冊で済ませたい。

そんな私が、色々と自分で何冊か検討してみて、購入したのが『手足の描き方 マスターガイド』というタイトルの本だったのですが、これが想像以上に役に立つ本だったので、もっと多くの人に知ってもらいたく、今回レビューしてみました!

スポンサーリンク


手の描き方がよくわかる本はこれ!

手足の描き方 マスターガイド】は、ちょっと表紙が残念と言いますか、表紙で損しちゃっていますが、めちゃめちゃ良い資料集兼ポーズカタログです!

様々なアングルで様々な手と足のポーズが載っているのですが、とてもわかりやすい解説付きで、とくに初心者さんにおすすめです。

複雑な手を初心者さんでも描けるように、形の捉え方、コツなどが丁寧に解説されています。

この本の特徴&買って良かったポイント

POINT 1

単純化する方法がわかりやすい

人体のデッサンではまず形を単純に捉えて、そこから細部を描き込んでいくのが一般的な方法だと思いますが、手も同じでまず単純化させます。

しかし、複雑すぎて手を単純な形として捉えるのって初心者には少し難しいですよね?

この本では、手を開いた時、グーで握りしめた時など、どう形を単純化させるのか教えてくれているので、かなり応用がきくと思います。

私もまだまだ手が上手に描けませんが、この単純化のおかげでだいぶ形を整えられるようになってきました

POINT 2

手の構造がわかる

人の手はどこにどう骨があって、どこに間接があって、指はどこから曲がるのか、可動範囲はどのくらいが一般的かなどわかりやすく解説されています。

まずは手の構造を理解することで、絵に説得力を持たせることができ、デフォルメさせた時にも不自然にならなくなるので、やはり基本のデッサンは大切だなと思いました。

POINT 3

手の形は7パターンある

  1. 開いた手
  2. グーに握った手
  3. 指を立てた手
  4. つまんだ手
  5. 棒を握る手
  6. わし掴みの手
  7. 小指から曲げた手

この7パターンの手を360度から撮影した写真と様々なシチュエーションでの手の形、比率、捉え方が簡単な言葉で解説されていてとても参考になりました。

POINT 4

写真+イラストでわかりやすい

写真の手だけだとついついその通りに描こうとしてしまい、たくさんシワなどの線を入れてしまいがちな私でしたが、プロの方が描いた手のイラストも結構たくさん載っているので、どこまでデフォルメさせたり、線をあえて描かなかったりすればいいのかなど、個人的に大変参考になりました。

POINT 5

使えるモチーフ&シーンがたくさんあって嬉しい

カードを差し出す、メガネを外す、ピストルを構えるなど、漫画やイラスト制作でかかせないポーズやシーンが沢山あります

もちろん、自分のイラストとまったく同じ構図はないので、似たようなポーズを複数探し、それらを組み合わせて自分のイラストに落とし込んでいく感じになりますが、それでもすごくわかりやすいです。

POINT 6

足の描き方も載っている

本書の三分の一が足についてページを割いているので、足がうまく描けない方にもおすすめな本。

ただ太ももなど『脚』全体ではなく、『足』に特化しているのでそこは注意が必要です。

私は脚は描くのは結構好きなんですが、足を描くのがすごい苦手で、うまく地面に立ってくれなかったり、形がおかしかったりしてしまうので、こちらの本に掲載されている360度から見た足の形の写真がとても参考になりました。

POINT 7

全ページカラー

カラーなのですごく見やすくて助かります。

私は基本、カラーイラストしか描かないので、カラーイラストでの陰影の参考になりましたが、モノクロ原稿の方はもしかしたら白黒写真の方がいいと言う方もいるかもしれません。

制服の描き方がよくわかるポーズ集を紹介(構造、シワのでき方)

2018年7月23日

Amazonレビューでも高評価

この記事を書くとき、Amazonで商品レビューをチェックしてみたのですが、思いのほか高評価でした。

ただ、掲載されている絵が苦手という意見もチラホラ。

たしかに掲載されているイラストは個性が強いといいますか、好き嫌いは分かれると思いますが、決して下手ではないと思います。と言うか、手足に関してはとってもうまいと思います!

男女の手の描き分けは詳しく解説されていない

男女の手を描き分けることができる人って本当にすごいですよね!

私もいつかそのくらい上達したいのですが、この本には男女の手の描き分けについては詳しく解説されていません。

なので、別で資料が必要となります。

私は可愛い女の子を描くのが好きなのですが、そこで大変参考になったのがこちらの本。

萌えふたりの描き方 おんなの子編

こちらの【萌えふたりの描き方 おんなの子編】と言う本すんっごいおすすめです!

女の子の描き方と言いながら、女の子の手の描き方についても詳しく解説されています

また女の子同士で手をつなぐ、絡めるなどのポーズ、手や腕の描き方がとても分かりやすく解説されているので、是非!女の子のあの可愛らしい手を描きたい方はこちらもチェックしてみてください!

本当におすすめです!

通販だと思っていたのと違った……なんてことがあると思うので、失敗しない為にも、もし可能であれば本屋へ行って中身を確かめることをおすすめします。

今回おすすめしたい1冊はこれ!
おすすめの1冊を紹介と言いながら、結局2冊紹介してしまいましたが、どちらも良本なのでぜひぜひ、チェックしてみてください。

スポンサーリンク