透明水彩ターレンスのアルミパレットの良い点・悪い点

こんにちは、くうこです。

今までプラスチック製のパレットを使用してきましたが、ついに私もアルミ製のパレットへと切り替えました

透明水彩デビューして数ヶ月。

完全に透明水彩の魅力にハマってしまい、気が付けば様々なメーカーの絵の具を買い漁る日々。

現在使っているプラスチック製のパレットに収まり切らなくなってしまったので、39色も入るアルミ製のパレットを購入しました!

私が選んだのは【ターレンス アルミパレット 39色 S】です。

39個と仕切りが豊富な上に、コンパクトで耐久性もあるので大変気に入りました

さっそく詳しくレビューしていきたいと思います!

アルミパレットのメリット・デメリットや、実際に使用してみた感想などもレビューします。



ターレンス アルミパレット 39色 Sサイズがすごく良かった

こちらのターレンス製のアルミパレットは、つくりも丈夫で見た目も重厚感がありカッコいいです

とにかく軽くて携帯に便利なところもすごく気に入りました!

アルミパレットをレビューする前に、プラスチック製のパレットと一体何が違うのかを簡単にご紹介します。

プラスチック製とアルミ製パレットの違い

プラスチック製は軽くて携帯に便利ですが、耐久性が乏しかったり、水を弾いてしまうので使いにく印象があります。

プラスチック製パレットのメリット

  • 価格が安い
  • 軽くて携帯に便利
  • 初心者さんにも使いやすい
プラスチック製パレットのデメリット

  • 水を弾いてしまう
  • パレットに色が沈着してしまう
  • ちょっとした衝撃で破損してしまう
とにかく私にとってプラスチック製パレットの1番のデメリットは水を弾いてしまうことでした。

また色が沈着しやすいので、使用していくと白かったパレットがどんどんくすんでしまい、混色するとき絵の具の正確な色が分かりにくくなることも不便でした。

その点アルミパレットは水を弾きにくく、色も沈着しにくいのでストレスなく水彩を楽しめます。

アルミ製パレットのメリット・デメリット

アルミ製パレットの1番の長所は水を弾きにくいところだと思います
アルミ製パレットのメリット

  • 高級感がある
  • 適度に重いので机に置いて作業しても動きにくい
  • 水を弾きにくい
  • パレットに色が沈着しにくい
  • 丈夫で長持ち
  • 鉄製に比べて軽いので持ち運びに便利
アルミ製パレットのデメリット

  • 価格が高い
  • 金属製と比べるとやわらかいので重いものをのせると変形する
  • 使い続けるといつかは錆びる
アルミ製のパレットにしてから水の弾きはそれほど気にならなくなりとても満足しています

また適度に重みがあるので混色の際もパレットが動きにくくて快適です。

プラスチック製のパレットは軽すぎてちょっと筆で触っただけでも動いてしまいますが、今はそう言うストレスから解放され、絵を描くことだけに集中できるのでアルミ製に買い替えて良かったです。

アルミパレットはこんな方におすすめ
  • 野外スケッチや携帯に便利なパレットが欲しい
  • 丈夫で長持ちするパレットを選びたい
  • 高級感のあるパレットが欲しい
  • 水を弾かないパレットが欲しい
  • パレットに色が沈着しにくいものを探している

私も最初の頃は100円均一のプラスチック製を使用していましたが、現在は金属製に切り替えました。

もし水彩をこれからもずっと長く続けていこうと思っているのなら断然アルミ製パレットの方が使いやすくてメリットが多いです

高級感のあるパレットはモチベーションの維持にも繋がるのでおすすめです。

ターレンス アルミパレット 39色 Sサイズをレビュー

商品詳細
品名:ターレンス アルミパレット 39色 S
サイズ:252㎜×174㎜
重さ:140g
仕切り:39個

高級感もある軽量なアルミパレット

こちらのパレット、軽量なアルミ製のパレットなのでとにかく軽いです!

軽いですが、しっかりとしているので丈夫で長持ちします。

プラスチック製と比べてみると、その金属ならではの高級感にうっとりします。

見た目がオシャレでカッコいいです!

ちょっと気分がのらない時でも、このパレットを手に取ると『よしっ!今日もがんばるぞっ!』とやる気が湧いてきます。

モチベーション維持に役立っています。

仕切りが深い

仕切りの壺が一つ一つ深いので大変気に入りました!

よく使う色はいっぱいチューブから絞り出しても問題ありません。

仕切りの横幅は一マス約1.5㎝です。

わたしは普段、4号~6号の筆を使っているので丁度いいサイズです。

しかし、10号以上の大きい筆には少し窮屈かもしれません

大きい筆や、たくさん絵の具を使う方はSサイズではなく、MサイズもしくはLサイズのパレットがおすすめです。

二段になっている方もひとつひとつの仕切りが高いので、上に配置した絵の具が下の絵具に雪崩れ込む心配はありません。

しかし、両端は仕切りの高さがわずか3㎜と心もとないので、同系色を上下に配置した方が無難です。

アルミパレットは鉄製に比べて軽いので、野外スケッチなどにも人気です

こちらのアルミパレットは約140gとなっておりますが、正直、女性が片手でずっと持っているのはキツイ…。

私は机の上に置いて絵を描くので特に問題はありませんが、これをずっと片手で持ってスケッチすると、親指の付け根が痛くなりそうです。

ただ、そうは言うものの鉄製のものと比べるとアルミ製は軽いので、バッグなどに入れて持ち運ぶ分にはちょうどいいです!

スポンサーリンク


パレットに絵の具を入れてみた

さっそくパレットに絵の具を入れていきたいと思います。

実はアルミパレットを購入するきっかけが、こちら【シュミンケ・ホラダム 永山裕子特選12色】をプレゼントしてもらったことでした。

今まではプラスチック製を使っていましたが、高級な透明水彩絵具に相応しいように、パレットもしっかりしたのを購入しました。

シュミンケホラダム永山裕子特選12色セット購入&色見本

2018年7月3日

動画で使用感をチェック

どんな感じのパレットなのかTwitterに動画をアップしてみました。

サイズ感、水の弾き具合、色の沈着の有無など伝われば幸いです。

YouTubeでも使用している所をアップ

今回シュミンケの色見本を作る際、ターレンスのアルミパレットを使用しています。

使用感など動画から伝わればいいのですが、気になる方は是非、チェックしてみてください。

実際に使ってみた感想

わたしは普段から、はがきサイズ~A4サイズ程度のイラストしか描かないので、絵の具の量もそんなにパレットに出す必要もなくSサイズがちょうど良かったです。

ひとつひとつの仕切りが深いので、いっぱい絵の具を入れても大丈夫でした。

こちらのパレット、本当に小さいので作業スペースのジャマにならず大変重宝しております

現在メインで使用しているパレットは仕切りが24個しかなく、新しく買い足した色、使いたい色を全色パレットに出し切れずに困っていました。

そこでサブ用のパレットが欲しくなり、とにかく仕切りが豊富でコンパクトな物を探していたところ、ターレンスのアルミパレットに出会いました。

サブで使うにはピッタリのサイズ感です!

39色も色をセットでき、まるでハーフパンのメタルケースの様に使える所が大変気に入りました!

ホルベイン水彩アルミパレットの特徴と購入してみた感想

2018年10月15日
ハーフパンタイプのパレットと悩んだ

最初はハーフパン用のパレットを購入して、ハーフパンにチューブの絵具を入れて使うのがいいかなとも思ったのですが、ハーフパンって使うとどんどん穴が開いてくじゃないですか。

あれが個人的に苦手で固形水彩からチューブタイプに切り替えたんです。

ただハーフパンの良い所は1つのパレットに複数の色をコンパクトに収納できるところだと思うんです。

チューブタイプでもハーフパンの様に複数の色を1つのパレットにコンパクトに収納できたらいいのになと思っていた時に出会ったのが、

こちらの39色も入る【ターレンス アルミパレット】でした。

ハーフパンみたいにコンパクトなので場所を取らずサブ用にピッタリ!

