ホルベイン水彩アルミパレットの特徴と購入してみた感想

私は普段プラスチック製のパレットを使用しているのですが、本格的に水彩をはじめたくなり、丈夫で見た目もカッコいいアルミ製のパレットへと切り替えることにしました

なぜプラスチック製からアルミ製へと切り替えたかと言うと、私はこの様な症状に悩んでいました。

プラスチック製パレットの悩み

  • 仕切りが少ない
  • 水を弾いてしまう
  • パレットに色が沈着してしまう
  • パレットが軽すぎて少し筆で触っただけでも動く
  • ちょっとした衝撃で破損してしまう恐れがある
1番の悩みは水を弾いてしまうことでした。

沢山パレットに水を入れているのにも関わらず、筆をパレットから離した瞬間、水が弾かれてどこかへ行ってしまい上手く混色できなかったり、筆の水分量の調節も難しかったりとかなり不便でした。

もっと快適に透明水彩を楽しみたい!

その思いから、水を弾きにくく、色移りしにくい丈夫で軽量なアルミパレットを購入しました。

なにより見た目がお洒落でカッコいいのですごく愛着が湧きます!

今回わたしが選んだのはホルベインの【水彩パレット No.80】です

サイズも大きすぎず、仕切りが26個と丁度よかったのでこちらを選びました。

さっそく詳しくレビューしていきます。

スポンサーリンク


Holbein 水彩アルミパレットNo.80

商品詳細
【品名】ホルベイン水彩パレット No.80
【材質】アルミ製焼付塗装
【サイズ】W252×D225mm
【仕切り】26個
こちらはホルベインの【水彩パレット No.80】です。

なぜこちらを選んだのかと言いますと、仕切りの数とサイズ感が1番自分に適していたからです。

アルミパレットにはSサイズ、Mサイズ、Lサイズがあり、この【No.80】はMサイズになります。

Lサイズは本当に大きくて私の机の上には置けそうにありませんでした。

『水彩パレット No.80』は仕切りが26個と丁度良く、また混色スペースも広いので十分のびのびと絵を描くことができます。

Lサイズは本当に大きいので、必ず1度は画材屋さんに行って実物を見た方が良いです

ここが気に入って購入した

  • 仕切りが26個と丁度いい
  • 仕切りが深く絵の具をたっぷり入れられる
  • 混色スペースが広くて便利
  • W252×D225mmと適度なサイズ感
  • 太い筆でも絵の具を取りやすい
created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥2,100 (2019/08/17 18:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

アルミパレットの外観と内装

二つ折りにした時の外観です。

黒のメタリック感がオシャレでカッコいいです。

手に取るとプラスチック製の時には感じえなかった重量感、ひんやりとした質感、高級感を得られます。

重量があると言ってもこちらは軽量アルミなので、鉄製と比べものにならないほど軽く、持ち運びにも大変便利です。

広げてみるとこんな感じ。

本当に黒くキレイに塗られているので、自分の顔がよく見えます。

鏡にもなる^^

指を入れる所もあるので野外スケッチにもいいですね

ただ私は家でしか使わないので、正直この指を入れる穴が無い方がいいな、なんていつも思っています。

この穴が無ければその分混色できるスペースが広がりますから、穴がないバージョンのアルミパレットも発売してくれたらうれしいです。

1マス1マス仕切りが広いので、絵の具をたっぷりパレットに出しておけます

このくらい広いと10号以上の筆でもらくらく絵の具を取れます。

例えば、この仕切りが狭いと太い筆で絵具を取ろうとした時、隣に穂がはみ出してしまい意図せず絵の具が混ざってしまうこともあるんです。

これだけ広ければ欲しい色だけをダイレクトに筆で取ることができるので快適です。

深さは約8ミリ前後です。

8ミリもあれば大量の水をパレットに入れても溢れることなく快適に混色できますね。

縁を使って筆の水調節ができる!

混色するとき、筆についた余分な水を払うために仕切りの出っ張りで水を切りますよね。

ただ、メーカーによってこの仕切りの山がなだらかな物があり、筆の水が全く切れないパレットもあるんです。

ホルベインのパレットは写真のようにしっかりと筆の水をそぎ落とすことができます

これがすごくありがたい。

筆の水分調節も快適にできるので、絵を描いていて全然ストレスになりません。

水を弾きにくいからしっかり混色できる

ホルベインのアルミパレットは水を弾きにくいです!

プラスチック製のパレットの場合、筆をパレットから離した瞬間、水がどこかへ行ってしまった…なんてことありますよね。

ホルベイン製のアルミパレットは水を弾きにくいのでしっかりと混色できます

もう水を弾く症状に悩まなくて済むのかと思うと、プラスチック製からアルミ製に切り替えて本当に良かったと思えます。

確かに値段が高いのですが、その分快適に水彩を楽しめるのでおすすめです。

ターレンスのアルミパレットSサイズと比べてみた

ホルベイン製のアルミパレットとターレンス製のアルミパレットSサイズと比較してみました。

MサイズとSサイズでこんなに大きさが違います

Sサイズは本当にコンパクトでかわいいです。

二つを重ねてみました。

ふだんターレンスのパレットはサブとして愛用しています。

ターレンスのアルミパレットの使いやすさに感動し、完全に魅了されてしまったわたしは、メインで使っているプラスチック製のパレットもアルミ製にしたくて今回【ホルベインのNo.80】を購入しました。

本当は30仕切りのパレットが欲しかったのですが、30仕切りだとLサイズになってしまい私にはちょっと大きくて不便。

そこで26仕切りですが、こちらのMサイズのパレットを選びました。

わたしの場合サブパレットがあるので、26仕切りでもそれほど不便には感じませんでした

ターレンスのアルミパレットはこちらの【透明水彩ターレンスのアルミパレットの良い点・悪い点】で徹底的にレビューしています。

ぜひこちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク


実際に使ってみた感想

今回購入したホルベインのアルミパレットに絵の具を絞り出して実際に使用してみました。

ハッキリ言って最高です!

お世辞抜きですごく良い商品です。

絵の具を出しておく仕切りの一マス一マスが広く、また絵の具を混色するスペースも充実しているのでまったく不便はありません

また水を弾きにくいのですごく混色しやすいです。

プラスチック製のパレットを使用している時は水を弾いてしまい、混色がすごい不便だったのですが、ホルベインのアルミパレットは殆ど水を弾かないのでスムーズ彩色できます。

使っていて一切ストレスを感じませんでした

絵を描くことだけに集中できるので、これは本当に買ってよかったです。

こんなにストレスなく自由に楽しく水彩を楽しめるのなら、もっと早く買っておけばと後悔するほど良い商品でした。

本格的にはじめるなら早めにアルミ製へ切り替えた方が良い

今までは「パレットなんて安いので十分」なんて思っていましたが、もし本格的に水彩をやろうと思っているのであれば絶対にアルミパレットの方がいいです!

断言します!

また良いものを使うとモチベーションも高まるので結果、水彩の上達ペースも早まると思います。

わたしは本当に良いものを大切に末永く使いたい

created by Rinker
ホルベイン画材(Holbein Art Materials)
¥2,100 (2019/08/17 18:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

ホルベイン製のアルミパレットは本当におすすめです。

と言うか一押しです!

買って後悔しない、一生大切にしたいと思える良いものに出会えてよかったです。

おすすめのアルミパレットを3つ紹介

どのアルミパレットを購入しようか迷われている方のために、おすすめのアルミパレットを3つ厳選して紹介します。

クリエイト アルミパレット AP-2000 (30仕切り)
created by Rinker
クリエイト(Crea Art)
¥2,967 (2019/08/17 20:10:57時点 Amazon調べ-詳細)
仕切りが30個と豊富な上に混色スペースも広くて使いやすい。

水も弾きにくく、仕切りが深いのでたっぷりと絵の具を入れられて便利。

メインパレットとして大変優秀

ホルベイン画材 水彩パレット No.200(35仕切り)
created by Rinker
ホルベイン画材
¥2,330 (2019/08/17 20:10:57時点 Amazon調べ-詳細)
今回わたしが購入したメーカーと同じパレットですが、こちらはLサイズになります。

仕切りも35個と豊富で混色スペースも広く、のびのびと絵を描くことができます

作業スペースが広い方、大きいキャンバスに絵を描く方はこちらのパレットがおすすめです。

ターレンス アルミパレットS(26仕切り)
created by Rinker
ターレンスジャパン(Talens Japan)
¥1,550 (2019/08/17 20:10:57時点 Amazon調べ-詳細)
仕切りが26個と豊富ながらコンパクトなSサイズのパレットです。

本当に小さいので沢山絵の具を使わない方や、イラスト向きのパレットです。

沢山仕切りが欲しい方はこれがおすすめ!

こちらは私が普段サブパレットとして愛用している【ターレンス アルミパレット 39色 S】です。

先ほどもちらっと登場した奴です。

このサブパレットが気に入って今回メインで使用しているパレットもアルミ製に切り替えました。

こちらのパレットは仕切りが39個と豊富で、絵の具の沼にハマっている私にとって大変使い勝手が良いパレットです。

詳しくは【透明水彩ターレンスのアルミパレットの良い点・悪い点】でレビューしているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

透明水彩ターレンスのアルミパレットの良い点・悪い点

2018年7月6日
まとめ
プラスチック製からアルミ製に切り替えて良かったポイント

  • 水を弾きにくくなったので快適に混色できる
  • 水分コントロールが上達した
  • パレットに色が沈着しにくいから清潔
  • 高級感がありオシャレ
  • 水彩をもっと頑張ろうとモチベーションが高まった
  • 描くことだけに集中できるようになった
アルミ製はいつかは錆びてしまいますが、それでも丈夫で長持ちします。

プラスチック製よりも使いやすく、描くことだけに集中できるようになったので、快適に水彩を楽しめるようになりました。

良い商品に出会えたので、長く大切に使っていこうと思います。

スポンサーリンク