コピックイラストメイキング【0番を活かした塗り方】カラーレスブレンダーの使い方

今回は0番のカラーレスブレンダーを大活用したイラストの塗り方を紹介します。

0番は無色透明な溶剤で、ぼかしたり、にじませたりするのに欠かせないマーカーです。

0番を使った基本的な塗り方から、裏技のような塗り方にもチャレンジしてみました。

初心者さんにも超簡単にできる技なので、よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク


カラーレスブレンダーを使ったイラストの塗り方メイキング

今回はこちらの女の子のイラストをメイキングします。

言い訳になってしまい申し訳ありませんが、色を塗り終わってから女の子の目が左右で大きさが違うことに気が付き愕然としました。

なんで塗る前に気が付けなかったんだろう…。

今さら修正できないので、このままメイキングしていきます\( ‘ω’)/

0番の使い方を動画で紹介しています

0番の基本的な使い方を5つ、動画で紹介しています。

今回のイラストのメイキングもほんの少しあります。

コピックメイキングスタート

まずクロッキー帳にラフを描き、それをPCに読み込んで【CLIP STUDIO PAINT PRO 】で線画を描きました。

なんでこの時、目の違和感に気づきながらも修正しなかったのかすごく悔やまれます。

クリスタで描いた線画を、ヴィフアール水彩紙にプリンターで印刷しました。

0番を垂らして背景を彩る

今回使用した紙はヴィフアール水彩紙中目になります。

まずR20で背景全体をベタ塗りします。

そしてバリオスインクのカラーレスブレンダー【0番】を小皿や瓶に移します。

筆に0番をたっぷり浸したら、滲ませたいところに筆でポンポンッと軽く紙にタッチしながら置いていきます。

すると0番の溶剤がぶわ~と広がって、波紋のような模様ができます。

先ほど紹介した動画を見ていただくと、波紋が広がっていく様子がわかると思います

筆だと0番の量を調節しながら塗れるので、私は筆を使っていますが、バリオスインクの口から直接紙に垂らしても同じ効果を得られます。

人物の方にはみ出した所は、0番のマーカーで消していきます

濃い色だと完全に消すことはできないのですが、薄い色だとキレイに消えてくれます。

0番は本当に便利なマーカーですね\(^o^)/

【コピック塗り方メイキング】14色で水着女子を彩色してみた

2018年8月27日
肌の塗り方

肌の塗りはムラになりやすいですが、0番を下地に塗り、乾かない内にお好きな肌色で着彩するとムラなく塗れます。

0番を下地に使うことで、自然と色が広がりムラを減らせます

今回使用したベースの肌色はYR0000です。

肌に使用した主な色
ベース…YR0000
影1…E00
影2…E21
首元の影…RV32
肌の青み…BG23、BG0000
頬の赤味…R00、R000、R20

髪の下に落ちる影をE00で塗り、さらにE21で濃くしました。

首元の影はまずRV32で塗り、さらにBG23で青みも足しました。

他にもBG0000という薄い青色で、顔周りにうっすらと青みを足してます。肉眼では確認できない程度の青みですが、入れると人間味がでると言うか、リアル感が出る気がします。

肌に青みを入れすぎると血色が悪くなるので、ほんの少し入れる程度です。

頬の赤味は、R000で紙を湿らせて、乾かない内にR00を載せます。さらにR000でR00のフチをぼかし、YR0000で馴染ませます。頬の赤味が少し足りなかったので、目のキワの部分にほんの少しR20を入れて完成です。

瞳の影はW-1でまつ毛の下付近を着彩しました。

髪の毛を塗る

肌の色で使ったE21を顔周りの髪の毛に塗っていきます。

後で濃い茶色のE33で髪を塗るのですが、顔周りに肌色を置いて薄っすらとグラデーションさせると透明感がでます

光りが1番強く当たる所にY0000で着彩。
程よく光が当たりそうな所はY21で着彩しました。

また、髪の内側は後ろから光が当たって透けているイメージで、Y0000やY21などの明るい色で下塗りしました。

毛先や奥側の髪の毛には、遠近感や透明感を演出するためにBG0000で青みを足してます。

メインカラーのE33を払うようにして塗っていきます。

慌てず丁寧に塗ります。

グラデーションさせたいところは、E33をサッと払って塗り、E21で伸ばし、さらにE00でぼかしました。

影が落ちる所は、E33を重ね塗りしています。

ここでいったん髪の塗りを終了しましたが、また後程さらに濃い影を入れます。

ダイソーのイラストマーカーで女の子をアニメ塗り(塗り方メイキング)

2018年11月13日
ニットを塗る

制服のベストはE21を普通にベタ塗りしました。

光りが当たりそうな所は白く残してあります。

影になる部分を同じE21で重ね塗りし、E00で伸ばしてグラデーションさせました。

1番暗くなる部分にはE33で着彩。

私はぼかしながらムラなく塗るのが苦手で、わざと水彩境界線ができるように塗っています。水彩境界線はデジタルでもアナログでも大好きなのでよく多用します。

リボンの色はR22です。

いま気が付きましたが、リボンの紐を塗り忘れてます^^;

白いシャツ

白いシャツの影はBG0000で彩色し、その上にBV0000をほんのり入れました。

また、スカートはBG23でベタ塗りし、影は同じ色で二度塗りしました。

瞳はY0000を全体に塗り、上半分をG00で彩色、さらに濃いBG23で瞳孔を描き入れました。

シグノホワイトボールペンで瞳にハイライトを入れる

シグノのホワイトボールペンで瞳の中にハイライトを描き込みます。

また頬にもちょんちょんってハイライトを入れています。

お好みで髪や制服にもハイライトを入れても良いと思いますが、今回は止めておきました。

また、髪の毛のハイライトに今回はPILOTのカラー芯、【カラーイーノ】で天使の輪を描きました。

あまり濃くハイライトを描きたくなかったのでカラー芯でほんのり色を入れてあります。

最後に、髪の毛の影が薄かったのでE37でさらに濃く茶色を入れて完成です!

パイロットのカラー芯カラーイーノ全8色を比較&長所と短所を辛口紹介

2018年9月26日

アナログイラストのハイライトにはシグノホワイトがおすすめ

2018年5月9日

イラストの完成

ちょっとPCで修正しました。

やはり右側の目が変ですね!もっと画力上げて違和感の少ないイラストを描けるようになりたいです。

さて、今回はカラーレスブレンダー【0番】を活用した塗り方をご紹介しました。

created by Rinker
トゥー(Too)
¥1,458 (2019/05/19 12:32:27時点 Amazon調べ-詳細)
背景に0番のバリオスインクを直接垂らしたり、肌に色を置く前に0番を下地に使うとムラなく色が塗れたりと、0番は本当に様々な使い方ができて便利です。

こちらの【コピック0番カラーレスブレンダーの使い方を5つ紹介【基本と応用】】と言う記事で、0番の使い方をさらに詳しく紹介してますので、是非チェックしてみてください。

0番は本当によく使うので、購入する時バリオスインクも一緒に買っておくと安心です。

このメイキング記事が少しでも参考になったら嬉しいです。ありがとうございました。

スポンサーリンク