今年買って良かった画材5選(2019)|透明水彩絵具多め\(^o^)/

くうこ
こんにちは、くうこです。
今年もたくさん画材を買った素敵な1年になりました。

今回は、『今年本当に買って良かった画材』を厳選して5つご紹介します!

透明水彩絵具、アルコールマーカー、マスキングインク、ホワイト、カラー芯などなど気になるものを色々と買いあさりました。

ただ正直、購入したけど結局あまり使わなかった画材もあります。

その一方ですごく気に入ってたくさん愛用した画材もあります。

と言うことで、私が一体どんな画材を気に入ったのか紹介させてください!

スポンサーリンク


今年買って良かった画材5つ

2019年に買って良かった画材はこちらの5つです。
今年買って良かった画材

  1. W&Nローズマダージェニュイン
  2. 呉竹スターリーカラーズ
  3. マッチ透明水彩絵具
  4. PILOTカラー芯・カラーイーノ(紫)
  5. マービー・ルプルーム
くうこ
買った日の思い出が全部よみがえってきます♪
どれも本当におすすめです!

では一つずつご紹介します。

Winsor&Newtonローズマダージェニュイン

こちらは本物の薔薇の香りがするW&Nの【ローズマダージェニュイン】透明水彩絵具です。

作られた人工的な香りじゃなくて天然の植物の薔薇がそのまま絵の具になった感じ。

高級感あふれるアロマな香りがとってもお気に入り!

色も高貴で美しく、香りも心地よく、水彩パレットを開くたびにとても癒されています。

水彩イラストや水彩画で使うと言うよりも、リラックスしたい時に色遊びとして愛用しています

紙の上で滲ませたり、混色したり、他の色を合わせてグラデーションさせたり。

心が乱れている時に色遊びすると、視覚と嗅覚両方で楽しめて、私の心の安らぎになってます。

このきつくない、自然な薔薇の香りがとってもお気に入りです。

以下の関連記事にて、さらに詳しくレビューしています。

W&Nバラの香りがするローズマダージェニュインの色見本【薔薇を描いてみた】

2019年2月13日

呉竹スターリーカラーズ・金色顔彩

呉竹・顔彩耽美 スターリーカラーズ 6色セット】は5色のゴールドと1色のシルバーがセットになった合計6色セットの顔彩です。

本当にキラキラと煌めく金色の絵具が欲しくて購入しました。

実際に使ってみるとメタリックな金色たちがとっても煌びやかに輝いてすごくキレイなんです!

『私が求めていた金色はまさしくコレだ!』

と、めちゃくちゃ感動しました。

くうこ
特にお気に入りは『黄金色(こがねいろ)』と『淡金色(あわがねいろ)』です。

『黄金色』はザ・ゴールドってくらい神々しいゴールドで本当にゴージャス

『淡金色』はあえて水に薄く溶いて、水彩やコピックイラストの上に塗るとなんとまるでキラキラな絵具で塗ったかのようなイラストに早変わり!

実は2018年の11月に購入した画材ですが、2019年にたくさん愛用したので選んじゃいました。

金色顔彩・呉竹スターリーカラーズの色見本&作例【ゴールド感が凄すぎる!】

2019年2月26日

マッチ透明水彩絵具の三原色

『マッチ透明水彩絵具ベイシックカラー』は横浜にあるToolsで買った思い出の一品です。

ずっと前から欲しくて欲しくて、ようやく手に入れられて嬉しかったです。

色相環を作ってみたら、どの色もすごく鮮やかに発色してくれて感動しました。

有害化学物質などは一切不使用で、安心安全にお絵かきできる所がとってもお気に入りです。

マッチベーシックカラー透明水彩絵具|3原色で色相環づくりにチャレンジ

2019年9月20日

PILOTカラーイーノ(紫)

カラー芯はよく『PILOTカラーイーノ』を愛用しています。

とにかく柔らかくて描き心地が良い所が好きです。

柔らかいが故に芯が折れやすいと言うデメリットもありますが、それでもこの描き心地が好きで使っています。

カラー芯にしては色が濃いので、絵のアタリに使うと言うよりかは、落書きやラフにめちゃくちゃ愛用しています

カラーイーノ
本当に描き心地がいいので落書きも感性のままにサラサラ描けます。

特にバイオレット(紫)が好きです。

色も好きですが、全8色ある中で紫が一番折れにくいです。なんでだろ(笑)

水色とかオレンジもよく使いますが、こちらの2色はよくポキポキ折れて結構ストレス。

紫は筆圧が強い私が使ってもなぜか滅多に折れないので本当に重宝してます。

なので去年に引き続き今年も1つ紫色をリピ買いしました。

パイロットのカラー芯カラーイーノ全8色を比較&長所と短所を辛口紹介

2018年9月26日

マービー・ルプルーム

マービーの『ルプルームパーマネント』は日本製のアルコールマーカーです。

マービーは前々から気になっていましたが中々購入に踏み込めず、YouTubeのリスナーさんがリクエストしてくださった事がキッカケで買う決心がつきました。

で、実際にマービーを使ってみたらめちゃくちゃ描き心地が良くてビックリしました

リスナーさんの中には『ルプルームはニブが柔らかくて塗りにくい』と言う意見がチラホラあったのですが、私的にはむしろコピックよりもマービーの方が自分に合っているみたいで、すごく描き心地が良いです。

安いのに品質がよく、コピックみたいに描ける所がお気に入り。

ただインクの詰め替えができない所がネックなので、トータルで考えるとやっぱりコピックが1番好きです。

コピックは高くて中々購入に踏み込めない方は、まずは価格がお手頃で日本製の安心安全な高品質アルコールマーカー『ルプルーム』を試してみるのもおすすめです。

ルプルームとコピック比較!日本製アルコールマーカーの実力を検証!

2019年3月26日

まとめ

今年はこんな素敵な画材たちと出会えて本当にしあわせでした。

まだまだ気になる画材がたくさんあるので、これからも少しずつ集めて引き続きブログでレビューしていきます!

ブログで画材愛(萌え)を発散できて本当に楽しい!

来年も良い商品に出会えますように。

スポンサーリンク