コピックスケッチとチャオの違い/どっちがおすすめ?

はじめてコピックを購入しようと思った時、わたしはコピックスケッチとコピックチャオの違いがわからず、どちらを購入すればいいのか迷ってしまいました。

色々と自分で調べた結果、わたしは最終的にチャオのセットを選びました。

なぜチャオを選んだのか、実際に購入してみて良かった点、悪かった点なども交えながら、【スケッチ】と【チャオ】の違いを紹介していきます。

スポンサーリンク


コピックとは

created by Rinker
.too
¥12,200 (2019/09/22 19:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
コピックは日本で一番人気のあるアルコールマーカーです。

発色も良く、塗り心地もなめらか。

全358色と色数が豊富で手軽に様々な彩色ができることからイラストレーション、漫画、ファッションや建築など、幅広い分野で利用されています。

スケッチとチャオの違いはここ

画像引用:コピック公式サイト

コピックチャオはコピックスケッチのエントリーモデルで、マーカーとしての基本性能はそのままに、インクの容量を減らすことで価格を抑えた、初心者向けのモデルです。

チャオは低価格にも関わらず、描き心地はスケッチと変わらないので初心者さんに人気の商品です。

 
スケッチ
チャオ
価格
各380円
各250円
容量
3cc
2.5cc
右マーカー
スーパーブラシ
スーパーブラシ
左マーカー
ミディアムブロード
ミディアムブロード
ボディの形状
楕円型
丸型
色の種類
全358色
全180色
ニブの交換
インク補充
エアーブラシ
×
安全キャップ
×

インクの容量を少なくして低価格を実現

スケッチとチャオのマーカー主な違いは『値段』と『インクの量』です。

コピックチャオはコピックスケッチのエントリーモデル(初心者向け・低価格)です。

スケッチは1本380円(税別)に対し、チャオは1本250円(税別)と、お手頃な価格帯になっています。

チャオは値段が安い分、スケッチと比べインクの容量は少ないですが、わずか0.5mlの差なのであまり気にはなりません。

初心者には低資金で複数の色をそろえることができるチャオがおすすめです

コピックチャオ24色セットで色見本作成&36色セットとどっちがおすすめ?

2018年4月28日

マーカーとしての基本性能は同じ

どちらもブロードタイプ、ブラシタイプとブラシのサイズ・マーカーとしての性能は全く同じです。

塗り心地も大差ないので、チャオだからスケッチと同じように描けない・・・なんてこはありません。

コピックチャオはスケッチよりも色数が少ない

コピックスケッチが全358色に対し、コピックチャオは全180色とスケッチよりも色のバリエーションが少ないです。

初心者さんがどれを買ったらいいのか迷わないようにあえてチャオは色数を半分に抑えているとのこと

それでも180色もあるのであまり不便に感じることはないです。

チャオはエアーブラシが使えない

created by Rinker
.Too/トゥー
¥2,314 (2019/09/22 19:55:40時点 Amazon調べ-詳細)
コピックスケッチは別売りの【ABSエア缶直結セット】を装着すれば、誰でも簡単にエアーブラシ効果を得られます。

一方のチャオは未対応となっているので、エアーブラシを用いた塗りはできません。そこは十分注意が必要です。

スケッチもチャオも使い捨てではない

スケッチとチャオ、どちらもニブの交換、インクの補充が可能です。

【バリオスインク】はコピックシリーズ共通の補充インクです。

バリオスインクの容量は1本25mlで、スケッチの8本分、チャオの10本分もの量が入っています。

1本で補充できる回数

・スケッチ・・・約13回(公式による補充目安量約1.8ml)
・チャオ・・・約17回(公式による補充目安量約1.4ml)

以上のことから、インクを補充することで、コピックを安く継続的に使っていくことが可能になります。

コピックは高いイメージですが、バリオスインクを利用することで、大変コスパの良い画材になります

詳しくは以下の関連記事で解説しています。

コピックのインク補充の仕方を初心者さんにもわかりやすく説明

2018年7月18日
消耗品であるニブもヘタってきたら交換可能です。

ちいさなお子様にはチャオがおすすめ

チャオは低価格と言うこともあり、ちいさなお子様も使用になることを考慮して安全キャップ装置を採用しています。

また細身の丸ボディは女性はもちろん、手のちいさいお子様でも握りやすい形状です。

お絵かきが好きなお子様へのプレゼントにはチャオがおすすめです。

スケッチはキャップに品番が書かれていて見やすい

スケッチはキャップの上部にカラーナンバーが書かれています。

一方のチャオはボディのみで、キャップには番号が書かれていません。

使いたい色をすぐにひと目で見つけやすいスケッチの方が仕事の効率が上がるため、プロを目指している方はスケッチの方が断然使いやすくておすすめです。

初心者さんはチャオがおすすめ

実際にコピックスケッチ、コピックチャオ、両方を使ってみて思ったのが、

コピックスケッチはプロ向け

コピックチャオは初心者向け

という事を改めて実感致しました。

スケッチもチャオも塗り心地は同じなので、初心者さんは無理をしてスケッチを買わず、チャオからはじめてみるのもおすすめです。

もし実際にチャオを試してみて、コピックを極めたいと思いはじめたら、色の種類が豊富なスケッチへと切り替えればOKです。

因みに私は、細身で握りやすいチャオをメインに購入していき、チャオに無い色をスケッチで購入しています。

コピックチャオ24色セットで色見本作成&36色セットとどっちがおすすめ?

2018年4月28日
初心者の私はチャオ24色セットを購入しました

私は低資金でたくさん色をそろえられるコピックチャオを選びました。

わたしはプロを目指しているわけではないので、なるべく低資金でコピックをたくさん購入できるチャオを選びました。

わたしが最初に購入したのは【コピックチャオ24色セット】セットです。

開封&レビュー動画をYouTubeにあげているのでよかったら参考にしてみてください。

またコピック高くて中々買えないよって方は【マービー・ルプルーム36色基本セット】がとてもおすすめです。

ルプルームは低価格にもかかわらず、コピックと負けないくらい高品質な日本製のアルコールマーカーです

以下の関連記事で徹底的にレビューしています。

ルプルームとコピック比較!日本製アルコールマーカーの実力を検証!

2019年3月26日
まとめ
コピックスケッチ

  • プロフェッショナルモデル
  • 価格が高いのがネック
  • 色数は全358色と豊富
  • エアーブラシが使えるので表現の幅が広がる

プロを目指しているならコピックスケッチがおすすめ。

コピックチャオ

  • 初心者向けのエントリーモデル
  • 価格が安いのが魅力
  • 色数は全180色だが十分足りる
  • エアーブラシが使えなが初心者の内は必要ない

低資金でより多く色数をそろえられるチャオは初心者さんにおすすめ。

マーカーとしての性能はスケッチもチャオも同じなので最初は低価格なチャオからはじめてみてはいかがでしょうか?

どのセットがおすすめかはこちらの【コピックチャオ24色セットで色見本作成&36色セットとどっちがおすすめ?】で詳しく解説しています。

スポンサーリンク