トレース台の使い方|1700円の安いトレース台でトレスしてみた

くうこ
今日はトレース台の使い方と活用法をご紹介します

この度、初めてトレース台を購入しました!

そのお値段なんと1,699円!!

Amazonで売られている安い薄型のLEDトレース台の実力を検証しながら使いかもご紹介します。

記事の内容

  • トレース台の活用例2つ
  • トレース台の使い方
  • 実際にトレースしてみた感想
  • 水彩紙にも複写できるのか検証
今回はトレース台の使い方や活用例を分かりやすく紹介していきます

スポンサーリンク

薄型トレース台の使い方と実力を検証

今回わたしが使用したのは【Etpark トレース台 LED A4サイズ】です。

通常価格が当時2,480円だったのですが、たまたまセールを行っている時に購入したので、私は1,699円という安さで手に入れることができました。

安いトレース台でも水彩紙のような厚口の紙にしっかりトレースできるのか、【LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた】と言う記事で徹底的にレビューしています。

LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた

2018年6月12日

トレース台とは

トレース台は主に絵や原稿を複写(トレース)するための道具です

くうこ
ライトボックスとも言います

例えば、コピー用紙にイラストを下描きし、それをスケッチブックや水彩紙など厚口の紙に描き写したい時にトレース台を使用します。

アナログで絵を描く方にとっては、あると便利な道具なんです。

文字で伝えるには限界があるので、トレース台が一体どういった物でどうやって使うのかを動画や写真も交えて解説していきます。

実際にトレース台を使って描いてみた


今回使用するトレース台の紹介と、実際にトレース台を使ってイラストを描いてみた動画をアップしました。

トレース台の使い方がわからない方は動画もチェックしてみてください。

トレース台の活用法&メリット

くうこ
今回は私が普段から使っているイラスト制作に便利な活用法を2点紹介します

活用例その1:イラストの歪み、バランスのチェック

イラストを描いていると、『なんか違和感を感じる』なんてことたまにありませんか?

私は毎回あります。

それはイラストに歪みが生じているからなんです。

イラストを左右反転させると、その違和感、歪みに気づけます

また、まったく気にしていなかったところが、すごい変だったことにも気づけるので、イラストは左右反転させながら描くことが大切です

デジタルでイラストを描く場合は、画像を簡単に左右反転させることができますが、アナログだとそうはいきません。

トレース台がない時にやっていた反転方法

  1. 紙を太陽光や部屋の明かりに当てて裏から透かして見る
  2. スマホで写真を撮って、画像編集ソフトを用いて左右反転させる
わたしはアナログでイラストを描く時は、たいていスマホで写真を撮り、画像を反転させる方法で歪みをチェックしていました。

何度も何度も繰り返しその作業をするので、正直アナログでイラストを描くのに疲れてきました。

トレース台が左右反転に役に立つ

けれどトレース台を購入したことで、簡単に歪みをチェックすることができるようになりました。

トレース台の上にイラストを裏返しにのせ、左右反転させることで、歪み、バランスを簡単に確認することができます

変なところは裏から線を引き直し、表面にして、今度は裏に引いた線をなぞればOK!

くうこ
初心者さんはこの歪みに気づくことが中々できません

プロの方でも頻繁に左右反転をしてバランスをチェックしているので、初心者さんが気づけないのは当然のこと。

トレース台でイラストを左右反転し、気づいて直すをくり返すことで、次第に左右反転させなくても歪みの無い、バランスの取れたイラストが描けるようになります。

左右反転は画力アップに繋がります!

活用例その2:下描きを清書用の紙に描きおこす

くうこ
トレース台を使うことで、紙を傷めずにペン入れができます

一般的にトレース台は絵や写真を別の紙に描き写すために使用しますよね。

わたしの場合は下描きしたイラストを本番用の水彩紙に清書するために使用しています。

水彩紙などは何度も描いたり消したりをくり返すと紙が傷んでしまいますよね。

まずは適当な紙に下描きをし、そのあと本番用の水彩紙にトレース台を使って描き写すことで、水彩紙を綺麗に保ったまま彩色できるので大変重宝しています。

漫画原稿の清書にもおすすめ

プロの漫画家さんの中にはトレース台を使って漫画を描いている方もいらっしゃいます。

例えば、まず適当な紙に下描きをして、そのあとトレース台を使って原稿用紙に清書していきます。

こうすることで原稿を傷めずにペン入れができ、またなめらかな線が引けて便利です。

スポンサーリンク

トレース台の使い方

今回、Amazonにて1700円で購入した【Etpark トレース台 LED A4サイズ】と言う、薄型のLEDトレース台を使って下描きを線画に描きおこしてみました

こちらのトレース台、安いのにしっかりと複写できる優れものなんです。

300gの分厚い水彩紙にもしっかりとトレースできるのでおすすめです。

以下の記事で詳しくレビューしています。

LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた

2018年6月12日

トレース台を使ってイラストを複写してみた

くうこ
こちらはコピー用紙に描いたイラストです

今からこのイラストを本番用のスケッチブックに複写していきます。

使用したスケッチブックはマルマン図案スケッチブック並口です。

くうこ
下描きしたイラストの上にスケッチブックを重ねてトレース台の電源をつけます

トレース台の明かりをつけると綺麗に下のイラストが透けて見えます。

今回は一番強い光りでトレスしていきます。

光りが強いはずなのに、全然眩しくなくて、快適にトレスできます。

今回はじめてトレスしてみて思ったのが、下の線をそのままなぞるの結構難しい!

ペン入れって難しいですけど、ペン入れ同様にトレスも下描きの良さを無くさないように写すのがすごく難しかったです。

これは意外と練習が必要かもしれません。


時々紙をめくって下描きの線を確かめながらトレスしていくと上手く描けます。

すこしアレンジを加えながらトレスしてきました。

完成しました\(^o^)/

撮影しながらだったので上手く複写できませんでした。この後もう一度同じイラストを複写し直して完成です。

トレースしたイラストにペン入れしてみた

トレスし直したイラストにペン入れしました!

せっかくなのでコピックで着彩してみました!

とっても楽しかったです^^

実際に使っているところを動画でお届け

今回紹介したトレース台、購入から1年たった現在も壊れることなく普通に使えています!

実際に使用している所をTwitterにアップしました。

良かったら見てくださるとうれしいです。

はじめてな方は安価なLEDトレース台がおすすめ

今回私はAmazonで購入した【Etpark トレース台 LED A4サイズ】を使用しましたが、約1700円と安いのにすごい使いやすくて大変気に入りました。

くうこ
水彩紙にもしっかりとトレースできるのでおすすめです

下描きをそのままトレスするのは正直難しかったのですが、繰り返し練習したら下描きの良さを活かしたまま写せるようになりました。

これからも継続してトレース台を活用していきたいです。

トレース台は一つあると本当に便利な上、Amazonだと1500円~2500円ほどで購入できるので、ぜひ試してみてください。

おすすめのトレース台はこちらの【LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた】で紹介しています。

LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた

2018年6月12日

水彩紙にもトレースできるか詳しくレビューしました

Amazonに売られている安いトレース台で本当に水彩紙にも複写できるの??

って疑問に思われている方もいると思うので(私がそうでした)、実際に厚口用紙にもトレースできるのか検証してみました。

こちらの【LEDトレース台|安くてもしっかりトレスできるか検証してみた】で詳しく検証しています。

まとめ

今回はトレース台の使い方をメインにご紹介しました。

ちなみに、

いま現在はGAOMONのB4サイズのトレース台を愛用しています!

トレース台B4サイズでコスパ最強なのはこれ!水彩紙にもトレスできる

2019年8月25日

GAOMONのトレース台がとっても安いのに高機能で驚きました!

上記記事にて徹底レビューしているので、お時間のある時に読んでくださると嬉しいです。