コピック/グラデーションの塗り方&コツ【初心者向け】

コピックで綺麗にグラデーションさせたいのに綺麗に塗れない、ムラが目立ってグラデーションが汚くなっちゃう…と悩んでいるあなた。

グラデーションが効いたイラストって本当にキレイでマネしたくなりますよね。

グラデーションは難しいようで、コツさえつかめば誰でも簡単にできます。

コピック初心者さんでも簡単にグラデーションできる!

コピック初心者の私でもほんの数時間練習しただけで、グラデーションさせることができたので、私が実際にやってみて良かった方法と掴んだコツを紹介したいと思います。

グラデーションのさせ方は人によって様々です。

これが正解!なんてことはないので、色々な作家さんの塗り方、コツをマネしてダメだったら違う人のやり方もマネてみましょう。

そうしていく内に自然とコツを掴んだり、自分の塗りを確立していけます。

私は濃い色⇒薄い色が自分のスタイルに合っていた

グラデーションさせる時、濃い色から薄い色を塗る人もいれば、薄い色から濃い色を塗る人もいます。

実際に試してみて私は濃い色から薄い色を塗る方法が自分に合っていて塗りやすかったです。

ただ、髪の色を塗るときは薄い色から濃い色を塗り重ねる方法が好きで、その時々でグラデーションさせる方法が異なってきます。

1つのやり方にこだわるのではなく、その時々で色々な方法でグラデーションさせると、表現の幅が広がると思います。

グラデーションの方法・コツ

まず最初に、基本的な2パターンのグラデーション方法を紹介します。

濃い色から塗る

濃い色⇒中間色⇒薄い色と、濃い色から徐々に薄い色を塗る方法。

薄い色から塗る

薄い色⇒中間色⇒濃い色と、薄い色から濃い色を塗る方法。

この2つ以外にもグラデーションさせる方法はありますが、今回はこの基本的な2つの塗り方でグラデーションをメイキングしていきます。

濃い色から薄い色でグラデーションさせる方法

今回使う色はこちら
【濃】E29
【中】E33
【薄】E21
この3色は茶髪にも使えるのでおすすめです。

因みにE29とE21はコピックチャオ24色セット及び、36色セット【A】に入っています。

それではメイキングスタート!

making 1

一番濃いE29を払いながら塗っていく

まず濃い色から塗っていきます。

コツとしては、最後にサッと払うように塗ると色が自然と抜けて薄くなります。

描きはじめはしっかりとニブを紙につけ、ラストでサッと力を抜いて払います。

こうすることで、上から薄い色を重ねた時に馴染みやすくなります。

making 2

中間色のE33を重ねる

E33を先ほどと同様に払いながら塗っていきます。

まず隙間を埋めるように濃い色の上にE33を重ねていきます。すると、濃い色が薄い色と馴染んでふんわりとぼやけてきます。

ここからが自己流なのですが、境目を一旦ぼかしたら、自然と馴染むまで2、3秒待ちます。

私はここで少し待つと何故かうまくグラデーションさせることができます。

ただ、完全に乾いてしまうとムラになってしまうので、アルコール成分が渇く前に、E33でもう一度境目付近を重ね塗りしてぼかします。

なぜ2、3秒待ってから塗るかと言うと、薄い色が濃い色と中和してほどよく混色する気がします。
これは私の自己流のコツなので2、3秒待たなくても全然大丈夫です!
making 3

一番薄い色E21を塗る

一番薄いE21をE33の境目付近からサッと払うように塗り、下から上に、今度はE33の色に向かって払っていきます。

E33とE21はそこまでかけ離れた色ではないので境界が1回で馴染んでくれます。

もしうまく馴染まなかった場合は境界線付近をE21でサッサッと払うように塗ってなじませます。

making 4

濃い色と中間色付近のムラを消す

濃い色と中間色の境目付近がボケすぎて少しムラになっているのが気になります。

一番濃い色を軽くサッと払うようにして色を重ねると上手くなじんで綺麗にグラデーションできます。

making 5

完成

完成しました。

今回はこんな感じで簡単に塗ることができましたが、時には境目が上手く馴染まない時もあるので、その時は根気よく、薄い色でサッっと払うようにぼかしてください。

ぼかし過ぎたら濃い色を軽く入れてまたぼかすの繰り返しになりますが、慣れてくると簡単にグラデーションさせることができるので、たくさん練習して自分なりのコツをつかみましょう。

スポンサーリンク


薄い色から濃い色でグラデーションさせる方法

次は薄い色から濃い色へとグラデーションさせる方法を紹介します。

making 1

一番薄いE21を全体的に塗る

まず、E21をグラデーションさせたい範囲全体に塗っていきます。

ベタ塗りでOK。

making 2

中間色のE33を重ね塗り

E33を上から下へとサッっと払うように塗っていきます。

だいたい半分よりちょっと下が薄い色と交わるところになるので、薄い色と自然と馴染む様にニブを最後払って塗ります。

making 3

濃い色E29を同じように塗る

E33と同様に、ニブを払いながら塗っていきます。

するとE29とE33にハッキリとした境界線が見えます。これをE33で境界線をぼかしていきます。

ある程度ムラが見えなくなるまで1~3をくり返します。

慣れてくるとコツを掴んでぼかす回数が減ってくると思います。練習あるのみです!

他の色でもグラデーションさせてみた

今回、青や赤でもグラデーションさせてみました。

使用色
緑のグラデーション

【濃】BG09⇒【中】BG23⇒【薄】G00

赤のグラデーション

【濃】R29⇒【中】R22⇒【薄】R20

青のグラデーション

【濃】B29⇒【中】B24⇒【薄】B00

紫のグラデーション

【濃】V09⇒【中】BV02⇒【薄】BV00

私もまだまだグラデーションが上手いとは言えませし、時には失敗もします。

それでも何度も繰り返し練習すると徐々にコツを掴んでグラデーションが楽しくなり、イラストも栄えるようになってきます。

コピックの色は近色ほど馴染みやすく簡単にグラデーションさせることができます。

もしうまくグラデーションさせることができない場合、まずは近い色同士で練習をするといいかもしれません。

うまく塗れると楽しくてモチベーション維持につながります。

【コピック塗り方メイキング】14色で水着女子を彩色してみた

2018年8月27日

コピック肌の塗り方|4種類の肌色をメイキングしてみた

2018年7月13日
慣れてきたらステップアップ!

近色での塗りに慣れてきたら、今度は少し濃さが離れている色でも練習してみてください。

更には黄色から青へと違う色に自然とグラデーションできるようにと、少しずつステップアップしていきましょう。

グラデーションできるとコピックがより一層楽しくなるので、是非、グラデーション塗りができるように練習し、ご自身でコツをつかみましょう。

先ほども言いましたが、グラデーションの方法にこれが正解!なんてことはなくて、10人いたら10通りのやり方があります。

固定概念にとらわれず、あなたに合ったあなたの塗り方でグラデーションを楽しんでください。

私が紹介したやり方が、少しでも参考になれば幸いです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク