【2022.7.10】HUION KIZUNAペンタブレットレビュー

アナログイラストのハイライトにはシグノホワイトがおすすめ

くうこ

こんにちは、くうこです

今回はイラストのハイライトに大人気のホワイトペンごを紹介します。

アナログ絵師様の間で大人気なホワイトペンと言えばユニボールの『シグノホワイト』です!

こちらがシグノ

シグノのホワイトが透明水彩やコピックで描いたイラストのハイライトに使えるとSNSで話題になっていたので私も買ってみました。

実際に使ってみてどうだったのか本音でレビューします!

結論から言いますと、筆や水など使わずとも簡単に髪や瞳にハイライトを入れることができてすごく気に入りました!

それではさっそくご紹介します。

もくじ

コピックのハイライトにおすすめのホワイトボールペン

今回ご紹介する『三菱 ユニボールシグノ ホワイト』はコピックや透明水彩などアナログイラストのハイライトにとっても重宝します。

プロのイラストレーターさんの愛用率も高く、その手軽さやコスパの良さからかなり評価の高い商品です。

私は『シグノ太字(1.0㎜)』と『シグノエンジェリックカラー(0.7㎜)』を購入してみました。

シグノホワイトはこんな方におすすめ

  • コピックの上にもしっかり載るホワイトが欲しい
  • 水や筆を使わないで手軽に入れられるホワイトが欲しい
  • 低価格でコスパの良い商品を選びたい
  • プロの絵師さんも使っている品質のいいホワイトを探している

シグノはボールペンタイプなので、水や筆を用意せずとも、キャップを外すだけですぐ使えるので便利です。

黒い紙の上に書いてみた

くうこ

黒い画用紙の上に書いてみました

上がシグノ太字、下がエンジェリックカラーです。

太字の方がインクの出が良いのでより濃くしっかりと下の色をカバーしています。

エンジェリックカラーは太字ほど濃くは発色しませんが、それでもしっかりと白くインクが紙に載ってくれています。

2本持っておくことで、しっかりと濃く塗りたい時は太字、細部を細かく描きたい時はエンジェリックカラーと使い分けができます♪

シグノホワイトを使ってハイライトを入れてみた

この二つのイラストは両方ともコピックで塗っています。

目と頬にハイライトを入れています。

しっかりとホワイトが載っているのがわかると思います。

多少下の色が透けて見えますが許容範囲内であり、こんなに手軽にハイライトをしっかりと入れられるので本当に買って良かったと思いました。

あわせて読みたい
ホワイトペン7つ比較!コピックイラストのハイライトに最適なメーカーはどこ? 今回はホワイトペンの発色と隠ぺい力を比較してみました! 私は透明水彩やコピックでイラストを描くのが好きなのですが、瞳のハイライトや洋服の模様などによくホワイト...

ユニボール シグノ ホワイトの特徴

シグノホワイトのココがすごい!

  • シグノシリーズは滑らかな書き心地が人気で、ストレスなくスラスラと文字が書けます
  • 粘度の高いゲルインクは、紙に書いた後ゲル状に戻ろうとするので滲みません
  • 耐水性・耐光性に優れているため、水に滲まず色あせしにくいのが特徴です

ゆえに、イラストでのハイライトにすごく相性の良いボールペンです!

耐水性で滲みにくく、色あせしにくいなんて、素晴らしすぎる!

しかもしっかりとホワイトがのる!

くうこ

書き心地も滑らかで、本当に手軽にホワイトを入れられて便利です!

ボールペンってたまに書いている途中でインクが出てこなくてイライラしたりしますが、シグノホワイトに関してはそういう事がほとんどありません。

サラサラとインクが出てきてくれるのでストレスなく使えます

今までは不透明水彩など筆でホワイトを入れていたのですが、このボールペンのおかげでわざわざ水や筆を用意しなくても気軽にハイライトを入れられるようになりました。

落書きはもちろん本格的なイラストにも使えるので本当に便利です。

くうこ

手間がかからないので時短にも繋がりますね!

コピックの上にシグノホワイトをのせてみた

実際にどんな感じなのかを写真付きで紹介したいと思います。

スケッチブックに色の濃い青、赤、黒で下塗り。

その上に、シグノホワイトで模様を描いて、本当に透けないのか検証してみました。

ゲルインクがサラサラと出てきてくれるので、書き心地が本当に滑らかで気持ちが良いです。

一度塗りだと、下の色が透けて見えます。

完全には真っ白にならないので、そこは注意が必要です。

他の色の上にも、シグノホワイトでらくがきしてみました。

特に赤い色の上に書いた場合、ピンクっぽい色になってしまいました。

二度塗りがおすすめ

すこし下の色を拾ってきてしまう時があるので、真っ白にしたい時は2度塗りがおすすめです。

私の場合、不自然に真っ白にしたくないので、程よく下の色に馴染んでくれるシグノホワイトは描いていて楽しいし、特に不満はありません。

本当に真っ白いハイライトを希望している方は、コピック公式から販売されている【コピック オペークホワイト (ブラシ付き)】の方がいいと思います。

コピック オペークホワイトは値段が高いのがネックですよね。

やはり、コスパの良さ、手軽さ、品質をトータルで考えた時『シグノホワイト』の方が扱いやすいです。

目にハイライトを入れてみた

コピックで着彩した目のイラストにシグノホワイトでハイライトを入れてみました。

こんな感じになりました。

下の色が透けて見えますが、この程度なら全然OKです。

他の所にもハイライトを入れてみました。

茶色などの濃い色の上だと、下の色が透けてしまいますが、黄色やオレンジといった少し薄い色だと全く透けませんでした

あわせて読みたい
【Juice up】金・銀・白をレビュー!シグノホワイトと比較してみた こんにちは、くうこです 今回は『Juice up』の金・銀・白のボールペンを徹底レビューします! 実は数カ月前に【くうこのイラスト帳CH(YouTube)】にて視聴者さんから『...

結論:シグノホワイトはハイライトにめっちゃ使える!

白い丸は全部シグノホワイト

ちょっとしたイラストや落書きなどには手軽にハイライトを入れられるシグノホワイトがおすすめ。

もっと透けないホワイトが良い場合は不透明なガッシュや漫画用のホワイトを使用した方が無難かも。

シグノは水や筆などを用意しなくても、手軽にホワイトを入れられるので本当におすすめです。

実際に使用してみて、その使い勝手の良さに感動しました!

購入してよかったです!

シグノのホワイトボールペン

くうこ

イラストで人気のシグノホワイトは2つあります

イラスト用太字タイプ

0.1mmの≪太字≫タイプです。

しっかりと濃く塗りたい場合におすすめです。コピックイラストにも使えて便利。

細かい描写に便利な細字タイプ

0.7mmの≪細字≫タイプです。

細部の描写に本当に便利!

シグノエンジェリックカラーが廃盤になってしまいました。まだ文房具屋さんや通販に在庫があるので気になる方はお早めに。

くうこ

実は太字よりも細字のエンジェリックカラーをよく愛用していました

廃盤となってしまって悲しいです。

エンジェリックカラーの代替え用としても使える細字のホワイトをこれから探していこうと思います。

まとめ

シグノのホワイトはしっかりと濃く発色するのでイラストのハイライトにとってもおすすめです。

廃盤になったら困るので、これからも積極的に愛用していきたいです!

こちらの記事もおすすめ

あわせて読みたい
ホワイトペン7つ比較!コピックイラストのハイライトに最適なメーカーはどこ? 今回はホワイトペンの発色と隠ぺい力を比較してみました! 私は透明水彩やコピックでイラストを描くのが好きなのですが、瞳のハイライトや洋服の模様などによくホワイト...
あわせて読みたい
金色ペン5つ比較!イラストにも使える発色と隠ぺい力を検証 こんにちは、くうこです 今回はイラスト用にゴールドペンを5つ比較してみました! 私はキラキラ輝くゴールドペンが大好きです。 メーカーさんによって輝きや色味が全然...

それではまた次回\(^o^)/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