水彩色鉛筆の基本的な使い方を6つ紹介します

水彩色鉛筆をはじめたいけど塗り方がわからない、基本的な使い方が知りたい。

そんな方に水彩色鉛筆の基本的な塗り方を6つ紹介します。

この6つを知っておけばOK!

私も最初の頃はこの画材をどう扱えばいいのか分からず悩んだ時期もありましたが、この6つの技を知ってから、表現の幅が広がってイラストを彩色するのがものすごく楽しくなりました。

是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


水彩色鉛筆の使い方

今回紹介するのは基本中の基本、6つ技法です。

これさえ知っておけば水彩色鉛筆で様々な表現が可能となり、とても楽しく絵を描くことができます。

基本的な使い方

  1. 乾いた紙の上に直接描く
  2. 水筆で溶かす
  3. 紙の上で混色させる
  4. 芯から直接筆で色を取る
  5. パレットに取って混色させる
  6. 濡れた紙の上に直接描く
意外と簡単なので実際にやってみましょう。

水彩色鉛筆に最低限必要な道具

水彩色鉛筆で絵を描く場合、最低限必要な画材が3つあります。

1、水彩色鉛筆
2、筆、水筆
3、水彩紙
簡単に一つずつご紹介します。

水彩色鉛筆
まずは水彩色鉛筆ですね。

メーカーはどこのものでも構いません。
日本では【ステッドラー カラトアクェレル】と【ファーバーカステル】が人気なのでこの2メーカーを抑えておけば問題ありません。

今回わたしが使用したのは【ファーバーカステル アルブレヒト デューラ水彩色鉛筆】です。

水彩色鉛筆は24色以上のセットを購入するのがおすすめ!

混色するにしても12色だと限度があり、毎回おなじパターンの色で塗る羽目になりますが、24色セットや36色セットなら混色の幅が広くなり様々な表現が可能になります。

最初は100円均一のものでもOK!
初心者さんは100円均一のものでも構いません。
今回紹介する6つの方法は100均の水彩色鉛筆でも同じように描けます。
ただ、芯の固さ、描き心地、発色の良さなどは全然違います。品質に関しては圧倒的に差があるので、慣れてきたらちょっと高級な物へと切り替えましょう。世界が広がります。
筆・水筆
created by Rinker
ステッドラー
¥318 (2019/05/19 15:01:08時点 Amazon調べ-詳細)
筆は水彩色鉛筆を水で溶かすときに必要になります。

一般的な馬毛などの筆や、軸の部分に水を入れられる水筆タイプがありますがどちらでも構いません。ご自身が使いやすい方を選んでください。

因みに私は両方使用しています。

また筆タイプの場合は筆をゆすぐ【小型筆洗】も必要になります。

筆洗いは使わなくなったマグカップやジャムが入っていた瓶などで代用可能です。

水彩紙
マルマン スケッチブック】でも大丈夫ですが、わたしは個人的に水彩紙をおすすめします。

水彩紙は水をよく吸い込んでくれるので、透明水彩絵具で描いたかのような表現が可能です

スケッチブックは水を吸収しにくく滲みやぼかしと言った表現が上手くいかないこともあるので、初心者さんだからこそ水彩紙を使用した方が良いと思います。

私がまだ初心者だった頃、スケッチブックで練習していたら全く上手く描けなくて悩んでいた時期がありました。けど、思い切って紙を水彩紙に変更したらものすごく上手に塗れるようになったんです。

