W&N透明水彩絵具|コットマンハーフパン12色セットの色見本&使用感レビュー

くうこ
こんにちは、くうこです

ついに私も透明水彩デビューしました!

今回は私が透明水彩デビューに選んだ、『W&N miyaファッションガールズ 水彩セット』をご紹介します。

こちらはイラストレーターのmiya(@miyaU_U)さんとコラボしたW&Nコットマンハーフパン12色セットです。

セットに入っている透明水彩絵具は【W&Nコットマンハーフパン12色水筆付きセット】とまったく同じになります。

くうこ
W&Nコットマンハーフパン12色セットの購入を検討している方にも参考になると思います

どんな商品なのか、またどんなカラーなのか、色見本も作ったので紹介していきます。

Winsor&Newtonコットマンハーフパン透明水彩絵具

くうこ
コットマンハーフパンはキャラメルほどの大きさの固形水彩絵具です

W&N【コットマン チューブタイプ】と同じ原料を使用しています。

固形水彩絵具は保存性が高く、水を含んだ筆で簡単にさっと顔料を溶かすことができます。

コンパクトサイズで持ち運びにも便利。

Winsor&Newtonとは
W&N(ウィンザーアンドニュートン)は、1832年に科学者のウィリアム・ウィンザーとアーティスト のヘンリー・ニュートンにより創立された絵具ブランドです。
幅広い色の選択肢と優れた耐久性、そして透明度を併せもった絵具をスタンダー ドなものとしたW&Nは、世界で最も大きな画材メーカーとなりました。

プロフェッショナルとコットマンの違い

くうこ
W&N透明水彩絵具には2種類あります
W&N透明水彩絵具のラインナップ

  1. プロフェッショナル・ウォーターカラー【プロ向け】
  2. コットマン・ウォーターカラー【アマチュア向け】
それぞれの違いを簡単にご紹介します。

プロフェッショナル・ウォーターカラー

英国王室御用達の最高級水彩絵具

全96色の内ほとんどの色が「専門家用堅牢色」としてランクされており、最高級顔料を贅沢に使用した絵の具は大変発色が良く鮮やかで、尚且つ優れた耐久性を持っています。

値段は1つ約484円~825円と一般的な水彩絵具よりは多少お高めですがそれだけ品質が良いと言えます。

コットマン・ウォーターカラー

高品質&低価格なエントリーモデル

高品質な絵具を1つ220円前後という手頃な価格で購入できるので、学生さんはもちろん、絵具をたくさん消費するプロの方にも人気があります。

堅牢度が非常に高く、全40色が「専門家用堅牢度」のAAまたはAにランクされており、プロフェッショナル・ウォーターカラーと混ぜることもできます。

エントリーモデルだけど、発色の鮮やかさや美しさ、絵の具の滑らかさはプロフェッショナルとほとんど差はありません。

くうこ
今回はこちらのコットマンハーフパン固形水彩の紹介になります

コットマンは透明水彩をはじめてみたい初心者さんにおすすめです

W &N miyaファッションガールズ水彩セット

今回は【W&N miyaファッションガールズ 水彩セット】という、イラストレーターの“miya”さんとコラボした透明水彩セットを紹介していきます。

冒頭でも言いましたが、【W&N コットマンハーフパン12色水筆付き】と同じカラー内容なので、そちらの購入を検討している方の参考にもなると思います。

W&N miyaファッションガールズのセット内容


  • W&N コットマンハーフパン12色水筆付き 1セット
  • W&N ウォーターカラーマーカー ペールローズ 1本
  • ぬりえメイキングリーフレット 1部
  • miya 描き下ろしぬりえ 2枚
  • FASHION GIRLS ぬりえ 2枚
上記の他に、私が購入したセットにはお試しでコットマン水彩紙がついていました。

透明水彩をはじめたきっかけはmiyaさん

くうこ
私が透明水彩を始めようと思ったキッカケは水彩作家のmiyaさんです。
高校生の頃からずっと透明水彩に憧れていたものの、少し難しそうな印象だったので購入するまでには至りませんでした。

しかし、イラストレーターのmiyaさんの描く水彩イラストがとても素敵で、いつしか私も水彩を始めたいと思うようになりました。

そんな時、miyaさんとW&Nがコラボした透明水彩絵具セットが発売されると知り、実際にお店で偶然見かけると、そのあまりの可愛らしさに衝動買いしてしまいました。

くうこ
人生ではじめて透明水彩絵の具を購入しました

たぶん、miyaさんがコラボしなかったら未だに透明水彩デビューしてなかったと思います。

しかし、一度出会ってしまったら、透明水彩の鮮やかさ、美しさ、楽しさにどっぷりはまり、魅了されてしまいました

こんな事ならもっと早く手にしていればと、少し後悔したくらいです。

そう思わせるほど、W&Nの透明水彩絵具はとても素晴らしい画材なんです。

Winsor&Newtonコットマンハーフパン12色水筆付き

こちらが【W&Nコットマンハーフパン12色水筆付きセット】のカラーになります。

蓋を開けた瞬間の第一声が、『宝石みたいでかわいい!』です

まるで宝石箱のように美しく、使うのがもったいなくて、しばらくそのまま保管していたほどです。

しかし、せっかく購入したのだから使わない方がもったいないと思い、購入から数カ月後、ついに使用することを決意。

コットマン ハーフパンの使い方

固形水彩絵具は水を含ませた筆で撫でると、一瞬にしてサッと溶け出します。

水彩絵具はそのままだと暗い色に見えますが、実際に水に溶いて紙の上にのせてみると、想像以上に鮮やかに発色するので驚きました

くうこ
透明水彩って水で溶かすとこんなに美しく発色するんですね!

調べてみると、透明水彩は固形の時と実際の色と全然違うので水彩作家さんたちは色見本なるものを作っているとのこと。

なんだか楽しそうなので、わたしも色見本作りに挑戦してみました。

W&Nコットマンハーフパン12色セットの色見本

グラデーションになるように作ると良いという事で、それっぽくしてみました。

結構キレイにグラデーションさせることができて大満足です。

この色見本を参考に色を塗ったり、混色したりします。

とても鮮やかで発色が良い

はじめて透明水彩絵具を使用してみて驚いたのが、その色の鮮やかさ。

くうこ
透明水彩ってこんなに美しいんだと、一瞬にして心を奪われました

小学生の頃に授業で使っていた水彩絵具とは全く別の物に思えました。

学童用の絵具を使っていて1度でも『キレイだなぁ』なんて思ったことがなかったんです。

不思議に思って調べてみると、学童用の水彩絵具は、不透明水彩と透明水彩の両方の性質をもっている絵具らしいんです。

良く言えばいいとこどり、悪く言えばどっちつかずの中途半端。

だからこそ今回はじめて本物の透明水彩の発色の良さ、鮮やかさ、透明感に触れて、とてつもなく感動し魅了されてしまったんですね。

W&Nローズマダージェニュインの色見本【薔薇の香りがする絵具】

2019年2月13日

W&N三原色で色相環作ってみた(透明水彩)

2018年5月21日

12色でもたくさん色を作れるたのしさ

透明水彩絵の具は色をたくさん混ぜると濁るといいますが、2~3色までなら色を混ぜても濁りにくいです。

自分の求めている色を自分で混色できるのが透明水彩の楽しいところ。

また、偶然がもたらす混色も透明水彩絵の具ならではの醍醐味

どちらかと言うと、この偶然できた『にじみ』、『色の重なり』、『混色』などが楽しくて透明水彩が好きと云う方も多いと思います。

かく言う私もその一人。

芸術的センスがとぼしくても、透明水彩がそれを補ってくれる感じがします。

ウォーターカラーマーカー

今回のセットに含まれていた、W&Nウォーターカラーマーカーのペールローズが、人物のイラストに大いに役立ちました。

くうこ
イエローオーカーと混色させると、ほどよく肌色になるのでとても便利でした。

また単色を頬にのせると可愛らしい雰囲気になりおすすめです。

わたしは人物のイラスト目的でこちらの透明水彩絵具を購入したので、自分好みの肌色を作れるカラーがセットに入っていてラッキーでした。

もともとウォーターカラーマーカーにも興味があったので、セット内容に含まれていて本当に嬉しかったです。

水彩紙という存在を知る

今回購入したセットにはサンプル品として【W&Nコットマン水彩紙】も含まれていました。

このことにより、水彩紙に描くことの大切さを知りました。

まったくの無知からはじめたので、このセットを購入しなければ水彩紙も水張りも知らず、普通の画用紙に描いてしまい、うまく彩色できずに挫折していたと思います。

透明水彩は普通の画用紙だとあまり水を吸い取らず思うように塗れません

くうこ
水彩紙の素晴らしさをこのセットで学ばせてもらいました

水彩紙によっても描き心地、発色など全然違ってくるので、自分に合った水彩紙を選ぶことも大切です。

私はホワイトワトソン水彩紙が好き

私はセットについていた水彩紙よりも、【ホワイトワトソン】という水彩紙ととても相性がいいみたいで、ホワイトワトソン一筋になってしまいました。

もう少し上達したら高級水彩紙にも挑戦してみたいのですが、初心者のうちは安価な水彩紙で十分です。

固形水彩の塗り方がよくわかるリーフレット

【W&N miyaファッションガールズ 水彩セット】には、メイキングリーフレットが付いています。

なんとmiyaさんご本人による固形水彩の使い方、塗り方がよくわかるメイキングリーフレットなんです!

透明水彩がはじめてで、右も左もわからない私にとっては貴重な資料の一つ。

私と同じように透明水彩始めたいけど塗り方がよくわからないと言う初心者向けのメイキングリーフレットです。

プロの水彩作家さんが普段どの様に塗っているのかとても参考になりました

永山裕子水彩画法の本で私はここまで上達した

2018年5月28日

miyaさんのぬりえにチャレンジ!

実際にmiyaさんのメイキングを参考に、ぬりえにチャレンジしてみました。

このぬりえはmiyaさん描き下ろしの線画になります。

線画が素敵だから初心者の私が塗ってもなんかいい感じに見える!

改めて、このmiyaさんとコラボしたセットを購入してよかったなと実感しました。

miyaさんコラボセットは初心者さんにイチオシ!

miyaさんとコラボした『W&N miyaファッションガールズ 水彩セット』は、透明水彩をはじめたいけど塗り方がわからない、透明水彩についての知識が全くないという初心者さんに本当におすすめです。

くうこ
水彩紙がセットなので購入してすぐに始められます

初心者さんにおすすめの水彩絵の具セット3選

最後に初心者さんにおすすめのW&Nコットマンハーフパンセットを3つご紹介します。

W&Nコットマンハーフパン12色セット

ちょっとしたイラストにピッタリの色数とサイズ感。

価格もお手頃なので低価格で本格的な透明水彩絵の具を手に入れたい方におすすめです。

水筆付きなので持ち運びにも便利なセットです。

W&Nコットマンハーフパン16色セット

個人的に1番おすすめのセット。

12色セットは白と黒をのぞいたら10色と色数が少なく混色もワンパターンになりがちですが、16色セットだと色数も丁度良く混色も楽しんでできます。

小筆がセットでついてくるのも嬉しいポイント。

W&Nコットマンハーフパン24色セット

高級感のあるメタルパレットがオシャレな24色セット。

色数が24色と豊富で混色も無限大。

本格的に透明水彩をはじめたい方におすすめです。

まとめ

コットマンシリーズは本当に発色も透明感もすごく良い上に低価格なので、これから透明水彩をはじめてみた方にイチオシです。

どのメーカーの透明水彩絵具を購入しようか迷っている方は以下の記事がおすすめです。

透明水彩絵具おすすめ3選|完全初心者さん向けに選び方から解説!

2019年6月13日

もしお時間があれば合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク