【2022/5/4】リニューアルに伴いご不便をおかけいたします

透明水彩絵具おすすめ3選|完全初心者さん向けに選び方から解説!

くうこ

こんにちは、水彩沼のくうこです

透明水彩絵具の魅力にどっぷりハマってしまい、今では『クサカベ』『ウィンザー&ニュートン』『シュミンケホラダム』など様々なメーカーの透明水彩絵具を日々買いあさっています。

そんな私が、本当に初心者さんにおすすめの透明水彩絵具を3つ厳選してご紹介します!

初心者さんにおすすめな透明水彩絵の具はこの3つです

初心者さんにおすすめの透明水彩絵具

  1. ホルベイン透明水彩絵具
  2. W&Nプロフェッショナル・ウォーターカラー
  3. W&Nコットマン・ウォーターカラー

この3種類の内、どれか1つを選べば失敗しません。

透明水彩をはじめたいけど、どのメーカーを買えばいいのかわからない。

初心者にも扱いやすい絵の具が知りたい。

そんな右も左もわからない初心者さんにこそおすすめな透明水彩絵具を厳選して3つご紹介します。

もくじ

初心者さんに本当におすすめな透明水彩絵具3選

先日、おすすめの透明水彩絵具を紹介しているサイトをチェックしてみたのですが、学童用の絵の具(厳密には透明水彩ではない)や上級者向けの絵の具などがごちゃ混ぜに紹介されていてすごく気になってしまいました。

これだと初心者さんがどれを買えば良いのか迷ってしまうのではないか…。

そこで今回、完全初心者さん向けに本当におすすめな透明水彩絵具を3つ厳選してみました\(^o^)/

まずはこの3つの中から1つを選んで、透明水彩に慣れてきた頃に違うメーカーさんの絵の具を購入してみるのもおすすめです。

失敗しないための選び方

おすすめの絵の具をご紹介する前に、初めての透明水彩絵具選びで失敗しないためのポイントや注意点などを簡単に解説します。

くうこ

不要な方は読み飛ばしちゃってOKです

12色セットと18色セットどちらがおすすめ?

初心者さんの場合、『12色セット』か『18色セット』かで迷われる方が多いと思いますが、私は18色セットがおすすめです。

理由は2つあります。

18色セットがおすすめな理由

  1. なるべく混色しなくてすむ
  2. 12色セットは白と黒を抜いたら実質10色と少ない

【1】なるべく混色しなくてすむ

透明水彩絵具は混色すればするほどどんどん色が濁ってしまう性質があります。

初心者さんはこの混色が難しくて挫折してしまう方もいます。

くうこ

私も初心者の頃、どの色を混ぜても濁っていまい苦戦していました

そこで、なるべく混色しなくても済むように18色以上の色数が豊富なセットを選ぶと初心者さんでも透明感を生かした水彩画を描けます。

【2】12色セットは白と黒を抜いたら実質10色と少ない

透明水彩絵具の12色セットにはほぼ必ず『チャイニーズホワイト』と『アイボリーブラック』が入っています。

くうこ

つまり、12色セットは白と黒を抜いたら10色しかないんです

いくら混色できるとは言え、初心者さんの場合色味がワンパターンになってしまったり、表現の幅に制限がかかってしまいます。

やっぱり自由に楽しく水彩画を楽しみたいじゃないですか。

18色セットだと色数が増え、格段に表現の幅が広がるので描いていて楽しいです

まず12色セットを買ってから、後日単品で少しずつ集めていくのもおすすめです!

くうこ

ちなみに私は12色セットからスタートして後日単品で3色絵具を購入しました

12色セットから始めて気になった色を後日画材屋さんで購入するのもすごく楽しいのでおすすめです♪

18色セットだと使わない色とかも出てきちゃうのでこっちの方が経済的かも^^

チューブタイプと固形タイプどちらがいい?

結論、どっちでもいいです。

好きな方を選んでください。

そう言ってしまうと元も子もないのでそれぞれの特徴をご紹介します。

チューブタイプの特徴と使い方

パレットに絵の具を絞り出した後、いったん固めてから使用します

透明水彩絵具は何度でも水に溶かして使う事ができます。基本、パレットは水で洗ったりしません。

詳しくはこちらの【透明水彩パレットの作り方|絵具の配置方法や色見本の大切さ】で解説しています。

チューブタイプの特徴

  • パレットに出して一旦固めた後使用する
  • 大きいキャンバスにも大胆な描写ができる
  • 大量の絵の具で伸び伸びと絵が描ける
  • チューブの中で絵具が固まってしまうリスクもある

チューブタイプは絵の具がチューブの中で固まってしまうリスクがあります。

水彩画家の永山裕子先生(@yuko_nagayama)は絵の具がチューブの中で固まってしまう恐れがあることから、1回で全部絵の具をパレットに出しているとのこと。

一方の私はと言うと、必要な分だけをパレットに出して使う派です。購入してから3年以上経つ絵具もありますが、固まらずに使えています。

ただキャップが固くて焦ることは多々あります^^

固形タイプの特徴と使い方

水を含んだ筆で軽く撫でるだけで簡単に顔料が溶け出し、すぐに着彩が可能です。

チューブタイプも一旦固めてから使用するため、チューブタイプと固形タイプとで特に使い方に違いはありません。

固形タイプの特徴

  • 水を含んだ筆で撫でると簡単に顔料が溶ける
  • 小さいキャンバスやイラスト向き
  • 携帯性に優れており野外スケッチに便利
  • 使用していくと中央に穴があいていく

私が固形タイプからチューブタイプへ切り替えた理由

私は最初オシャレでコンパクトなハーフパンタイプの絵の具からはじめ、その数カ月後にチューブタイプの絵の具へと切り替えました。

その理由は2点。

  • 大胆な描写ができなかった
  • 使っていく内に穴があいていくのが苦手だった

大量の水と絵の具を使って大胆ににじませたい時にハーフパンだと少量の絵の具しか用意できずちょっと頼りなかったです。

またハーフパンなどの固形タイプは使っていく内にこのように穴があいていくんです。この見た目が苦手でチューブタイプに切り替えました。

ただ手軽さ、携帯のしやすさなどはやはり固形タイプが優れています

これは完全に個人の好みやスタイルに左右されるので、自分がいいなと思った方を選ぶのが1番です。

初心者さんにおすすめの透明水彩絵具3選

それでは初心者さんにおすすめの透明水彩絵具を3つ紹介していきます。

初心者さん向けに選んだポイント

  • 発色の良さ、品質の高さ
  • 入手しやすさ
  • 価格

基本どのメーカーさんもおすすめではあるのですが、今回は主に上記3つのポイントを基準に選ばしていただきました。

初心者さんにおすすめの透明水彩絵具

  1. ホルベイン透明水彩絵具
  2. W&N プロフェッショナル・ウォーターカラー
  3. W&N コットマン・ウォーターカラー

では1つずつ詳しくご紹介していきます。

1、ホルベイン透明水彩絵具

くうこ

日本で最もポピュラーな透明水彩絵具と言えばやはり『ホルベイン』です!

画材屋さんにいけば必ず置いてあるメーカーなので手に入りやすく単品でも気軽に買えます。

また価格も1本あたり約220円~とお手頃にもかかわらず、大変発色がよく絵の具の伸びもいいです。

小さなお子様からご年配の方までどんな方にも扱いやすい絵の具となっています

日本の有名メーカーさんだけあって高品質&低価格を可能とし、初心者さんはもちろんプロの方からも高い支持を得ています。

ホルベイン透明水彩絵具の特徴

ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥2,578 (2022/05/16 12:10時点 | Amazon調べ)

ホルベイン透明水彩絵具は高品質で価格も安く初心者さんにも扱いやすいので、水彩デビューに1番おすすめです!

多くの技法書でホルベインが使用されている

透明水彩の技法書の多くがホルベインをメインに使用して解説されています

プロの方が実際にホルベイン透明水彩絵具18色セットなどを使用して技、描き方を紹介しているので、同じ絵具を使用することで真似しやすくまた理解がより深まりやすいです。

ホルベイン透明水彩絵具をメインで使用しているおすすめの技法書をいくつかご紹介します。

この他にもホルベインを使用した技法書はたくさんあるので是非、本屋さんなどでチェックしてみてください。

2、W&N プロフェッショナル・ウォーターカラー

『ウィンザー&ニュートンのプロフェッショナル・ウォーターカラー』は初心者向けと言うよりかはプロ向けの商品です。

しかし、最初から良いものを使用するのもおすすめです

なぜなら、結局すぐにプロも使っている高品質な良い絵の具が欲しくなってしまうからです。

私も最初は初心者向けの絵の具を購入したのですが、すぐに透明水彩の魅力にハマってしまい、後日ちょっと値段の高いこちらの水彩絵の具を単品で購入しました。

またW&Nもホルベイン同様にどんな小さな画材屋さんにも高確率で売られている人気メーカーさんです。

1本あたり484円~825円とけっして安くはありませんが、その発色の鮮やかさ、美しさ、透明感が大変すばらしいです。

W&Nプロフェッショナル・ウォーターカラーは英国王室御用達の最高級水彩絵具なので、これから本格的に透明水彩をはじめようと思っている方におすすめです。

クリアでにごりにくい単一顔料製法

1色の色を1種類の顔料で作る「単一顔料製法」にこだわっており、クリアな発色と濁りにくさが特徴です。

くうこ

約8割の色が単一顔料で構成されています

混色しても濁りにくいので初心者さんにも扱いやすいです

本当にクリアで素敵な色をしているので、1色1色こだわりぬいた最高水準の透明水彩絵具をぜひ試してほしいです!

W&N プロフェッショナルシリーズの特徴

Winsor&Newtonプロフェッショナル・ウォーターカラーの特徴

  • 英国王室御用達の最高級水彩絵具
  • 約8割の色が単一顔料製法をもとに作られているので濁りにくい
  • 最高級顔料を使用し、非常に発色が良く鮮やか
  • 非常に高い透明度を持っている
  • 優れた耐久性
  • 全96色の内ほとんどの色が「専門家用堅牢色」としてランクされている
  • 小さな画材屋さんも取り扱っている事が多く入手しやすい

先ほど紹介したホルベインと比べると落ち着いた色味です。絵の具が乾いた後も鮮やかに発色するところがすごく魅力的です。

個人的にW&Nの『ウィンザーレモン』の透明感と発色の良さ、鮮やかさには目を見張るものがあります。私の大好きな色の1つです。

3、W&N コットマン・ウォーターカラー

W&N

『W&N コットマン・ウォーターカラー』はアマチュアから、大量の絵具を必要とするプロのアーティストまで満足できる、低価格&高品質な透明水彩絵具です。

プロフェッショナルシリーズと比べ、1つ231円と手頃な価格なので大変コスパの良い水彩絵具となっています。

堅牢度が非常に高く、全40色が「専門家用堅牢度」のAAまたはAにランクに指定されており、とても鮮やかで美しく発色します。

プロフェッショナル・ウォーターカラーと併用して使えるので、まずはこちらのコットマンシリーズのセットを購入し、後日少しずつプロフェッショナルシリーズを単品で購入していくのもおすすめです。

W&Nコットマンシリーズの特徴

Winsor&Newtonコットマン・ウォーターカラーの特徴

  • 手頃な価格で透明水彩をはじめられる
  • コスパが良いので継続しやすい
  • 発色は鮮やかで透明度も高い
  • 絵の具の伸びも良い
  • 堅牢度が非常に高く、全40色が「専門家用堅牢度」のAAまたはAにランク
  • プロフェッショナル・ウォーターカラーと混ぜることも可能
  • プロフェッショナルシリーズと比べると発色が鮮やか
  • 小さな画材屋さんでも取り扱っていることが多い

高品質な透明水彩絵具を手ごろな価格帯で気軽にはじめられます。

プロフェッショナルシリーズは落ち着いた色味が魅力的ですが、コットマンシリーズは華やかに発色します。

miyaさんとコラボしたコットマンセットが女性に人気

ウィンザー&ニュートン miya ファッションガールズセット

私が1番最初に選んだ透明水彩絵具はイラストレーターのmiya(@miyaU_U)さんとコラボした『ウィンザー&ニュートン miya ファッションガールズセット』でした。

くうこ

今でも私の大切な宝物です

実は私が透明水彩をはじめようと思ったきっかけはmiyaさんの水彩イラストでした。

『私もmiyaさんみたいな素敵な水彩イラストが描きたい』と思った矢先、こちらのコラボセットが新発売されたんです。

コットマンシリーズを初めて使った時、その色の鮮やかさ、美しさに驚き、一瞬にして透明水彩絵具の魅力にハマってしまいました

このセットをキッカケに様々なメーカーさんの絵の具を買いあさる日々が始まったんだと思うと、すごく感慨深いものがあります。

イラストレーションにもおすすめ

私が購入したセットにはお試しでコットマン水彩紙も入っていました。

miyaさんによるメイキングリーフレットやぬりえも付いてくるので、透明水彩絵具でイラストを描きたい方におすすめです。

ファッションガールズセットの詳しい内容は以下の記事で色見本付きでレビューしています。

あわせて読みたい
W&N透明水彩絵具|コットマンハーフパン12色セットの色見本&使用感レビュー ついに私も透明水彩デビューしました! 今回は私が透明水彩デビューに選んだ、『W&N miyaファッションガールズ 水彩セット』をご紹介します。 こちらはイラストレーター...

上記3商品は絶対に買って後悔しない

今回ご紹介した上記3つの透明水彩絵具は高品質で大変発色も鮮やかであり、またどこの画材屋さんにも必ず置いてある人気メーカーです。

くうこ

変なクセも一切なく、まさに王道!

本格的な水彩画から可愛らしいイラストまで幅広い表現が可能です。

1番のメリットはやっぱり田舎の小さな画材屋さんにもこの3種類の絵の具はほぼ必ず置いてあるので入手しやすく、継続しやすいので初心者さんに1番向いているメーカーです。

迷ったらホルベインを買っておけばOK

ホルベイン透明水彩18色セットの色見本

もし上記3つの中から1つ選べなかったら【ホルベイン透明水彩絵具18色セット】を買っておけばOKです。

ホルベイン透明水彩絵具18色セットの色見本を見てわかるとおり発色も美しく、一通り色相が揃っているのでこのセットを買っておけば描けない絵はないです。

特に非の付け所がないパーフェクトなセットです

日本で1番ポピュラーであり、日本メーカーの高品質な透明水彩を低価格で試せるので買って後悔することはありません。

あわせて読みたい
ホルベイン透明水彩絵具18色セットをレビュー【初心者さんにおすすめ】 と言うことで今回は、 ホルベイン透明水彩絵の具18色セットを徹底レビューします! どんなに小さな画材屋さんにも必ずと言っていいほど置いてあるので比較的入手しやす...

自分が1番ほしいと思った物を選ぶのが1番良い

ただ1つ言えることは、本当に自分が欲しいと思ったメーカーを選ぶのが1番です。

他人の意見はあくまでも参考程度に留め、ちょっと高くても本当に自分が欲しいと思っている絵具を最初から購入しておくと後悔しません

初心者さんに1番おすすめなメーカーは『ホルベイン』ですが、もし他に気になっているメーカーがあるのなら絶対にそっちを買った方がいいです。

なぜなら、あなたはきっと後日その絵の具が欲しくて結局買ってしまうからです

私がそうだったように。

その他におすすめなメーカーを紹介

今回初心者さん向けにおすすめな透明水彩絵具を3つ紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

実は他にも素敵な透明水彩絵具があるのでご紹介させてください!

