コピックチャオ24色セットで色見本作成&36色セットとどっちがおすすめ?

こんにちは、くうこです。

今回ついに念願だったコピックを手に入れました!

ずっと憧れていたコピック…。

高くて中々購入に踏み込めずにいましたが今回ようやく手に入れることができてとっても嬉しいです。

わたしが購入したのはコピックチャオ24色セットです

購入する際、コピックスケッチにしようか、チャオにしようかすごく悩みました。

更に24色セットにしようか、36色セットにしようかなど、どのセットを買うかでもものすごく悩みました。

なぜこのセットを選んだのか、どんな色が入っているのか、初心者におすすめのセットはどれかなど詳しくご紹介します

スポンサーリンク


コピックチャオ24色セット

わたしがコピックデビューに選んだセットは【コピックチャオ 24色セット】です。

コピックチャオ36色Aセットとすごく悩んだのですが、最終的にはこの24色セットに決めました。

結論から言いますと、24色セットを購入して良かったです\(^o^)/

この24色をベースに考えて自分に必要な色を少しずつ単品でそろえていく方法が自分のスタイルとすごくマッチしていました。

そこで、今回は24色セットの紹介に加えて、実際に使ってみて分かった最低限必要なカラー番号も紹介します!

初心者さんにおすすめしたい肌の色や影に使える色も後ほど紹介します。

動画でもっとわかりやすく解説

YouTubeに開封動画を上げています。

24色セットにはどんな色が入っているのか参考になると思うので、是非チェックしてみてください。

コピックとは

created by Rinker
.too
¥12,200 (2019/09/22 19:36:50時点 Amazon調べ-詳細)
コピックは日本で一番人気のあるアルコールマーカーです。

発色も良く、塗り心地もなめらか。

全358色と色数が豊富で手軽に様々な彩色ができることからイラストレーション、漫画、ファッションや建築など、幅広い分野で利用されています。

コピックマーカーは4種類ある

画像引用元:コピック公式サイト

コピックは現在【コピックスケッチ】、【コピックチャオ】、【コピッククラシック】、【コピックワイド】の4種類あります。

コピックの種類

  • コピックスケッチ…プロフェッショナル向け。最も人気のあるモデル。
  • コピックチャオ…初心者向け。購入しやすい価格帯が魅力。
  • コピッククラシック…建築、ファッションなどデザイナー向け。
  • コピックワイド…ニブ幅21mmのワイドタイプ。広い面積を素早く塗れる。
この中で最もイラストに適しているのは『スケッチ』と『チャオ』です。

スケッチにしようか、チャオにしようか迷われている方も多いと思うので、少しだけスケッチとチャオの違いを比較してみようと思います。

スケッチとチャオの違い

スケッチとチャオの主な違いは『値段』と『インクの量』と『フォルム』です。

コピックチャオはコピックスケッチのエントリーモデルで初心者さんにも優しい低価格がウリです

スケッチは容量3ccで380円(税別)に対し、チャオは容量2.5ccで250円(税別)と、チャオの方がお手頃な価格帯になっています。

初心者にとっては低資金で複数の色をそろえることができるので、チャオは大変ありがたい存在です。

ニブはまったく同じなので描き心地は変わらない

スケッチとチャオはまったく同じニブを使用しています。
ニブの仕様

  • 【左側】ブロードタイプ
  • 【右側】ブラシタイプ
ブラシのサイズ、マーカーとしての性能は同じです

注意点は、チャオは別売りのエアーブラシが未対応となっています。また、チャオは『スケッチファイン』と言うオプショナルニブを使用することができません。

エアーブラシもオプショナルニブも上級者向けのアイテムなので、初心者の内は気にする必要はないです。

コピックチャオはスケッチよりも色数が少ない

コピックスケッチが全358色に対し、コピックチャオは全180色とスケッチよりも色のバリエーションが少ないです。

初心者さんがどれを買ったらいいのか迷わないようにあえてチャオは色数を半分に抑えているとのこと

それでも180色もあるのであまり不便に感じることはないです。

スケッチとチャオの違いについてもっと詳しく知りたい方は以下の関連記事も合わせてご確認ください。

コピックスケッチとチャオの違い/どっちがおすすめ?

