コピックの線画に本当に使える最強のミリペンを探してみた

くうこ
本当にコピックににじまないミリペンが知りたい!

コピックに滲まないと紹介されていたのに、いざ使ってみたら『滲む!』『かすれる!』『インクがニブに色移りする!』なんてことありませんか?

せっかく時間と努力を費やしてキレイにペン入れをしたにも関わらず、コピックで彩色したら線画がかすれてしまった!

なんてアクシデントに過去何度も悩まされてきたわたし。

そこで、未然にそのような事故を防ぐためにも、本当にコピックに滲まない最強のミリペンはどれなのかを検証してみたいと思います。

今回は4種類のミリペンをピックアップしました!

スポンサーリンク


コピックの線画に本当に使える最強のミリペンを探してみた

今回検証するのはこちらの4種類のミリペン。
今回検証するミリペン

  • コピックマルチライナー(セピア)
  • コクヨ ドローイングペン(セピア)
  • サクラクレパス ピグマ(ブラック)
  • ステッドラー ピグメントライナー(ブラック)
ちなみにこれら4種類のミリペンはすべてコピックに使える耐水性のペンになります。

耐水性なので一見コピックに使えそうですが、実際に使ってみると・・・。

百閒は一見に如かずと言うことで、実際にどうのような違いがあるのかを確かめてみましょう。

4種類のミリペンが本当にコピックと相性がいいのか検証

まずは色見本を作ってみました。

どのペンもとても書きやすいです。

ただ、ミリペンはやはりメーカーによって全然色や書き心地が違うなと実感しました。

個人的に書きやすくて好きなのはKOKUYOのドローイングペンですが、コピックマルチライナーも慣れてきたらすごく書きやすくなりました。

COPIC マルチライナーの特徴

耐水性の顔料インクを採用した、コピックににじまないラインドローイングペンです。

ブラック、クールグレー、ウォームグレー、セピア、ブラウン、ワイン、コバルト、オリーブ、ピンク、ラベンダーの全10色とカラーが豊富。

価格は各200円。

KOKUYO DRAWING PENの特徴

耐光性・耐水性に優れた顔料インクを使用し、コピックにもにじみません。

筆記した文字に雰囲気がでる万年筆色を採用されているところが特徴的。

ブラック・セピア・ロイヤルブルー・ハンターグリーン・ローズの5色展開。

価格は各250円と少々高め。

サクラクレパス PIGMAの特徴

耐水性の顔料インクを使用しているので、水に流されにくく、ラインマーカーを上から引いてもにじみません。

黒、赤、青、緑、オレンジ、茶色、ローズ、紫などがあり、線の幅によってカラー展開が違います。

価格は各200円。

ステッドラー pigment linerの特徴

耐水性・対光性に優れた水性顔料系インクを採用し、コピックにもにじまない。

ステッドラー独自のインクがペン先に薄い皮膜を作り、キャップを閉め忘れても約18時間ペン先の乾燥を防げるという長所があります。

価格は280円とこの4種類の中で1番高い。

コピック肌の塗り方|4種類の肌色をメイキングしてみた

2018年7月13日

実際にコピックで彩色してみた

適当に描いた線画に、コピックで彩色してみました。

マルチライナー

  • にじみ…なし
  • かすれ…ごくまれにかすれることもある
  • ニブの汚れ…なし
全くにじまないので安心して彩色できます。

ただごくまれにかすれる事があるので、彩色する際は注意が必要。

セピア色は薄いので、ニブにインクが色移りすることなく快適に彩色できました。

ドローイングペン


  • にじみ…なし
  • かすれ…ごくまれにかすれる
  • ニブの汚れ…それほど気にならない
全くにじみません。

ただコピックマルチライナーよりもかすれる確率が高いので、彩色の際に注意が必要。

こちらもセピア色なので、ニブへの色移りはあまり気になりません。

ピグマ


  • にじみ…なし
  • かすれ…ごくまれにかすれる
  • ニブへの影響…黒く汚れる
全くにじみません。

しかし、ニブを強くこすりつけるとかすれたりするので、強くニブを押し付けず優しく彩色する必要がある。

やはり黒いインクはニブを汚しやすいので、定期的にニブの交換が必要になります。