私が実際に購入した絵の具たちで、各関連リンク先にて色見本を載せています。ぜひ、チェックしてみてください。

ターナー専門家用透明水彩絵具

ターナーは初心者さんにもおすすめです!

大変鮮やかで透明感も優れており、使っていてすごく楽しいです。

ただ画材屋さんに中々置いておらず通販での購入になるのでおすすめ3選に選ぶことができませんでした。

個人的にすごく好きな色は『マヤブルー』と『ターコイズブルー』です。以下の記事にて色見本を紹介しています。

あわせて読みたい
ターナー専門家用透明水彩絵具18色セットの魅力と色見本の紹介 私はターナーの専門家用透明水彩絵具が大好きです。 ターナーと言えばアクリルガッシュが有名ですが、透明水彩絵具も大変透明度が高く鮮やかで高品質な絵の具です。 私...

クサカベ

和を彷彿とさせる淡い色や渋い色が豊富な日本メーカーの透明水彩絵具です。

他のメーカーさんと色の雰囲気が全然違くて、個性豊かでとても素敵な色をしています。

くうこ

個人的に国内メーカーさんの絵の具で1番好きです

ただ、こちらも画材屋さんに中々置いておらず、入手しにくい点からおすすめ3選から泣く泣くはずしました。

イラストや風景画と大変相性のいい絵の具です。

あわせて読みたい
【保存版】クサカベ透明水彩絵具全90色の色見本まとめ 私はクサカベ透明水彩絵具が大好きです! クサカベは本当に可愛くて個性豊かな色が豊富! しかも低価格でありながら高品質で発色も大変美しくて本当に本当に大好きな絵...

シュミンケ ホラダム

透明水彩絵具の最高峰と言っても過言ではないドイツの高級透明水彩絵具シュミンケ・ホラダム。

発色がとても上品で絵の具の伸びも良く、厳選された良質な材料から作られた高品質な絵の具です。

こちらは値段から見てもわかるように初心者向けではありません。

日本では永山裕子先生(@yuko_nagayama)が愛用している事で有名です。

くうこ

私はまだ初心者だった頃に、永山裕子先生に憧れて『シュミンケホラダム』を購入しました

当時初心者だった私にも、他の透明水彩絵具と明らかに透明感、瑞々しさ、発色の良さなどが違う事に気が付きました。

本当にまったく違う!とにかく上品でため息が勝手に洩れてしまうほど美しいです!

あわせて読みたい
シュミンケホラダム透明水彩絵具 全140色の色見本まとめ シュミンケホラダム透明水彩絵具のドットカードを使用して全140色の色見本を作りました! 永山裕子先生がプロデュースしたラグーンブルーも購入したので、そちらも合わ...

まとめ

初心者さんにおすすめな透明水彩絵具まとめ

  • ホルベイン透明水彩絵具
  • W&Nプロフェッショナルシリーズ
  • W&Nコットマンシリーズ

田舎の小さな画材屋さんにもこの3種類は必ずと言っていいほど取り扱っていることが多いので、店舗へ赴いて欲しい絵の具を単品で買い足すこともできます。

継続のしやすさと言う点でもこの3つの絵の具はおすすめです。

こちらの記事もおすすめ

あわせて読みたい
【透明水彩】私の推し色はコレ!おすすめの色を10色ご紹介(パレットの中身も大公開) 『クサカベ透明水彩絵具90色セット』の全色レビューが終わってひと段落ついたので、久しぶりに水彩パレットの中身を大改造しました! ずっとパレットを作り直したいと思...

少しでも透明水彩の魅力が伝われば幸いです。

それではまた次回\(^o^)/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる