コピックマルチライナー全10色レビュー!色見本や作例を紹介

くうこ
こんにちは、くうこです。

今回は、コピックや水彩イラストの線画に使える『コピックマルチライナー』を徹底レビューします。

コピックマルチライナーはコピックや水彩画にも滲まない耐水性のドローイングペン(ミリペン)です。

色数も全10色と豊富で、漫画、ペン画、水彩画、アルコールマーカーなどのイラストに最適な他、模型のスミ入れにも人気があります。

私も1年かけてようやく全10色を揃えることができたので、

今回は全10色の色見本や実際の作例、使用感など徹底的にレビューします!

たとえば、

  • 本当にコピックや水彩ににじまないのか
  • ブラウンとセピアの違いは?
  • クールグレーとウォームグレーって何が違うの?
  • 線幅は何ミリがおすすめ?
など、

私がコピックマルチライナーを購入する上で、色々と迷った事、不安に感じた事などを中心に、わかりやすくレビューしました。

実際に1年間使ってみた正直な感想をお伝えします

購入を迷っている方の参考になれば幸いです。



コピックマルチライナーの詳細と特徴

コピックマルチライナーはコピック(アルコールマーカー)にもにじまない耐水性の顔料インクを採用したミリペンです。

耐水性なのでコピックや水彩イラストの線画にも使用できます

イラストや漫画などの線画やペン画におすすめです。

線幅は0.03ミリ~最大で0.1ミリまでと豊富で、黒や茶色以外にも様々な色が揃っており多彩な表現が可能となっています。

ミリペンとは

ミリペンは1㎜以下程度の極細の線幅を持つドローイングペンです。

先端の太さがミリ単位で表示されているのでミリペンと呼ばれています。筆圧に関係なく一定の太さの線が引けます。

コピックマルチライナーの詳細

  • 【価格】各200円(税別)
  • 水性顔料インク(耐水・耐アルコール)
  • 全10色

コピックマルチライナーは全10色

コピックマルチライナーは全10色あります。

ブラックの線幅は0.03~1.0㎜まで幅広くそろっているので漫画制作に便利。

実際に漫画原稿用紙にミリペンでペン入れをされている人気漫画家さんもいるので、Gペンが苦手な方はコピックマルチライナーを使用するのもおすすめです。

補足
色によって線幅の対応サイズも変わってきます

線幅については後ほど詳しくご紹介します。(今すぐ知りたい方はここをクリック!

YouTubeでレビュー動画を公開中

YouTubeにてコピックマルチライナーのレビュー動画を公開しています。

ぜひチェックしてみてください。

耐水性なのでコピックや水彩イラストの線画に使える!

コピックマルチライナーのインクは乾くと耐水性になります。

コピックなどのアルコールマーカーはもちろん、水にも滲みません。

コピックや水彩イラストの線画に安心して使えます。

色見本・色の違いを比較

全10色の色見本を作成しました。

どれもオシャレで可愛い色です!!

色数が豊富なので表現したい世界観や、モチーフの色に合わせて主線の色を変える事もできるのでとっても便利

例えば、バラの花びらの線画はワイン、茎や葉っぱはオリーブ色で線画を描くと塗りと線画が馴染んて良い感じになります。

ウォームグレーとクールグレーを比較

似た色味で比較してみました。

『ウォームグレー』と『クールグレー』は色の雰囲気が全然違います。

ウォームグレーの印象

  • 温かみがある
  • HBの鉛筆で描いたみたい
クールグレーの印象

  • 冷たさを感じる
  • 色鉛筆の銀色に似ている
どちらもすごく良い色をしています。

ウォームグレーは本当に鉛筆で描いたみたいに見えるので、私は透明水彩の線画に使用することもあります。

以下の関連記事にて、ウォームグレーでペン入れした透明水彩イラストを動画でメイキングしています。参考にしてみてください。

透明水彩メイキング|クリスマスな女の子のイラスト描いてみた

2018年12月28日
セピアとブラウン比較

セピアの色が薄すぎるとの声に応える形で追加されたブラウン。

確かにブラウンの方が多少濃いですね。

個人的にはセピア色の優しい雰囲気が好きなので、セピアをよく愛用しています。

ただ、コピックの濃い色に負けてしまうので、濃い色をよく使う方はブラウンがおすすめです。

コピックマルチライナー線幅対応表

コピックマルチライナー全10色の線幅の種類をわかりやすく表にまとめました。

ブラックは線幅が豊富なので漫画やペン画に最適です。

太さを比較

人気の線幅【0.05】【0.1】【0.3】の線の太さを比較してみました。

私は普段からこの3種類の線幅を愛用しています。

人気の線幅なので参考になれば幸いです。

おすすめのサイズは0.3ミリ

作風やキャンバスのサイズによっても違ってきますが、基本的に【0.3㎜】が1番おすすめです

太すぎず、細すぎず丁度いい線幅であり、またペン先も潰れにくい太さなので初心者さんにおすすめです。

0.1ミリ以下になるとペン先が細く、筆圧を強くして描いてしまうと、ペン先がつぶれて使用できなくなってしまうことも。

まずは【0.3mm】からはじめて、必要に応じてもっと細いペンを、または太いペンを追加で購入すると無駄がないです。

コピックマルチライナーの使い方

使い方はいたって普通で、ただキャップを外してそのまま紙に描いていくだけです。

最初は水性ですが、乾くと耐水性になるのでコピックや透明水彩の線画に使用してもにじみません。

ただ、正直なところ、コピックで塗ると線画がかすれやすい印象はあります

かすれについては後ほど詳しくご紹介します。

使用感 実際にペン入れしてみた動画


サラサラとインクが適量でてきてすごく書きやすいです。

インクが途切れることなく、一定を保って線を引けます。

一定を保ちますが、力を抜くと少し強弱をつけることも可能です。

Gペンの様に大胆な強弱はつけることはできませんが、それでも多少は強弱をつけることができるので便利です。

速乾性に優れているのが嬉しい!

とにかくすぐに乾きます!

紙に描いて1分と待たずに、ほんの数秒で乾くのですぐに消しゴムをかけることができます

もう乾いたと思って消しゴムで下描きを消していたら、実はまだ乾いていなくて線画がかすれてしまった!なんて事故が起こりにくいところがすごく嬉しいです!

描いて5秒後に消しゴムをかけても全く線がかすれないので、かなり時短につながります

私みたいに、ペン入れしたらすぐに消しゴムで消したい、すぐに塗りたいせっかちさんにおすすめです^^

にじまないがカスレはする

コピックで塗るとたまに線がかすれます。

特に水彩紙の場合、結構かすれやすいです

コピー用紙やケント紙など薄い紙ではかすれは気にならないのですが、スケッチブックや水彩紙だとかすれやすい印象です。

故にコピックのニブも汚れやすいです。

ただし、実際に使ってみるとあまりかすれない色、かすれすい色があることが判明しました。

コピックにかすれやすい色

  • コバルト
  • ワイン
  • オリーブ

※使用する紙にもよってかすれやすさが違います

個人的に上記3色は結構かすれやすいので塗る時に注意が必要です。

私はコバルトで線画を描くのが大好きなので、コピックで塗る時慎重に塗り進めています。

実際に線画が擦れた瞬間を動画でも確認できます。

以下の関連記事先のメイキング動画をご確認ください。

コピック塗り方|BV00系をメインに紫陽花をイメージした女の子塗ってみた

2019年6月28日
線画のかすれ対策
線画のかすれ対策

  • 線画の上をニブで強くこすらない
  • 消しゴムをしっかりかける
  • 一晩寝かす(乾かす)
ヤフー知恵袋の情報によると、『消しゴムをしっかりかける』、『一晩寝かしてしっかり乾かす』とかすれにくいとのこと。

ただ、個人的な意見としては消しゴムをかけても、一晩寝かして乾かしてもかすれます

なので私が1番気を付けていることは、線画の上をニブで強くこすらないように優しくなでるように塗っています。

スポンサーリンク


全10色で同じ線画を描いてみた

マルチライナー全色線画
線画の色ひとつでだいぶ印象が違いますよね。

そして私はやっぱりコバルト色がオシャレでカッコよくて好きです!

かすれやすいと言うデメリットがある色ですが、素敵な色なので1番愛用しています。

線画の色で雰囲気も変わる

マルチライナー
似た色を隣同士にして色味を比較しやすいようにしてみました。

コピックマルチライナーって、やっぱり全色可愛い色ですよね!

これだけカラーがあると、作品の雰囲気や世界観に合わせて線画の色を変えられるのでとっても便利です。

黒がオシャレ!!

コピックマルチライナーの黒を実際に使用してみて驚きました。

色がオシャレ!!

今回気づいたのが、一概に黒と言ってもメーカーによってここまで雰囲気が違うのかと本当に驚きました。

コピックマルチライナーの黒はとにかく上品でおしゃれ!!

濃すぎず薄すぎず、とても品のある黒なんです!!

私は基本黒で線画を描きませんが、コピックマルチライナーの黒なら線画に使いたいと思えるほどすごくキレイな色でした。

おすすめです。

簡単にコピックで塗ってみた

マルチライナー色見本 塗り
私は普段メインに『コバルト』を愛用してきましたが、今回こうやって線画を見比べてみると『ワイン』も可愛くていいなと思いました。

使いにくくて放置していた『ピンク』と『ラベンダー』もアニメ塗りが好きな私の絵柄と相性が良さそうなので色々と試してみたくなりました。

売っている場所

コピックマルチライナーは人気商品なので、画材屋さんはもちろん、文房具専門店でも取り扱っているお店が多いです。

また漫画用の画材を取り扱っているアニメイトにも高確率で売られています。

私の地元の本屋さんやTSUTAYAは文房具も取り扱っており、そこでもコピックマルチライナーは売られていました。

田舎でも結構見かけるので、ぜひ探してみてください。

あと、いつも私はこちらの【Tools公式通販サイト】でコピックやマルチライナーを購入しています。

コピックマルチライナーおすすめセット

コピックマルチライナーでおすすめのセットをピックアップしました。

線幅が豊富なブラックはイラストだけではなく、漫画やペン画にもおすすめ。

多彩な表現が可能です。

人気のブラウンはイラストを優しい雰囲気に仕上げることができます。

セピアが薄すぎると言う声に応える形でブラウンが登場しました。

濃い色のコピックで着彩しても線画が隠れにくくおすすめです。

イラストを優しい印象にしてくれるセピアは、私もよく愛用しています。

濃すぎず薄すぎずちょうどいい茶色です。

ただ濃い色のコピックで着色すると線が隠れてしまうので、普段から濃い色を使用している方はブラウンがおすすめです。

『コバルト』『セピア』『オリーブ』『ワイン』の人気カラー4色がひとつになったセット。

モチーフや雰囲気に合わせて線の色を変えたい時にこの4色がすごく役立ちます。

表現の幅が広がります。

筆圧が強い方はハイテックCボールペンがおすすめ

PILOTの『ハイテックC ブラック』はコピックにもにじまないゲルインクボールペンです。

筆圧が強くてミリペンがすぐに潰れてしまう方はこちらのボールペンを試してみてください

プロのイラストレーターさんもよく愛用しているのでおすすめです。

このボールペンめちゃめちゃ描きやすくてビックリしました!

字も書きやすい、イラストの線画も描きやすいだなんて!まさに神商品です!

まとめ

コピックマルチライナーはコピックや透明水彩にもにじまないのでイラストの線画にとてもおすすめです。

線幅も色も種類が豊富なので様々な表現を可能とします。

1本200円(税別)とミリペンとしては平均的なお値段で、インクもたっぷり入っているので長持ちします。

長持ちすると言っても、ペン先がつぶれてしまったらもう使えないので筆圧には十分気を付けてくださいね。

筆圧が強い方は【0.3mm】あたりが安定して描けます。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク