uni COLORでイラストの下描きをしたら画力が上がったかもしれない

イラスト、漫画原稿の下描きやアタリに人気なのが『uni COLOR ミントブルー』というカラー芯です。

私はデッサンや模写をする時、いままでは黒い鉛筆でアタリを取っていたのですが、こちらのカラー芯でアタリを取り始めてからイラストがすごく描きやすくなり、また画力も上がった気がします。

カラー芯でアタリを取るのが楽しくなり、ものすごく気に入ったので、使い方、使ってみた感想、活用法などを紹介していきます。

スポンサーリンク


消しゴムで消せるuni COLOR

【uni COLOR】の大きな特徴と言えば、消しゴムでキレイに消せるところです。

従来品は芯にワックスが含まれていたためキレイに消すことができなかったのですが、この【uni COLOR】はワックスを一切含まない為、消しゴムでキレイに消すことができます。

また改良に改良を加え、芯が折れにくくなり、更に書き心地もなめらかになりました。

アナログ絵師に消せるカラー芯が人気!

私が消せるカラー芯の存在に気が付いたのはTwitterがきっかけでした。

好きなアナログ絵師様が消せるカラー芯でアタリや下描きをしていることを公表したんです。

凄く気になったので色々と検索してみたところ、カラー芯でアタリや下描きをしている絵描きさんが沢山いることに大変驚きました。

水色の消せるカラー芯が人気の理由
POINT 1

消しゴムで簡単に消せる

消しゴムで消せるので何度でも描き直しが可能なのがすごくいいです!

本当に良く消える。

黒い鉛筆だと何度も消すと紙がしだいに黒く汚くなりますが、水色のカラー芯は消しゴムをかけても全く色が紙に残らないので原稿を綺麗に保てます

POINT 2

印刷に出にくい

uni COLORの水色(ミントブルー)はモノクロの印刷に出にくい色なので、漫画原稿のアタリ、下描きに人気です。

プロの漫画家さんも使っています。

POINT 3

清書の時キレイに描ける

こちらの水色はほどよく薄く、濃すぎず、とても見やすいです。

カラー芯で何本もガサガサと線を引いても、清書の時の黒い鉛筆線とかなり色の差があるので全然気になりません。アタリや下描きの線が邪魔にならず、清書の線だけをはっきりと捉えることができるので、清書後のバランスの違和感にも気が付きやすいです。

故に、私は画力が少し上がった気がします。

POINT 4

書き味が良い

やはり書き心地がよくなければここまで支持されていないと思います。

こちらの芯は柔らかめで、紙に引っかからず、なめらかにサラサラと書けます

私的にもこのなめらかな書き心地が大変気に入り、今ではなくてはならない存在です。0.7mmは廃盤になってしまったようですが、0.5mmは廃盤にならないようにこれからも積極的に買い続けたいです。

使用者が感じたちょっと残念な点
残念POINT 1

芯の減りが早い

芯が柔らかいのでその分減りが早いです。

実際に使ってみて私もそれを実感しました。

普通のシャー芯と比べるとコスパは少し悪い印象ですが、それでもこの芯をあえて使う絵師さんが多いということは、デメリットよりもメリットが高いということだと思います。

残念POINT 2

芯が折れやすい?

芯が柔らかいので折れやすいという感想がよく聞かれます。
私は筆圧が結構強い方ですがまだ芯が折れたことがないので、もしかしたら芯を出し過ぎということもあり得ます。

面倒かもしれませんが筆圧が強い人はあまり芯を出さずに、こまめに少しずつ芯を出して描く方がいいかもしれません。

残念POINT 3

色が薄い

私的に色はこのくらいがちょうどいいと思ったのですが、中には色が薄すぎるという意見もちらほらあります。

光りの反射で色が見えなくなることはありますが、カラー芯を消さずにそのまま上に鉛筆などで清書することを考えると、このくらいの薄さが丁度いいように思います。

スポンサーリンク


ナノダイヤと書き比べてみた

【ユニ ナノダイヤ カラー芯】にもミントブルーがあるのですが、何故かアナログ絵師さんたちには【uni COLOR】の方が人気です。

その理由を確かめるべく、実際に書き比べしてみました。

私個人の主観がかなり入りますので、参考程度にとどめて頂けたらと思います。

色の濃さ

uni COLORと比べるとナノダイヤの方が薄いです。

ナノダイヤは個人的にはちょっと薄すぎる印象なので、見えにくいかなと思いました。

芯の柔らかさ

uni COLORは柔らかめですが、ナノダイヤは硬めです。

消しゴムをかけると両方とも色がしっかりと綺麗に消すことができました。しかし、芯が硬いナノダイヤは書いた線のあとが溝となり、くっきりと残ってしまいました。

ただ、芯が硬い分ナノダイヤの方が折れにくくなります。

書き味、書き心地

書き味はどちらも良いと思いますが、uni COLORの方が芯が柔らかい分、なめらかにサラサラと線が引けるのでとても書き心地がいいです。

私的にはイラストレーションにはuni COLORの方が描き心地がいいのでおすすめです

uniの消せるカラー芯|アナログイラストの下描き・線画に使える

2018年5月22日

『uni COLOR ミントブルーを使って実際に描いてみた

丸く顔のアタリを取ってから、ガシガシと筆圧強めで描いてみました。

顔の輪郭など、何度か消しゴムで消したのですが全然色が残っていません。

筆圧を弱くするとその分色も薄くなるので、顔の正中線などは筆圧弱めに線を引いています。

スキンヘッドにアタリを取ってから髪の毛を描いていきました。

何度か線を消しましたが紙が全然黒くならなくて良いですね。白い紙を保てます。

下描きが終わったので鉛筆で清書しました。

水色の線が薄いので、鉛筆で清書しても全然気になりません。しっかりと鉛筆の線だけが目に入るのでデッサンの狂いなども見つけやすくなり、結果、画力が上がると思います

この絵の場合、髪の毛の形が変なことに気が付きました。

アタリの線も黒い鉛筆で描いていたら、気づけなかったかもしれません。

デッサンや模写のあたりに重宝

私はいままで、デッサンも模写もすべて黒い鉛筆1本で描いてきました。

アタリを描いて、それを練り消しで薄く消して、そのアタリを頼りにデッサンや模写をしていました。

けど、そうするとどうしてもアタリと線画がごちゃ混ぜになって汚く見えたり、目の錯覚でバランスの崩れに気づけなかったりして、中々画力が上がらないことにすごく悩んでいました。

下描きと清書をしっかり区別できてから画力が上がった

しかし、下描きをミントブルー、清書を黒の鉛筆と分けてから、しっかりと清書した線のみを捉えることができ、デッサンの狂いに気が付きやすくなりました。

洋服を着たモデルさんの写真でも、ミントブルーのカラー芯で、裸を想定してアタリをとり、そこから服を肉付けしていくことができるようになり、人体と服の構造が少しずつですが理解できるようになってきました。

私は服を着たイラストを描くのがすごく苦手で、裸の素体を描いて、その上に洋服を着せていくという描き方をすると、どうしても下手になってしまうことに悩んでいたんです。

ですが、デッサンや模写の時、カラー芯で見えない服の下の部分(素体)を想像でアタリを取ってから模写をしてみると、停滞していた画力が少しずつですが、上がってきたように思います。

デッサンや模写の時に、素体を意識して描けるようになると、オリジナルでイラストを描くとき、素体に服を着せ、服にどの様なシワができるかなど想像で描けるようになってきました。

もちろん、まだまだイラストは下手ですが、それでも前に比べてかなり良くなったと思います。

私と同じように、デッサンや模写をしても最近画力が全然上がらない、オリジナルイラストを描くと下手になるという方は、デッサンや模写のときも、カラー芯でアタリとるようにすると良いかもしれません。

『uni COLOR ミントブルー』は書き心地が本当にいいのでイラストの練習にもストレスにならずおすすめです。

パイロットのカラー芯カラーイーノ全8色を比較&長所と短所を辛口紹介

2018年9月26日

PILOTのカラー芯は水に溶けるので水彩画のアタリ・下描きに便利!

2018年9月14日

uni COLOR ミントブルーが廃盤!?

ここまで熱弁してきた【uni COLOR ミントブルー】ですが、残念なことに廃盤になってしまいました。

uniによると【uni COLOR ミントブルー】が廃盤になるかわりに、今回比較してきた【uni ナノダイヤ カラーミントブルー】が後継者になるようです。

けれど、書き味が全然違うので、わたし個人の意見としては全然良い所が受け継がれてなくて使いにくいという印象です。

そこでわたしが新たに『これめっちゃ書き心地よくて最高じゃん!』て思ったのが【PILOT ネオックス カラーイーノ】です。

PILOTのカラー芯は消しゴムでキレイに消える上に、芯がやわらかくとても書きやすいので、イラスト制作とも相性抜群です。

実際に【パイロットのカラー芯カラーイーノ全8色を比較&長所と短所を辛口紹介】と言う記事で、詳しくレビューしているので、こちらもチェックしてみてください。

正直、uni COLORのミントブルーが1番書き心地が良かったので廃盤になってしまい本当に哀しいです。

まだ在庫が店舗に残っているところもあるようなので、もし文房具屋さんで見かけたら全部買い占めてストックしておこうと思います。

フリマアプリにも出品されているので、もし気になる方は検索してみてください。廃盤になったとは言え値段も平均的な価格で取引されているのでフリマアプリで購入するのもありだと思います。

スポンサーリンク