私が求めている要素すべてが集約されたかのようなデザインに大満足しています。

画材屋さんで見かけた時、そのあまりの小ささに驚きました。思わず『ちいさっ』とつぶやいてしまったほど。

逆に大きいサイズは本当に大きくて私の机の上には置けそうにありませんでした

やはり実際にお店でしっかりとパレットのサイズを確かめるのは本当に大切だなと思いました。

ターレンスアルミパレットSサイズの注意点

注意点 1

使いはじめは水を弾く

こちらの製品は、使いはじめの頃は水を弾きますが、使用するにつれて馴染んで水を弾きにくくなります

とは言うものの、プラスチック製と比べると水の弾きはそれほど気になりません。

最初は我慢が必要かもしれませんが、使うほどに馴染んでくるのでしだいに愛着が湧きます。

注意点 2

Sサイズは混色スペースが少ない

私はサブ用に使用しているので、色を混ぜるスペースが少なくても特に問題はありませんが、こちらの製品をメインに使用するのはあまりおすすめできません

混色させるスペースが限られてしまい、思うように水彩を楽しめないと思います。

メインで使う場合はSサイズではなく、Mサイズ以上のパレットを選びましょう

ターレンスSサイズの特徴まとめ

  • 39個も仕切りがあって便利!
  • 仕切りが深くて絵の具もたっぷり入れられる
  • 最初は水を弾くが、馴染むと弾きにくくなる
  • 軽量&コンパクトなので携帯に便利
  • 作業スペースが狭い方におすすめ
  • メインパレットとしては使いにくい
  • 高級感があり丈夫なので長く愛用できる
created by Rinker
ターレンスジャパン(Talens Japan)
¥2,136 (2019/09/18 14:58:21時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのアルミパレット3選

created by Rinker
クリエイト(Crea Art)
¥2,856 (2019/09/18 08:21:47時点 Amazon調べ-詳細)
仕切りが30個と豊富な上に混色スペースも広くて使いやすい。

水も弾きにくく、仕切りが深いのでたっぷりと絵の具を入れられて便利。

メインパレットとして大変優秀

created by Rinker
ホルベイン画材
¥2,330 (2019/09/18 08:21:47時点 Amazon調べ-詳細)
上記商品よりも大きいLサイズのパレット。

仕切りも35個と豊富で混色スペースも広く、のびのびと絵を描くことができます。

作業スペースが広い方、大きいキャンバスに絵を描く方はこちらのパレットがおすすめです。

created by Rinker
ターレンスジャパン(Talens Japan)
¥1,565 (2019/09/18 08:21:48時点 Amazon調べ-詳細)
仕切りが26個と豊富ながらコンパクトなSサイズのパレットです。

今回わたしが購入したパレットと同じシリーズですね。

本当に小さいので沢山絵の具を使わない方や、イラスト向きのパレットです。

ホルベインのMサイズを追加で購入した

アルミパレットが大変気に入ってしまったため、メインパレット用に【ホルベイン画材 水彩パレット No.80】も購入しました。

完全にプラスチック製からアルミ製へと切り替えました!

ホルベインのアルミパレットは水も弾きにくく仕切りも深くてとにかく使いやすかったです!

こちらの【水彩パレット作り|ホルベインのアルミパレットにシュミンケ透明水彩絵具をセット】で詳しくレビューしているので、ぜひ参考にしてみてください。

ホルベイン水彩アルミパレットの特徴と購入してみた感想

2018年10月15日
私の作業スペース

こちらの写真はメインパレットをアルミ製に切り替える前のものですが、Sサイズのパレットのサイズ感が分かりやすいと思うので載せてみました。

私は普段PCを前に限られたスペースで作業をしています。

PCの周りがごちゃごちゃしているので、今回はテーブルの上で作業場を再現してみましたが、本当はもっと狭いスペースで、こんな感じの配置でイラストを描いています。

とにかく、作業場が狭いのでコンパクトサイズで仕切りも豊富なこちらのパレットは本当に私にピッタリの商品でした

少ないスペースでも沢山の色を使えるようになり、イラストを描くのがさらに楽しくなりました!

5年後、10年後と、大切に末永く愛用していこうと思います。

スポンサーリンク