ATC(アーティストトレーディングカード)とは?実際に制作してみました

わたしはつい最近、Artst Trading Cards【アーティストトレーディングカード】と言うものを知りました。

アーティストトレーディングカードは略して【ATC】と呼ばれており、ベースボールカードサイズの小さな作品のことを呼びます。

水彩や色鉛筆、マーカーなどで彩色したイラスト作品の他、コラージュやスタンプ、シールなどを使用してもOK!

描写方法が自由なので、様々なジャンルのアーティストさんがATCを楽しまれています。

ATCは作る、見せる、交換するなど、アーティスト同士の交流や同じ趣味を持った方と出逢えるきっかけにもなります。

わたしも好きな水彩作家さんがATCを作っていることを知り、自分もATC作りに挑戦してみたくなったので、今回実際に制作してみました!

スポンサーリンク


ATCのルール

ATCのルールはたった1つ、用紙が【64×89mm】のサイズであること!

シンプルで良いですよね。

ルールが難しすぎたりすると、初心者には一気に敷居が高くなってしまうので、これは参加しやすいです。

ATCのサイズ

・約64×89mm

一般的には米国のベースボールカードのサイズと表現されることが多いですね。

カメラに詳しい方なら、写真L版サイズのちょうど1/2のサイズと言った方がよりイメージしやすいかもしれません。

立体物をつけてもOK

ATCはサイズさえ守っていれば、作品にリボンやチャームなどの立体物でデコレーションしてもOKです。

ただ、ファイルに入れて保存することを考えると、あまり分厚くならない方が好まれるようなので、立体的な飾りはほどほどにしておいた方が無難です。

ATCについてもっと詳しく知りたい方は【Tooアーティストトレーディングカード特設ページ】でご確認ください。

ATC専用のカードも売られている

ATC専用のイラストボード】が売られていることはご存知ですか?

わたしはつい最近その存在を知りました。

もちろん、ATCはサイズさえ守っていればどんな紙を使用しても大丈夫なので、お好きな画用紙や水彩紙などを切り抜いて作っている方も多いです。

せっかくなので今回はATC専用のボードを購入してイラストを描いてみることにしました。

わたしが選んだ紙はパステル画や水彩画に最適な【マーメイドボード】です。

手のひらサイズの小さなイラストボードで可愛いです。

ちゃんと厚みがありちょっとした圧力を加えても折れる心配はなく丈夫そうな紙です。エンボス加工された水彩紙調のボードになっています。

画材屋さんのレジの前にずらっと並んでいたので、結構人気の商品なんでしょうか?

興味がある方は是非、近所の画材屋さんで実物を見てみてください。その小ささに驚くはず。

【コピック塗り方メイキング】14色で水着女子を彩色してみた

2018年8月27日

トレース台の使い方|1700円の安いトレース台でトレスしてみた

2018年6月18日

Tooアーティストトレーディングカード

Tooアーティストトレーディングカードから販売されているボードは全部で9種類あり、各1枚ずつ入ったアソートパックと合わせると全10種類のラインナップがあります。

  1. ケントボード
  2. ワトソンボード
  3. コットンボード
  4. マーメイドボード
  5. ホワイト&ブラックボード
  6. アクリボード
  7. カスタムペーパーボード
  8. もみ紙ボード
  9. 光沢ボード
  10. アソートパック1

アソートパックは9枚入りですが、それ以外は10枚入りで各420円となっています。

マーメイドボードに水彩でイラストレーション

ATCマーメイドボードに実際にイラストを描いてみました。

ちょうどハロウィンの時期だったので、ハロウィンっぽく魔女やかぼちゃ、骸骨などのおばけをモチーフに描いてみました。

こちらの【透明水彩イラストメイキング|ハロウィンな女の子描いてみた】と言う記事で、透明水彩イラストメイキングを行っています。動画もあるので興味があればぜひチェックしてみてください。

実際に使用してみて思ったのが、マーメイドボードはよく水を吸い取るので水彩画に大変適していると思います。

最初は、こんな小さな紙にイラストなんて描けないよ…と思っていたのですが、実際に挑戦してみると意外と描けるものですね!

モチーフを3種類くらい入れられて満足しています。

この小さな手のひらサイズのボードに絵を描いている時、すごく楽しかったです!

いつもとは何か違った心境でした。

小さい画面にめいいっぱい描きたいものを描くというプレッシャーが心地よかったのかもしれません。

まだあと9枚紙が残っているので、水彩画だけでなくコピックや色鉛筆などでも挑戦してみたいです。

透明水彩イラストメイキング|ハロウィンな女の子を描いてみた(2018)

2018年10月30日
人気作家さんとコラボ

人気の作家さんとコラボした【ATCスタートキット】も販売されているので、これをきっかけに水彩画にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

プロが実際に使用している絵具や筆のセットで、しかもイラストメイキングブックもついておりかなりお得なセットになっています。

第一弾は人気水彩作家の【ぱた】さんと【ヒヅキカヲル】さん、第二弾は【chita*coppe ~ちたこっぺ~】さんと【アリストレーター】さんとコラボしたATCスタートキットが販売されています。

わたしが良く行く地元の小さな画材屋さんにもこのセットが販売されていたので、結構人気がありそうです。

ATC制作すごく楽しかったので、またチャレンジしたいと思います。

スポンサーリンク