ピグメントライナー

  • にじみ…なし
  • かすれ…ごくまれにかすれる
  • ニブへの影響…黒く汚れる
全くにじみません。

今回は0.05㎜と線幅が細かったこともあり、そんなにニブの汚れは気にならなかったです。

くうこ
基本的にどのメーカーさんも滲みはしないものの、コピックのニブにインクが引っ張られてかすれることがあることが判明しました。

紙による違いも検証してみた

もしかしたら紙質との相性もあるのではないかと思い、私が普段から愛用している【マルマン スケッチブック】【ホワイトワトソン水彩紙】【ヴィフアール水彩紙】の3つで検証してみました。

紙に適当に線を書き、15分ほどそのまま放置しインクをしっかりと乾かしました。

その後、コピックのニブをグッと押し付けるように線画の上へ着彩し、にじみやかすれ具合を検証してみました。

マルマンスケッチブック

ホワイトワトソン水彩紙

ヴィフアール水彩紙

3つの紙で検証してみた限りでは、にじみは見られないものの、どのペンでもかすれは確認できました。

特にカスレがひどいのがピグマですね。

くうこ
検証後、コピックのニブが黒く汚れてしまいました。

次にかすれが目立つのはコクヨのドローイングペンです。

ただ、線の上でニブを強く押し付けなければカスレを防ぐことができるので、コピックの線画に十分使えます。というか、私はよく愛用してます。

ピグメントライナーは多少かすれがきになるものの、全然許容範囲内です。黒いインクなのにここまでかすれないのは優秀。

そしてコピックマルチライナーはコピックの線画専用として開発されただけのことはあり、他のメーカーさんよりかは比較的かすれにくいです。ニブを強く押し付けてもかすれる確率がかなり低いのでストレスなく彩色できます。

ただコピックマルチライナー全10色で試してみたところ、色によってかすれやすいもの、かすれにくいものがあることが判明しました。

詳しくは以下の記事でご確認ください。

コピックマルチライナー全10色レビュー!色見本や作例を紹介

2019年8月28日

紙質による違いを検証してみた結果

紙質によるミリペンの滲み・かすれ具合の違いはそれほどないように思えました

今回はわざと線の上でニブを強くこすりつけながらかすれ具合を検証したのでこの様な結果になりましたが、耐水性のあるミリペンであれば、やさしく彩色することで未然にかすれを防ぐことができます。

くうこ
個人的には自分の好きなミリペンを使えば良いのでは?と言う結論に至りました。

色々と比較してみましたが、どのミリペンも一長一短であり、自分に合ったミリペンでコピックを楽しめばそれで良いのではないでしょうか^^

コピックで4種類の紙を塗り比べ【発色・ムラ・滲みを検証】

2018年7月19日

ブラックインクはニブを汚しやすい

ただ、今回紹介した4種類のミリペンはコピックにまったく滲まないのでどれもおすすめですが、ブラックは結構コピックのニブにインクが付きます。

黒いインクはニブへの色移りが結構目立ってしまうので、あまりニブを汚したくない方はブラックを避けた方が良さそうです。

やっぱり最強はコピックマルチライナーだった

今回検証した4つのミリペンはどれもおすすめですが、それでもやっぱりコピックの線画に関してはコピックマルチライナーが一番安心して使えます

とにかく滲まない!かすれにくい!書き心地がなめらか!と良いことづくし!

くうこ
コピックマルチライナーは個人的に大変気に入って1番愛用しています。

全10色展開であり、また線幅も0.03~1.0mmと豊富に取り揃えられています。

商品ラインナップはこちらの【コピック公式サイト】でご確認ください。

またコピックマルチライナー全色レビュー記事もアップいたしました。

コピックマルチライナー全10色レビュー!色見本や作例を紹介

2019年8月28日
上記関連記事にてさらに詳しく、コピックマルチライナーについてレビューしています。

まとめ

今回検証した結果を踏まえて、わたしは最終的にコピックマルチライナーに落ち着きました。

作風や作品の雰囲気に合わせてミリペンを使い分けるとまた創作の幅が広がるかもしれません。

皆さんもいろいろ試してみて自分に1番合うペンを探してみてください。

スポンサーリンク