2018年4月28日

初心者さんはチャオがおすすめ

初心者さんは、低資金でたくさん色をそろえられるチャオがおすすめです

・スケッチ(内容量3㏄)…380円
・チャオ(内容量2.5㏄)…250円

マーカーとしての基本性能が同じにも関わらず、インクの量が少ない&エアーブラシが使えないと言うだけでここまで価格差があるのは驚き。

ただ、最初からプロを目指している方は迷わずスケッチを選びましょう

初心者の私はもちろんチャオを選びました。

スポンサーリンク


コピックチャオ24色セット購入レビュー

コピックチャオは単品で揃えるのか、セットになっている物を購入した方がいいのかで最初すごく悩みました。

しかし、どの色から買えばいいのかわからず、悩んだ末にわたしはセット売りされている商品を購入することにしました。

セットを購入しようと決めた時、購入するなら『コピックチャオ24色セット』か『コピックチャオ36色Aセット』のどちらかが良いなぁと思い、どうしようか1ヶ月ぐらい無意味に悩みました。

24色セットと36色セットどっちが良い?

created by Rinker
トゥー(Too)
¥5,600 (2019/09/22 14:29:40時点 Amazon調べ-詳細)
24色セットは色相が一通り入っており、はじめやすい価格帯になっているのが魅力的。

E00とE21が肌色として使えそうだなと思いました。

created by Rinker
トゥー(Too)
¥8,200 (2019/09/22 14:29:41時点 Amazon調べ-詳細)
36色Aセットはグラデーションしやすいように薄い色、中間色、濃い色が均等に入っている。

どちらかと言うと全体的に濃い色が豊富なので鮮やかでメリハリのあるイラストに仕上がります

コピックチャオ24色セットの内、Y08以外の23色も含まれています。

私は上記2つのセットどちらにしようか悩んだあげくコピックチャオ24色セットを選びました

私が24色セットを選んだ理由

最終的になぜ24色セットを選んだのかと言いますと、値段が6000円以下であること、そして色相が一通りそろっていたことでした。

しかし理由はそれだけではありません。

24色セットを選んだポイントを5つに分けて詳しくご紹介します。

POINT 1

色相が一通りそろっている

24色セットは最低限必要な色が一通り入っていることが1番の購入の決め手になりました。

実際に24色セットで色相環を作ってみました。

色相が一通りそろっているので、24色セットだけでも十分描けるなと思いました。

例えば、青色は濃い色【B29】、中間色【B24】、薄い色【B00】と3つ入っているのでグラデーションもできます。

茶色も濃い色【E29】、中間色【E37】、薄い色【E21】としっかりと3つ入っているので茶髪の練習もできます。

パターンは限られてしまいますが、濃い色、中間色、薄い色がそれぞれ1本ずつ入っているので、グラデーション塗り、アニメ塗りができます

24色セットでのグラデーション例
青…【B00】【B24】【B29】
赤…【RV02】【R20】【R29】
緑…【G00】【G05】【BG09】
一応グラデーションの練習もできるし、陰影もつけることができるので24色セットでも十分楽しめます。

POINT 2

肌色が2色入っている

24色セットの肌色は、【E00】と【E21】の二色になります。

薄い色【E00】と濃い色【E21】が1本ずつ入っているのでアニメ塗で立体感を出せます。

ただこの色は個人的にちょっと濃く感じたので、肌色として人気のある【E50】を追加で購入しました。後ほど紹介します。

肌の影として使える色は【E21】【R20】です

他にも【BV00】や【YR02】などもありますが、ちょっと濃いかもしれません。

光りが当たっている所に黄色の【Y00】などを入れてあげると、より複雑に肌を立体的に塗ることが可能です。

わたしは頬の赤味によく【R20】または【E00】を使用しています。

コピック肌の塗り方|4種類の肌色をメイキングしてみた

2018年7月13日
POINT 3

プロが選んだ色だから間違いない

素人が単品で色をそろえようと思うと、明度や彩度などを無視して、目についた気に入った色を適当に選んで購入してしまいます。

すると塗った時に統一感が失われ、違和感のあるイラストになってしまう恐れが。

セットになっている色は、プロがしっかりと見極めて厳選したおすすめの組み合わせなんです

誰でもきれいに色が塗れる、グラデーションができる最適な組み合わせとなっています。

なので、初心者さんは単品買いよりもセット商品を選んだ方が失敗するリスクが低いと言えます。

POINT 4

自分に必要な色が自然とわかる

24色セットを実際に試して、もっとこう言う色がほしい、もっと薄い色があればグラデーションできるのに…と自分に合った色、自分に必要な色が自然と分かってきます。

一気に買うのではなく、その時々で今の自分に必要な色を買い足していけるので無駄がありません

私は実際にこの24色セットを購入してみて思ったのが、私が求める色よりも少し濃いなと云うことが判明しました。

なのでもし濃い色が豊富な36色セットを買っていたら半分くらいは使わずに放置していた可能性があります。もったいないですよね。

最初に24色セットを購入し、その後自分好みの色を12本追加で購入すればオリジナルの36色セットが完成します。

無理して最初から36色セットを買わなくても、わたしは良いと思います。

POINT 5

6,000円は価格的に試しやすい

やはり値段も大きな決め手になりました。

6,000円ってちょっと高いけど、それでも頑張れば買えないことはない。

むしろ6,000円で一通り色相がそろったコピックを手に入れられるのはありがたい。

36色セットもすごい魅力的ですが定価が9,000円と中々手が出せない価格帯ですよね。

もしお金に余裕があるなら36色セットの方がおすすめですが、初心者さんは無難に24色セットからはじめてみても十分コピックを楽しめます。

【コピック塗り方メイキング】14色で水着女子を彩色してみた

2018年8月27日

追加で肌色を購入しよう!

24色セット及び、36色Aセットの肌色は濃い!

という事で、わたしは追加で【E50】を買いました。

イラストの女の子の肌の色は【E50】です。ナチュラルでどんな女の子にも似合う色です。

例えば、セットに入っている【E00】と【E21】は元気な女の子や、男の子の肌色に適していますが、大人しそうな色白の女の子には向きません。

なので単品でナチュラルな肌色の【E50】を買い足しました

この追加で購入した【E50】をベースとし、肌の影色として24色セットの【E00】【E21】【R20】が大活躍をしてくれています

さらにこちらの【コピック肌の塗り方|4種類の肌色をメイキングしてみた】と言う記事で、おすすめの肌色を詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

コピックチャオ24色セットの色見本

今回、動画撮影のためサクサク塗りたくてブロードタイプで色見本を作りました。

ブロードタイプだと重なったところが濃くなってしまうので、もし色見本を作るときはブラシタイプでお試しください。

また、動画で見やすいようにわざと大きめに作っています。

色を追加購入したので作り直した

色を数本追加で購入したので改めて色見本を作り直しました。

程よく薄い茶色の【E33】が茶髪にめちゃめちゃ使えます!

あとこちらも中間色の赤で【R22】がとても使えます!

この後半年くらいかけて少しずつ集めたコピックの色はこちらの【コピックおすすめカラー|実際に買って良かった色・あまり使わなかった色】で紹介しています。

コピックおすすめカラー|実際に買って良かった色・あまり使わなかった色

2019年1月14日

なぜ色見本を作るのか

コピックはキャップの色と実際の色が違うので色見本を作っておくと便利です。

本当はもっと薄い色で塗りたかったのに実際に塗ってみたら濃い色で絵が台無しに・・・なんてことがないように、いつも色見本を片隅に置いておくと色選びで失敗するリスクを減らすことができます。

無い色は混色して作ろう

24色セットだと明度や彩度に制限がかかり、欲しい色がないことがあります。

なら、自分で色を作ってしまえばいいじゃないか!

てことで、二つの異なる色を重ねた時、どんな色に変化するのかをひと目でわかるように上記のような色見本も作りました。

重ねる色、重ねる順番によっても色が変わってきます。

もし必要な色がない場合は混色にもチャレンジしてみましょう!

24色セットを使ってみて個人的に思ったこと
created by Rinker
Too
¥5,600 (2019/09/22 14:29:41時点 Amazon調べ-詳細)
24色セットを使ってみて個人的に思ったこと

  • コピックは鮮やかで発色がいい!
  • 薄い色・中間色・濃い色がほどよく均等に入っている
  • 肌色は追加で薄い色を最低1本は購入しておくと便利
  • 別売りのカラーレスブレンダーがあると便利
  • 茶色が濃いので、【E33】など少し薄い色を追加で欲しい
  • 緑は充実している
  • 紫が影色によく使えて便利
ひと言で言うと、もう一段階薄い色をそれぞれ追加で購入したい!という結論に至りました!

薄い色と中間色はすごく塗りやすいのですが、濃い色が本当に難しくて扱いにくいです。

24色セットは自分の絵柄だとどうしても濃い印象なので、これから中間色や淡い色を買いそろえていって、24色セットに入っていた濃い色は影色として活用していこうと思います。

やはり24色セットを購入してよかったです。

このセットを使ってみたことで、自分に合う色、苦手な色がよくわかりました

そしてもう一つ分かったこと。

24色セットに無駄な色は1本もありませんでした!

これが36色セットだと、絶対に使わない色、無駄になってしまう色が出てくると思うんです。けど、24色セットはすべて使える必要最低限の色味だと思いました

もちろん【コピックチャオ36色Aセット】も初心者さんにおすすめです。

更にハイライトに使えるシグノホワイトもセットで購入しておくと便利ですよ。

アナログイラストのハイライトにはシグノホワイトがおすすめ

2018年5月9日
マービーのルプルームもおすすめ!

コピックが高くて中々購入に踏み込めない方は日本製のアルコールマーカー【マービー ルプルーム】がおすすめです。

使用感はほぼコピックと変わらない上に、品質もコピックとそん色ありません。

なのに価格がコピックの約半分ほどという安さ!

マービーのルプルームはコピックと併用できたり、プロのイラストレーターさんも愛用している高品質なアルコールマーカーです。

詳しくはこちらの【ルプルームとコピック比較!日本製アルコールマーカーの実力を検証!】で徹底的にレビューしています。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク