水色の消せるカラー芯でイラストのアタリを取ってから画力アップしたかもしれない話

くうこ
カラー芯でイラストの下描きをしたら画力が上がったかもしれない

と言うことで、今回ご紹介するのは『uni COLOR ミントブルー』というカラー芯です

私はデッサンや模写をする時、いままでは黒い鉛筆でアタリを取っていたのですが、水色のカラー芯でアタリを取り始めてからイラストがすごく描きやすくなりました!

また画力も上がった気がします!

カラー芯でアタリを取るのがすごく楽しかったので、使い方や使ってみた感想、そして活用法などを紹介していきます。

スポンサーリンク


消しゴムで消せるuni COLOR

くうこ
カラー芯の素晴らしい所は何度も消しゴムで消せるところですよね

昔は水色の色鉛筆でアタリと取る方が多かったですが、今は水色の消せるカラー芯が人気です。

また従来のカラー芯にはワックスが含まれていたためキレイに消すことができなかったのですが、最近のカラー芯はワックスが一切含まれていないので消しゴムでキレイに消すことができます

uni COLORの後継品はこれ!

くうこ
実は今回紹介するuni COLORのミントブルーは廃盤となりました

とっても悲しい…。

けど安心してください。『uni COLORのミントブル』の後継品はこちらの【ユニ ナノダイヤ カラー芯 0.5mm ミントブルー】です。

改良に改良を加え芯が折れにくくなり、更に書き心地もなめらかになりました。

uni COLOR ミントブルーを使って実際に描いてみた

丸く顔のアタリを取ってから、ガシガシと筆圧強めで描いてみました。

顔の輪郭など、何度か消しゴムで消したのですが全然色が残っていません。

筆圧を弱くするとその分色も薄くなるので、顔の正中線などは筆圧弱めに線を引いています。

スキンヘッドにアタリを取ってから髪の毛を描いていきました。

何度か線を消しましたが紙が全然黒くならなくて良いですね。

紙の白さを保ててます。

くうこ
下描きが終わったので鉛筆で清書しました

水色の線が薄いので消さなくても全然気になりません。

しっかりと鉛筆の線だけが目に入るので本当にアタリや下描きに便利です。

アタリも黒い鉛筆だとどこが主線かわからなくなる時もあったり、ごちゃごちゃした印象になりますが、下描きが水色だと主線がわかりやすくて絵もキレイに見えます

何だかちょっといつもより絵が上手く見える^^

水色の消せるカラー芯が人気の理由3つ

カラー芯はアナログで絵を描く漫画家さんやイラストレーターさんも愛用している方が多いです。

そこで、なぜアナログ絵師さんに人気なのかその理由を3つご紹介します。

1、消しゴムで簡単に消せる

当たり前ですが、消しゴムで簡単に消せる所がとにかく便利!

何度でも描き直しができるので助かります。

本当に良く消えます。

黒い鉛筆は何度も消すと紙がしだいに黒く汚くなりますが、水色のカラー芯は何度消しゴムをかけても全く色が紙に残らないので原稿を綺麗に保てます

2、印刷に出にくい

uni COLORの水色(ミントブルー)はモノクロの印刷に出にくい色なので、漫画原稿のアタリ、下描きに人気です。

プロの漫画家さんも使っています。

わざわざ消しゴムで下描きを消さなくて済むので時短にもつながります。

3、アタリ、下描きに本当に便利!

水色のカラー芯はほどよく薄く、そして濃すぎずちょうどいい色味です。

故にイラストのアタリや下描きと相性が良い!

しかも描き心地もなめらか!

長時間絵を描いていても手が疲れにくくて助かります。

実際に使ってみて残念に感じたポイント

では、私が実際に使ってみて良かった点、ちょっと残念に思った点もご紹介します。

まずはちょっと残念に感じた点を3つご紹介します。

芯の減りが早い

くうこ
芯が柔らかいのでその分減りが早いです

本当に結構すぐに芯がなくなっちゃいます。

確かに普通の黒いシャー芯と比較するとコスパは悪くなりますが、それでもアタリや下描きに便利なのでコスパが悪くても私は使い続けます。

意外と芯が折れやすい

従来品よりも芯が折れにくいと公式HPに書かれていましたが、実際に使ってみると案外折れやすい。

くうこ
たぶん私の筆圧が強いのが問題だと思いますが

筆圧が強いとポキポキ折れちゃうので、筆圧は弱めに、そして芯の出しすぎに注意して描けば折れる回数を減らせます。

色が薄い

私的に色はこのくらいがちょうどいいと思ったのですが、中には色が薄すぎるという意見もちらほらありました。

カラー芯を消さずにそのまま上に鉛筆などで清書することを考えると、このくらいの薄さが丁度いいように思います。

ここは人それぞれ意見が分かれるところなので実際にご自身で試すしかないです。

実際に使ってみて良かった点

くうこ
私はいままで、デッサンも模写もすべて黒い鉛筆1本で描いてきました

黒い鉛筆でアタリを描いて、それを練り消しで薄く消して、そのアタリを頼りにデッサンや模写をしていました。

けど、そうするとどうしてもアタリと線画がごちゃ混ぜになって汚く見えたり、目の錯覚でバランスの崩れに気づけなかったりして、中々画力が上がらないことにすごく悩んでいました。

下描きと清書をしっかり区別できてから画力が上がった

しかし、下描きをミントブルー、清書を黒の鉛筆と分けてから、しっかりと清書した線のみを捉えることができ、デッサンの狂いに気がつけるようになりました。

例えば、洋服を着たモデルさんの実写を模写する時、

  1. 水色のカラー芯で大まかに素体のアタリを取る
  2. 描いた素体に服のアタリを描き加える
  3. 黒い鉛筆で清書する
と言う方法で絵の練習をするようになってから、人体をバランスよく描けるようになりました。

本来見えない服の下の部分(素体)を先にカラー芯でアタリを取ってから模写することで、ちゃんと視覚でバランスや比率を意識できるようになったんだと思います。

くうこ
停滞していた画力が少し上がって嬉しいです

もちろんまだまだイラストは下手ですが、それでも前に比べてかなり良くなりました。

私と同じようにデッサンや模写をしても最近画力が全然上がらない、オリジナルイラストを描くと下手になるという方は、カラー芯でアタリとるようにするとバランス感覚が身について画力が向上するかもしれません。

くうこ
ちなみに私のイラスト上達過程は以下の記事で紹介しています

イラスト初心者が1年間でここまで上達した理由と練習方法

2019年7月25日
スポンサーリンク


廃盤と後継品のナノダイヤを比較してみた

冒頭でも言った通り、『ユニカラー ミントブルー』は廃盤となりました。

そして後継品として『ナノダイヤカラー』が登場しましたが、書き味は同じなのか気になったので比較してみました。

色の濃さ

uni COLORと比べるとナノダイヤカラーの方が薄いです。

ナノダイヤは個人的にはちょっと薄すぎる印象なので、見えにくいかなと思いました。

個人的に色味は廃盤してしまったのユニカラー好きです。

芯の柔らかさ

uni COLORは柔らかめですが、ナノダイヤは硬めです。

消しゴムをかけると両方とも色がしっかりと綺麗に消すことができました。しかし、芯が硬いナノダイヤカラーは書いた線のあとが溝となり、くっきりと残ってしまいました。

書き味、書き心地

書き味が従来品と全然違います!

書き味比較

  • 【廃盤】柔らかくてなめらか
  • 【後継品】なめらかだけど硬い

廃盤のuni COLORの方が芯が柔らかい分、なめらかにサラサラと線が引けるのでとても書き心地がいいです。

くうこ
ナノダイヤカラーは芯が硬くて個人的には廃盤のユニカラーの方が好きです

と言うことで、ユニカラーのミントブルーをまとめ買いしちゃいました!

お店にある分で終了とのことで、もしかしたらまだ販売しているお店があるかもしれないので気になる方は探してみてください。

最近はPILOTのカラーイーノがお気に入り

後継品のナノダイヤカラーの硬い書き心地があまり好きではなかったので、他のメーカーさんのカラー芯も試してみたところ、

パイロットのカラーイーノがすごく良かったです!!

廃盤してしまったユニカラーと似た柔らかさ!

なめらかな書き心地も気に入って、全色購入しちゃいました!

実際に使ってみた感想は以下の記事でご紹介しています。

【PILOTのカラー芯】カラーイーノ全8色徹底レビュー!イラスト用におすすめ

2018年9月26日

まとめ

正直、uni COLORのミントブルーが1番書き心地が良かったので廃盤になってしまい本当に悲しいですが、新しく『カラーイーノ』と言うカラー芯に出会えたので良かったです。

カラー芯はイラストや漫画のアタリ・下描きにすごくおすすめです。

よかったら試してみてください。

スポンサーリンク