紙選びって大事だなって気づかされました。

初心者さんにも扱いやすいおすすめの水彩紙

以上2点の水彩紙はコスパも良いので練習に最適です。

ホワイトワトソン水彩紙とダイソーのマルマンスケッチブック買った

2018年5月29日

水彩色鉛筆の基本的な塗り方を6つ紹介

前置きが長くなってしまいましたが、早速、基本的な塗り方を6つ紹介していきます。

1、乾いた紙の上に直接描く

基本中の基本、乾いた紙の上に直接色を置く。

これは普通の色鉛筆と同じ塗り方ですが、あとで水で伸ばすので全体的に色を置いたり、ムラがなくなるように色を何度も重ねる必要はありません

2、水筆で溶かす

先ほど描いたイラストを水筆でなでると、色がどんどん溶けて水彩画のようになります。

そっと撫でただけで簡単に溶けるのでとても楽しいですよ。

また伸びも良いので少量の色でもムラなく広範囲に塗ることができます

3、紙の上で混色させる

紙の上で直接2色を重ね塗りし、そのあと水筆でなでると2つの色が混ざり合い、違う色へと変化します

水彩色鉛筆の面白い所は、塗る順番、塗る量によっても様々に色が変化するところ。

最初は思い通りの色にならなくても、慣れてくると次第にイメージした色へと近づけるようになれます。

偶然できた思いもよらない美しい混色に一喜一憂するのも水彩色鉛筆の醍醐味です

最初は2色までに留めよう
水彩はたくさん色を混ぜれば混ぜるほど色がどんどん濁って汚くなります。

3色以上を混ぜると濁ってしまうこともあるので、慣れないうちは2色からはじめてみましょう。

4、芯から直接筆で色を取る

筆を使って芯から直接色を取り彩色します。

これは固形の水彩と同じ塗り方ですね。

筆に色を取ったら乾いた紙に色を塗る(ウェットオンドライ)、または濡れた紙に色を置くようにして塗る(ウェットインウェット)。

この塗り方で、水彩色鉛筆でも、透明水彩のような繊細で表現豊かなイラストが楽しめます。

5、パレットに取って混色させる


芯から直接色を取り、パレットの上で2つの色を混色させることもできます。

こちらも固形水彩と同じ塗り方ですね。

最初の頃は水彩色鉛筆の色数も少ないと思いますので、欲しい色がない時は積極的に混色させましょう。

パレットは百均の物で大丈夫です。梅皿など小さいものも便利なのでおすすめです。

6、濡れた紙の上に直接描く

濡れた紙の上に直接芯をつけて描くと、色が濃くはっきりとのります。

乾いた紙に描くときと雰囲気がガラリと変わるので楽しいです。

線画のアクセントになる

濡れた紙に直接描くと、しっかりと色がのるのでイラストのアクセントになります。

下手で恐縮ですが、こちらのりんごは透明水彩で彩色し、輪郭線を赤い水彩色鉛筆で描いています。紙が濡れている時に描いたので輪郭線が濃くはっきりと見えます。

淡い色の透明水彩画でも、水彩色鉛筆を効果的に使うことで、メリハリのある彩色が楽しめます。

永山裕子水彩画法の本で私はここまで上達した

2018年5月28日

初心者でも透明水彩でりんごをそれっぽく描くコツ

2018年5月24日

初心者さんにおすすめの技法書

created by Rinker
¥1,512 (2019/05/19 12:20:29時点 Amazon調べ-詳細)
今回紹介した技法以外にも水彩色鉛筆は様々な使い方があります。

こちらの【はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編】は独学で0から水彩色鉛筆をはじめようと思っている方にも大変親切に分かりやすく使い方を紹介されています。

この1冊があれば可愛いイラストから風景画まで描けるようになるのでかなりおすすめの本です。

透明水彩はリラックス効果も得られる

水彩色鉛筆の基本的な6つの技法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

どれも簡単な塗り方なので直ぐにでも実践できるかと思います。

ただ、最初からプロのような塗りは難しいので、まずは簡単なモチーフからはじめてみましょう。

また【大人の塗り絵】の人気はいまだ衰えず、静かなブームが継続されています。そういう物で塗りの練習をすると楽しく上達できます。

大人の塗り絵はリラックス効果があるとされ、「アートセラピー」としてストレス解消にもおすすめです

created by Rinker
¥1,296 (2019/05/19 15:50:59時点 Amazon調べ-詳細)
水彩色鉛筆は発色が本当に美しく、色を見ているだけでも幸せな気持ちになるので、今では私の精神安定剤になっています。

今回は基本的な塗り方を6つ紹介しましたが、芸術は自由です。

水彩色鉛筆はこう塗らなきゃいけない、なんてことはなく、固定概念に捕らわれず、あなたの好きなように自由に表現するのが1番です

透明水彩絵具や水彩色鉛筆は小学生~お年寄りの方まで誰にでも簡単に扱える画材です。

色がキレイでとても癒されるので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク