コピックケースを手づくり!かぎ針編みでかわいい収納ケースを作ってみた

くうこ
こんにちは、くうこです。
ここ最近ずっと悩んでいることがあります。

それがコピックを入れるペンケースです

まだコピックの所持本数が少ない頃は普通のペンケースでも余裕で入っていたのですが、

本格的にコピックをはじめた事により、どんどんコピックの本数が増えていき、いま使っているペンケースでは収まり切らなくなってしまったんです。

なら新しく大きいサイズのペンケースに買い替えればいいのでは…と思ったのですが、先月は7000円も画材を購入してしまったし、コミティアで薄い本を大量に買いあさってしまったし…絶賛金欠中なんです!

くうこ
でも今すぐ新しいコピックケースがほしい!

さて、どうしよう…。

あっ!そうだっ!

くうこ
自分で作ってしまえばいいんだ!

という事で、5年間押し入れに眠っていた毛糸を引っ張り出してきて、かぎ針あみで収納BOXを作っちゃいました♪

今回はその方法をご紹介します。

スポンサーリンク


コピックケースを手作り!かぎ針あみで作ってみた

完成した手編みのコピックケースがこちら。

外装はモチーフを10枚張り合わせて作りました。

とにかく資金0円で済ませたかったので、長年押し入れに眠っていた手持ちの毛糸だけで作り上げようと思い、今ある色の毛糸でなるべく自分好みの色を選んでデザインしました。

くうこ
シックな色と言うよりかは、カラフルでかわいい雰囲気にしてみました。

落ち着いた色味も使ったので、そこまで子どもっぽくはなっていないと思います。

汚れが目立たないように、下の面は濃い青色にしました。

1色だけで編んでもお洒落ですね。

内装はちょい派手に

内装は見ていて楽しくなるようにビビットなピンクでつくりました。

本当は全面ピンクにしたかったのですが、ピンクの毛糸が足りず、仕方なく白い毛糸や黄色の毛糸も使って仕上げました。

底になる部分は汚れが目立たないように黒色の毛糸で作っています。

YouTubeに動画をアップ!

編み物の制作工程や完成したコピックケースの詳細を動画で紹介しています。

写真よりも動画の方がわかりやすいと思うので、お時間があればご視聴くださるとありがたいです。

実際にコピック入れてみた

実際にコピックを入れてみるとこんな感じ。

まだまだいっぱい入る^^

もうキュウギュウ詰めに悩まされなくて済みそうです。

ポケット2つ付けてみた

大変でしたがポケットを2つ付けてみました。

コピックを収納する隣に作ったスペースにはマスキングテープなどの小物をれたり、これから使う予定のコピックをスタンバイさせておくのにすごく便利です。

背面にもポケットがあり、こちらにはスペアニブやマルチライナーなども収納しておけます。

自分で作っておきながらこんなこと言うのもなんですが、めっちゃ実用的で良い!

コピック収納方法/無印良品のアクリルケースでオシャレな見せる収納

2018年9月5日

参考にしたかぎ針あみ本

5年ぶりに編み物したので、完全に編み方を忘れており1から勉強し直しました。

人間って本当に忘れるのが得意な生き物ですよね(;^_^A

1から勉強し直しましたが、それでもすぐに理解しほんの1時間ほどで前と同じようなスピードで編むことができました。

くうこ
やっぱり参考書がわかりやすいとすぐに『あ~そうだったそうだった。こやって編めばいいんだ』と思い出せるのがいいですね。

編み方はもちろん、編み図の読み方も忘れてしまっていたのですが、この【いちばんよくわかる かぎ針あみの基礎 (いちばんよくわかるシリーズ)】と言う参考書でちょっと調べてみたら本当に丁寧でわかりやすくてすぐに理解できました。

この本は絶対に手放さず永久保存版にしたいと思います。

私は5年前にこの本を買ったのですが、いまでも普通に使える良本です。

しかも編み方だけではなく、紹介されているモチーフや小物もどれもこれも可愛いので、すごく編みたくなってしまうんです

誰に教わることもなく独学で編み物はじめた私でもここまで編めるようになったので、初心者さんに本当におすすめです。

ただ今は最新版の【新・かぎ針あみの基礎 (BASIC TECHNIQUES BOOK)】が出ているようで、わたしが持っている基礎本はもう中古でしか買えないようです。

すごく良本なのに中古で300円とか安すぎ!だけど初心者さんにははじめやすい価格でいいですよね。

新品だとプレミア価格で8000円とか…誰が買うんだろう…。

古本屋さんで見かけた際はぜひ、手に取ってみてください。

モチーフ制作に参考にした本

モチーフづくりに参考にした本はこちらの【大好きかぎ針あみのモチーフつなぎ (Let’s knit series)】です。

様々な模様、形、サイズのモチーフが紹介されており、それらを繋いでストールや小物入れ、バッグなどが編めます。

初心者さんにもわかりやすいように、編みはじめと編み終わりをイラストで紹介してくれています。

こちらの本も新品ではもう販売されておらず、中古での購入になります。

中古で約300円前後で売られているようです。

ただこちらはマイナーな商品だと思うので古本屋さんで探すのは難しいかもしれません。ネットで検索して探すしかないのかな?と思います。

スポンサーリンク


収納BOXの作り方を簡単に紹介

実際に作ったパーツは【モチーフ×10枚】【内装パーツ×7つ】です。

このモチーフは見た目が複雑ですが、結構簡単にサクサク編めるのでおすすめです。

単色のモチーフも同じ編み方なんですよ。カラフルにするのか、単色にするのかで同じモチーフでもまったく違う雰囲気、違う編み方に見えますよね。

内装パーツは細編みで編みました。

モチーフのサイズに合うように目を作って編んでみました。

くうこ
それらのモチーフを細編みでどんどん繋げて編み込んで完成です。

デザインは自分で考えて作ったので参考にした本はとくにありません。

モチーフを作って、それをBOX状になるように繋げて編む…ただそれだけです。

難しそうにみえて意外と簡単です。

ただ作るのに1週間かかりました。

簡単だけど大変です

肩こるし、目が疲れるし、手首も悲鳴をあげるし…、わたしのようにせかせか急いで編まず、休憩をはさみながらゆっくり編むのがいいと思います。

コピック0番カラーレスブレンダーの使い方を5つ紹介【基本と応用】

2018年11月19日

すごく愛着が湧くので大切に使いたくなる

がんばって編んだだけあって、とっても愛着が湧きます。

全部毛糸でできているのでとっても軽いし、触り心地も良いし作って良かった。

くうこ
何よりかわいい。
よく使うコピックを全部まとめて収納できるようになったので、これからもっと楽しくお絵かきできそうです。

約5年間押し入れに眠っていた材料だけで作ったので今回0円で制作できてよかったです。

因みに使ったかぎ針は【ハマナカ ラクラクハンディセット H250-805】です。

単品だと600円前後で販売されていると思います。

かぎ針は100均にも売られていますが、わたしが使っているのはグリップが付いており、手が滑りにくく快適に編めます。

くうこ
毛糸は100均ので十分だと思います。

ただ触り心地やカラーにもこだわりたい方は、手芸屋さんでちょっと高い毛糸を選ぶのも楽しいと思います。

わたしが今回主に使用した毛糸は【ハマナカ】ホームメイド アクリックL(並太)と言う商品で、お値段約130円と言う安さ!

おすすめです。

久しぶりに編み物してとても楽しかったです。

イラストの練習もがんばろうと思います。

スポンサーリンク